キチョnaviは、なりたいワタシを見つける就活メディアに生まれ変わります。

キチョnaviは、なりたいワタシを見つける就活メディアに生まれ変わります。

はじめまして。キチョnavi編集部のイワタです。

将来のライフスタイル描けてますか?

突然ですがみなさん、10年後の自分がどういう生活をしているか分かりますか?
漠然な「こうだったらいいな」ではなく、明確な「こうなりたい!」です。
就活用のキレイゴトではなく、本気のホンネで、です。
そしてそれを実現するために、どういう勉強をして、どんな仕事をして、どういうスキルをつけて、何歳位で結婚して、何歳ぐらいで何人子供を産むか、もしくは産まないか。そういったライフプランが考えられていますか?
「でもその仕事に就けなかったらどうするの?」「上司がめっちゃ嫌なやつだったら?」「予定外に妊娠しちゃったらどうするの?」と聞かれたら、即答できますか?

はい、そんなの無理ですよね。
人生には何が起こるか分からないのですから。

人生は何が起こるか分からない。特に女性はね。

この世で生きて行く限り、身近な人間関係や政治、社会情勢によってライフプランは簡単に崩され、その度に修正を加えて行かなくてはなりません。
そして特に女性は子供を産むという体の機能があるがゆえ、男性よりもその機会が多いと思います。

私自身も、社会人になってから、何度も人生の方向転換をしました。
簡単にターニングポイントをすると、こんな感じです。

イワタの社会人人生も紆余曲折ありました。

<イワタの社会人人生・略図>

 就職氷河期で志望業界は見事に全敗。

落胆のさなかに、たまたま2つ上の女性の先輩が会社説明会でイキイキと説明されているのを見て、経験や技術が身につくIT業界に魅力を感じ就職。

ものすごいスピードで自分が成長していくのを楽しく感じるも、数年立った頃、社内の政治や連日の激務に耐えかね、転職。

転職して数ヶ月で妊娠が発覚(ちなみに結婚はしてました)

出産後すぐに保育園を探し、職場復帰。
数年はうまく両立できていたものの、旦那の転職により育児家事負担の割合が増えて、退職。専業主婦へ。

以前の職場の同僚が起業したので、事務仕事のお手伝い程度のつもりで社会復帰。

やっぱり仕事が面白いのでキチョnavi編集長へ

 

 

どうですか?これ、干支が1周するぐらいの間の出来事です。

ベンチャー企業にめっちゃ抵抗ありました!

ちなみに私は、大手企業に定年まで勤め上げた父と、専業主婦の母に育てられた、極めて保守的な人間でした。学生時代には大手企業で働くことしか考えておらず、ベンチャーなんて馬車馬のように働かせられるか、すぐに潰れて捨てられるところだと思っていました。
周りの友達も、そういう思考の子ばかりだったと思います。

でも今の考えは違います。
今働いている会社はいわゆるベンチャーですが、組織がコンパクト故にコミュニケーションが取りやすく、心地よく仕事を進められています。

知らない事が多すぎました。

過去を後悔している訳ではないですが、もっと早く知っていたらな、と思うことがよくあります。
この業界は休みが取りやすい、とか、この女性は仕事をしながらいつデートしているのか、とか、社内恋愛はOKなのかな、とか、子育てしながら仕事している人って何時起きだろう、とか。
いろいろな就活メディアがありますが、いい情報しか書いてないですよね。だって、学生に働きたいと思ってもらえるような情報を流している訳ですから。

そうじゃなくて、本当に自分に合う会社を探すには、リアルな情報が無くてはだめなんです。OB訪問で答えてくれる花マル回答じゃなくて、匿名でもなんでもいいから、リアルな情報。リアルな情報があれば、より明確に、いろんなパターンで自分の働く姿を想像できたのにな、と。
そしたら違う選択をしてたかもしれないな、と。

リアルな情報が必要だ!

だから、届けたいんです。迷える女の子達が、「なりたい私は、コレだ!」と将来を描けるような、リアルな女性のライフスタイルを。「知りたかったのは、コレだ!」と言ってもらえるような、リアルな就活お役立ち情報を。
私は本気で就活ガールたちを応援したいんです!

・・・少々熱くなりましたが、キチョnaviでは編集部の独自調査に加え、本気で内定を目指す就活アイドルであるキチョハナカンシャちゃん達の企業訪問レポートなども発信します。キチョハナカンシャちゃん達の活動レポートも併せて発信しますね!

就活ガールの皆様、キチョハナカンシャちゃんと共に「なりたいワタシ」を見つけ、就職活動を楽しく乗り越えましょう!


関連記事