【覆面就活トーク】内定を取れる人は●●が違う?

【覆面就活トーク】内定を取れる人は●●が違う?

18年度採用の内定を獲得した4年生達が集い、就活のリアルを語ってもらう『覆面就活トーク』。前回は「新卒で選ぶべきは大手かベンチャーか」について話して頂きました。第2回目となる今回のテーマは、「内定を取れる人と取れない人の違い」。成功者の立場から、ホンネの思いを語ってもらいました。また、就活時の気持ちのあり方について、就活で失敗したら人生終わり、という風潮に一石を投じます。

1にも2にも、自己分析!

ーーずばり、内定を取れる人と取れない人の差ってなんだと思いますか?

A: 自分を分析できているか否か、じゃないかな。客観性や比較対象を明確にしないと、分析した“つもり”で終わっちゃうよね。

C: 自分を客観視して、どれほどの人間なのかを知ることは大事だと思う。面接受けがよくなるよう取り繕ったとしても面接官の人にはバレて、突っ込まれるからね。

D:D:でも、面接官の人に取り繕った箇所を見抜かれた後は本音のコミュニケーションができるよね。そこで見せる本当の志望度が内定が取れるか取れないかの違いになるのかな。

B:あと、ES(エントリーシート)や履歴書には他の就活生とは違うことを書いて、面接官の興味を惹くことも大事。面接官は1日にたくさんの就活生を見ているから、ありきたりな話をされても興味がわかないと思う。

ーー自己分析をするにあたって重要なこととは?

E:信頼できる人に自分のことを話してもらうことが大事。「この人なら何を言われてもいい」と思えるほど信頼している人に、とことん話してもらうことが必要だと思う。

A: 面接官は、就活生の人柄を会って2秒で判断するって聞いたことがある。面接で聞かれる質問は、そその判断が誤ってないか確かめるためのものなんじゃないかな。自分がどういう風に他人から見えているか考えて、聞かれそうなことを知っておくといいかも。

「就活」を楽しもう

ーー就活で変わってほしいと思う部分は?

D:就活の仕組みを変えるのは就活生ができることじゃないからなぁ……。自分にとって就活はゲーム。仕組みを変えることはできないから『自分が採用される方法』を考えた方がいいんじゃない?

E:でも、機会損失になるから面接時間は企業間で調整して被らないようにしてほしい。

C: 本当にそう思う!

B:企業じゃないけど、就活に対する親の考えや価値観は変わってほしいよね。親と就活の話をした時、仕事内容とかじゃなくて年収の話題が真っ先に出てきてがっかりした。親が大企業に勤めているってのもあるけど。

A: 親はそう言いがちだよね。

B:だから、普段所属しているコミュニティから抜け出すことも必要だって感じた。いろいろな人に会うことで、知らない世界を知って、新たな価値観を学べるから。

ーー同じ就活生に対して思うことはありますか?

A: 『不採用になったら人生終わり。失敗した』と思わないでほしい。私は第一志望の企業にお祈り(不採用)されて、おさえで受けていた企業の内定を蹴って就職浪人しました。周りからは「ありえない」と言われたけど、もう一年就活をしたら、納得いく結果になった。就活は何度も挑んでいいものだし、既存の考え方を否定するのもときには必要だと思う。

C: 就活時はせいぜい3年先くらいしか考えてない人も多いけど、働く期間は40年くらいあるじゃない。どう働いて、どう生きたいかを考えれば、視野を広く保てると思う。

D:失敗したと思って落ち込むのではなく、失敗したから「次こそやってやろう!」と悔しさをバネにできる人の方が結果を残すよね。

A: あと、もっと楽しみながら就活すればいいのにって思うんだよね。就活マニュアル本や自己分析の本を買って必死に読んでいたり、面接内容を暗記したり、切羽詰まっていそうな就活生は楽しそうに見えない。

C: ある企業に入ることだけがゴールだと思いこんでいると楽しくないのかも。将来なりたい人物像が明確であれば、業界や企業規模で優劣は生まれない。大手至上主義にとらわれないで楽しく就活できるんじゃないかな。

D:『行きたい企業に就職できないと人生終わり』という考え方が蔓延しすぎてるよね。第一志望の企業に落ちても他の企業に就職して、何年か経ったら第一志望だった企業に転職することもできるのに。転職が否定されていた時代のイメージにとらわれすぎている就活生は、まだまだ多いよね。

まとめ

内定を取れる人と取れない人の違いは自己分析の足りなさが大きく関係しているという結論が出た今回の座談会。内定を獲得した人たちは、自分だけで考えるのではなく、第三者に意見をもらうなどしてうまく自己分析をしていたようです。客観的に周囲の人と比較しながら長所と短所、価値観などを探っていくと良い自己分析ができそうですね。
また、たとえ第一志望の企業の内定がとれなかったとしても、『人生終わり』と打ちひしがれる必要はありません。別の企業に就職してから数年後に転職する、失敗をバネにして結果を残せる社会人になるなど、選択肢はいくつもあるようです。こうした選択肢もあることを知っていれば、就活自体を楽しむ余裕が生まれて内定を取れる人になれるかもしれないですね。