就活パンプスの選び方とは?ヒールの高さからお手入れまで一挙解説

就活パンプスの選び方とは?ヒールの高さからお手入れまで一挙解説

就活グッズの中でも選び方が難しい就活用パンプス。ヒールの高さや形などのデザインはもちろん、1日に何社も回るなんてことのある就活においては、歩きやすさも重要なポイントですよね。

今回は、就活用パンプスの選び方やNG例、気をつけたいポイントについてお伝えします。

「足元を見る」ということわざがある通り、足元は人の成りを表すものです。これを読んでしっかり足元美人で就活に臨みましょう。

基本的な就活パンプスの選び方

どんな形のものを選んだらいいの?

形はアーモンドトゥもしくはスクエアトゥのものがよいでしょう。先の尖ったポインティッドトゥはおしゃれですが、少し派手ですし疲れが溜まるので就活生にはふさわしくありません。

普段ヒールの高い靴をあまり履かない方におすすめは、ストラップ付きのもの。パンプスと足が固定されるので疲れにくく、靴擦れにもなりにくいです。ストラップ付きのパンプスは初々しく女性らしい印象を与えるので、面接官にも好印象と言えるでしょう。

ヒールの高さや太さは?

ヒールの高さは3〜5.5cmで太めの安定したものを選びましょう。細くて高いヒールはスタイルが良く見えますが、華美で我が強い印象を与えてしまいます。採用担当者には「スタイルの良さ」よりも「場に応じたマナーの良さ」を印象づけた方がいいですね。

素材や色は?

就活パンプスの色は言わずもがな、黒です。黒の本革タイプのものが良いでしょう。合皮でも構いませんが、安っぽく見えないよう選び方は注意が必要です。雨の日は合皮のパンプスが便利ですので、1足本革の上質なものを選んで目を肥やした後に、替え用のパンプスとして選ぶといいかもしれませんね。

値段の目安は?

ネットショップで2千円台で売られているものもあれば、百貨店で2万円以上もするものもある就活パンプス。それは百貨店で選んだ方が間違いは少ないでしょうが、何かと出費の多い就活生活、抑えられるところは抑えたいですよね。ただし、最安値の安っぽいパンプスを履いて印象もイマイチ、靴ずれ三昧では元も子もありません。

若者向けのスーツ専門店を覗けば、7千円〜1万数千円で素敵な就活向きのパンプスが売られています。これぐらいの品質を目安に選ぶとよいでしょう。

 

これはNG!選んじゃいけない就活パンプス

ペタンコ靴

ヒールが高すぎるのもNGですが、逆に低すぎるものはカジュアルな印象を与え、面接や説明会の場にふさわしくありません。ここは頑張って最低でも3cm程度のヒールの高さがあるものを選びましょう。

エナメル靴

ピカピカと光るパテントレザー等のエナメル素材は、本来パーティなどのフォーマルに用いられるものです。就活の場にはふさわしくないので気をつけましょう。

甲浅タイプのパンプス

近年人気の甲が浅いタイプのパンプス。ファッション用としては素敵ですが、ビジネスの場には露出が高すぎるものはNGです。足の指の付け根から1センチ程度はしっかり隠れる深さのあるパンプスを選びましょう。

足が痛くならないパンプスの選び方

おすすめは、低反発素材のクッションが付いたインソールを忍ばせておくこと。土踏まずやかかとへの負担が吸収され、疲れがだいぶ軽減されます。また、靴ずれが心配な方はジェル状のパッドをかかとの内側に貼っておくと安心です。余裕があれば履き慣らししておきたいですね。

また、百貨店などには自分の足に合った靴を提案してくれるシューフィッターがいる場合があります。シューフィッターがいるお店は一般社団法人足と靴と健康協議会のHPから検索できますので、お近くにお店があれば一度アドバイスをもらうといいでしょう。

 

ケアしていないパンプスは一発アウト!

さあ、これまでパンプスの選び方を説明してきましたが、どんなに素敵なパンプスを選んでも、汚れてくたびれた足元では、だらしなく気が利かない印象に。パンプスのケアは足元美人の絶対条件。ここでは毎日のケアについて解説しましょう。

靴用ブラシとシューケアクリームでお手入れを

パンプスを履いた日は帰ったら靴用ブラシでホコリや汚れを落としましょう。5回に1回はシューケアクリームを薄く伸ばして、柔らかい布で磨き上げます。剃れや傷があれば、都度黒のクリームでお手入れしましょう。

ヒール裏のゴムの擦り減りチェック

ヒール裏のゴムが磨り減って金属が見えてしまうとカツカツと不快な音を響き渡らせることになってしまいます。ヒール裏のゴムはこまめにチェックして、早めに靴修理店で替えてもらいましょう。片側だけやたらにすり減っている場合は、バックを持つ手がいつも同じになっている可能性があります。バックを持ち変えることですり減りのスピードを遅くすることができることもあるので確認してみて下さい。

2足持ちがベスト

毎日履く就活パンプス。1足を連続して何日も履き続けると、革が急激に劣化するだけでなく、ニオイの原因になることも。できれば2足用意し、1日履いた後はしっかり生地を乾燥して休めるローテーションを組んであげたいですね。

まとめ

いかがでしたか?就活パンプスは、普段のおしゃれで選ぶ靴とはヒールの高さも形も素材も全く違うと思います。好きなデザインの靴を横目に就活パンプスを選ぶのは少し辛いかもしれませんが、将来を決める重要な時期なので、ここはぐっと我慢。もちろん、ファッション業界、アナウンサーやキャビンアテンダントなど業界や職種によってはこの限りではありませんが、おおよその業界ではこの基本を抑えたパンプスを選んできちんとケアしておけば、まず間違いないでしょう。

3年生はそろそろ夏休みを迎え、就活準備が気になる頃ですね。TPOをわきまえた、清潔感のある足元で、安心して就活に臨みましょう。