CAFEスペースでお部屋選び!? 住まいを探して見えた「新生活」の理想と現実――【株式会社S-FIT(エスフィット)】

CAFEスペースでお部屋選び!? 住まいを探して見えた「新生活」の理想と現実――【株式会社S-FIT(エスフィット)】

長い長い就活の先には、アコガレの新生活が待っている――
就活アイドル「キチョハナカンシャ」のゆなとわかなは、志望業界もまだ固まっていないので、新生活なんて遠い話。
ですがまずは、住みたい街で過ごす充実の社会人ライフを想像し、お部屋探しをしてみよう♪
ということで、『お部屋探しCAFEヘヤギメ!』高円寺店を訪ねました。

ココってカフェなの?不動産屋さんなの?

「あれっ?ココって不動産屋さん、ですよね・・・?」

と、戸惑いながら店内に入るゆなとわかな。
それもムリはない、ウッド調で統一された店内には、オシャレなソファーとカウンター。色彩も落ち着いていて、とても不動産屋さんには見えない。

「あっ、エスプレッソやカプチーノもある!」

早速出して下さったメニューも、カフェそのもの。もしかして、入るお店を間違えたんじゃ――

「今日はよろしくおねがいします。」

良かった、不動産屋さんだった。
今回は店長の西林さんとスタッフの渡邉さんに、お部屋探しをご相談。
さあ、果たして何も知らない二人のワガママな希望を、どう導いてくれるのでしょうか?

ゆなの場合・・・


まずは実家に住み、一人暮らし経験のないゆなから――

店長「ゆなさんは、どんな街に住みたいですか?」
ゆな「私は吉祥寺がいいかなあ。オシャレなイメージがあるし、せっかく東京に出るからには・・・」
店長「お部屋について、条件やこだわりはありますか? バス・トイレは別がいいとか」
ゆな「あっ、バスとトイレは別がいいですね。他にはどんな条件があるんだろう?」
渡邉さん「若い女性が気にされるのは、オートロックであったり、2階以上かどうか? 駅からどれくらいか? 水回りを気にされる方も多いですね」
ゆな「駅からは近いほうがいいですね、できれば3分以内とか!? で、オートロックにもしてもらって」
店長「間取りの希望はありますか?」
ゆな「間取りって・・・?」
店長「一人暮らしの場合、ワンルームか1Kにするかで悩まれる方が多いですね。Kはキッチンで、部屋と同じスペースにキッチンがあってもいいかどうか・・・」
ゆな「別がいいです!」
わかな「なかなか条件が贅沢だね」
ゆな「そうかなあ? あとやっぱりキレイでオシャレな部屋がいいです!」
店長「わかりました。では、築年数も絞りましょう。できればデザイナーズ物件、と」

そして全ての希望を伝え、検索してもらうと――
ヒットしたのはたったの3件!

ゆな「これしか選択肢がないんですね・・・」
店長「当社は、全市場に出回る物件を扱っているので、こんな件数に絞られるのは珍しいんですが・・・。」
わかな「いや、逆によくこの条件で3件もあったな、と思いました。」
店長「家賃はどこも11~12万円くらいですね。一般に新卒の初任給は21~22万円と言われています。その3分の1を家賃に充てることを考えると、かなりの予算オーバーになっちゃいますね」
ゆな「えーー!ってことは、よっぽど稼げる会社にいかない限り、住めないってことですよね」

厳しい現実にゆなはがっくり。。。

わかなの場合・・・

わかなは現在一人暮らし。駅から徒歩1分という好立地に住んでいるようだが――

わかな「私は社会人になったら、恵比寿に住みたいんです。好きな街なんですよね」
店長「ここもまた人気のエリアですね。希望される条件はありますか?」
わかな「やっぱり駅からは近いほうが。あと、バス・トイレ別とかオートロックとかはゆなと一緒なんですけど、独立洗面台がいいですね」
ゆな「えっ、独立洗面台って?」
渡邉さん「洗面台だけでスペースが用意された物件ですね。賃貸だとお風呂と一緒になったタイプが多いので、気にされる女性は結構いますね」
ゆな「私もそれがいいです!」
わかな「あと、楽器を弾きたいんで、できれば音に気を遣わない物件が……」
店長「ではアパートよりも、防音のしっかりしたマンションがいいですね」
わかな「あとは、できたらなんですが、クローゼットとか収納が大きいと助かります」
店長「なるほど。男性よりも女性のほうが洋服なども多いので、収納をチェックされる方は多いですよ。では、検索してみましょう」

そして検索――
ヒットしたのはおよそ20件!

ゆな「私よりもいろいろ選べますね」
わかな「でもお家賃が……」
店長「そうですね、一番安くても11万5千円くらい。14~15万円くらいになっちゃいますね」
わかな「うわーー、ゆなよりも高い!ということは、最低でも30万円以上は稼がないと……。厳しいですね」

二人とも理想を並べた結果、厳しい現実を見ることに。
では、どうすれば理想の住まいに近づけるのか? 西林店長と渡邉さんにアドバイスをいただきました。

あなたの目的に合わせて、条件を順位付け!

「もちろん山手線沿線であったり、人気のエリアは便利です。ですが当然家賃が高くなる。そこで“どんな便利”を優先して選択するかが、ポイントだと思います。例えば“自炊するなら、近くにあるスーパーの数は?”とかですね。また勤務地への“通いやすさ”もポイントになります。始発駅なら座って通えるでしょうし」
「今は、会社によっては家賃補助が出たり、オフィスの近くに住むことで、補助が手厚くなるケースもあります。勤務先が決まれば、本格的な住まい探しになるでしょうから、今日知ったチェックポイントを参考にしてくださいね」

本日は、貴重なお話ありがとうございました!

訪問を振り返って――

「実家暮らしで住まいの特徴さえも知らなくて・・・。家賃補助とかいろんなチェックポイントを知れましたし、就活への意識も変わりそうです」
「最初からは難しいかも知れないけど・・・。いつか憧れの街に住めるよう、稼げて、制度も整う会社に入ろうと思いました!」

取材前とはガラッと意識の変わった、キチョハナカンシャのゆなとわかなの二人。
とってもタメになる、お部屋探しでした。

今回二人が訪問したのは――

ヘヤギメ!高円寺店

一部店舗では、「ヘヤギメ!フリースペース」として、就活やインターンを頑張る学生に自由にPCなどを使えるスペースを開放しているので、気軽に寄ってみては。

ヘヤギメ!を運営するのは――

株式会社エスフィット(S-FIT)

『お部屋探しCAFEヘヤギメ!』ブランドを擁し、さまざまなニーズに応える賃貸仲介事業を中心に、不動産開発や物件管理、売買仲介など幅広く手がけ、「部屋着美人」などのコンテンツが入った情報サイト『H-CAFE』も展開中!

「不動産 営業」と聞くと男性っぽいですが、S-FITは女性社員の活躍が目覚ましい会社です。
そんなS-FITの仕事へのこだわりや「チーム力」を体感できるインターンシップ「アクセル」も、この夏開催されます。
「アクセル」は、サバイバル体験要素を取り入れた独自インターンシップで、業界研究だけでなく、自己分析にもつながります。是非、参加してみてはいかがでしょうか?「アクセル」の応募はこちら