就活アイドル”キチョハナカンシャ”を経て、私がベンチャーを選んだ理由〜1期生さや〜

就活アイドル”キチョハナカンシャ”を経て、私がベンチャーを選んだ理由〜1期生さや〜

こんにちは、キチョnavi編集部です。

新たに3期生の活動がスタートしたキチョハナカンシャ。
とある就活イベントで活動中、企業ブースでテキパキと準備を進める1期生のさや・・・いや、さやさんを発見。偶然にも大先輩のさやさんが出展企業の人事スタッフとして働いていらっしゃいました。
社会人になってまだ数ヶ月ながらすっかり洗練された大人の女性として仕事をこなす彼女の姿にに3期生一同ほれぼれ。
さやさんに、就活時代を振り返って最終的にベンチャー企業を就職先に選んだ理由について、お話を伺いました。

——さやさん、お久しぶりですね。すっかり素敵なキャリアウーマンになられて。

「ありがとうございます。キチョハナカンシャももう3期生ですか。かわいいですね。なんだか懐かしい。」

——どのような仕事をしているのですか?

「ITを活用し、転職支援サイトの運営やアプリ制作などを行うベンチャー企業で、人材開発グループの一員として働いています。社員数はまだあまり多くはありませんが、これからどんどん成長していこうとしている会社で、やりがいを感じています。」

——ベンチャー企業ですか。ベンチャーか大手かはよく就活生の間で議論となるところですが(「【覆面就活トーク】大手とベンチャー、どっちを選ぶべき?」)、さやさんがベンチャーを選んだ理由は?

「私は、何も無いところから何かを新しく作り出すことに面白みを感じる性格なんです。
この面白さは、キチョハナカンシャとして活動していた時も感じていました。ちょっとしたきっかけでキチョハナカンシャのメンバーとして活動することになりましたが、1期生ということで、グループの方向性も何もかも手探りだったんです。大変ではありましたが、ゼロから何かを作り出すということに面白さと刺激を同時に感じていました。
その感覚は、就職した今の会社で仕事を楽しめている自分に通じるものがありますね。ゼロから何かを生み出すことを楽しめる人には、ベンチャー企業ってとても面白い環境だと思います。

——他に、キチョハナカンシャとしての活動を通じてどのようなことを学ぶことができましたか?

「一番よかったのは人とのコミュニケーションに慣れることができたということです。就活アイドルという活動を通して、様々な企業の方や、ファンの方など、普段学生だけをしていると出会えないような人たちと沢山出会えました。この経験は面接の時にとても役に立ちました。
また、その中で気付いたことは、社会人の方はとても広い視野で物事を捉えているということ。学生のうちに経験したことってとても限られていて、視野がまだまだ狭いんだということに気付かされました。大切なのは、目の前のことばかりを追いかけず、遠くまで視野を広げること。これって、ステージに立った時と一緒ですね」

——最後に、就活を控えている学生たちにアドバイスをお願いします。

「私もそうでしたが、学生の時って入ってくる情報量が限られているので、どうしても会社の規模や知名度で判断しがちだと思うんです。でも大事なのは、その会社に入ってから自分が何をやりたいのかということ。それを知るためには、積極的にOGや社会人の方々と交流して、意見を聞くことが大切だと思います。また、実際に体験してみることも大切です。残りの学生生活、悔いの残らないよう、積極的に会社のインターンシップや説明会に参加してみるといいと思います。」

1期生として、今に続くキチョハナカンシャの基盤を作り上げてくれたさやさん。あの時、ステージの上で想像した未来のステージに、ちゃんと立って活躍できているようです。さやさんの姿に感化されて一層やる気を出した3期生のこれからの活動も見逃せませんね。
さやさん、貴重なお話ありがとうございました!

さやさんは現在、株式会社ネクストビートの採用ご担当者として活躍されています。こちらの記事でもネクストビートを選んだ理由について語られているので、ぜひチェックしてみて下さいね。