【就活で好印象な私服の選び方-女性編-】私服面接の考え方からコーデまで一挙解説

【就活で好印象な私服の選び方-女性編-】私服面接の考え方からコーデまで一挙解説

就活の服装といえばリクルートスーツが一般的ですが、最近は説明会や面接で私服を指定する企業が増えていますよね。

急に私服と言われても、どんな服を着るべきなのか、イメージがわかない人も多いのではないでしょうか。

また、会場で周りを見た時に「自分だけ浮いているかも…」という不安があっては面接や説明会に集中できませんよね。

そこで今回は、私服の正しい捉え方や選び方のポイント、NG例についてまとめました。

しっかりとポイントを押さえ、自信を持って選考に臨みましょう。

服装についての記述、ちゃんと理解できてる?

どんな私服がいいのかを知る前に、服装についての記述、ちゃんと理解できていますか?

もしかすると認識がずれていて、会場に行ってみたら周りから浮いている!なんてことがあるかもしれません。そうならないためにもしっかりとチェックしましょう。

服装に関しての記述がない場合

特に記述がない場合は、スーツを選ぶのが無難です。

私服可

スーツでも私服でも、どちらでも構いません。多くの学生は、スーツを選ぶ傾向にあります。

服装自由

私服可の場合と同じく、スーツでも私服でもどちらでも構いません。

私服でお越しください

素直に私服を選んで問題ありません。この場合、スーツを選ぶと逆によくない印象を与えることもあるので注意が必要です。

企業は私服で何をみている?

では、企業が私服を指定してくるのは、どんな理由からなのでしょうか。

社風にあっているのかを判断している
企業は、就活生の私服を見て、自社の社風に合っているのか、実際に働く姿が想像できるかを判断していることがあります。

そのため、個性を出しつつ、企業のイメージに合うような私服を選ぶことが大切です。

どんな生活を送っているのかを見ている

私服では、スーツよりもより生活の様子がわかります。

シワシワの服や下着がチラ見えするような服装だと、この人は普段だらしない生活を送っていると判断されてしまうことも。

アイロンをかけた服を選ぶなど、清潔感のある服を選択することが大切です。

しかし、採用担当はこれまで多くの就活生を見ています。

就活の時だけきちんとした服装をしても、普段だらしがない生活をしているということを見抜かれてしまう可能性もありますので、日頃からアイロンのしっかりかかった服を着るなど、身だしなみに気を使いたいものですね。

TPOにあった服装ができるかを見ている

当然ですが、企業は、その場所、時間に合った服装ができる人を採用したいと思っています。

私服はいくら個性をアピールできるといっても、あまりに個性的すぎると印象を悪くしてしまう可能性がありますので、注意が必要です。

ファッションセンスを見ている

特にアパレル系の企業では、色の組み合わせや流行を取り入れているか、その企業の服のコンセプトにあっているかどうかというファッションセンスが問われます。

また、その企業のブランドの服を着ていると好印象、というところもあります。

したがってアパレル系の企業を志望するのであれば、事前にその企業のブランドのショップに行ってみたり、HPを見るなどしてその企業のイメージを掴んでおくということも大切です。

自由な社風ということをアピールしたい場合も

企業の中には、自由な社風をアピールするためだったり、リラックスした状態で選考に臨んでほしいという企業側の配慮という場合もあります。

このように、私服で選考を行う企業には何かしらの意図があるので、迷ったらスーツ!という考え方は、少し危険かもしれません。

私服を指定された場合は、素直にそれに従うことがおすすめです。

就活で好印象な私服の選び方とは

選び方の基本

私服だからと言って、何を着て行ってもいいというわけではありません。オフィシャルな場であれば、ビジネスカジュアルを選ぶことがおすすめです。

女性の場合は、男性よりコーディネートの幅が広いので、許容される範囲も広いです。以下の基本を押さえ、第一印象◎な就活生を目指しましょう。

インナー

ブラウスやシャツなど、清潔感のあるものを選びましょう。こちらも派手すぎない色がおすすめです。

女性の場合はパステルカラーなど、淡い色を取り入れると顔が華やかに見えますよ。

アウター

着用は必須ではないですが、会場の雰囲気に合わせられるようにジャケットを準備しておくと良いでしょう。暑い時はカーディガンを羽織るのもおすすめです。

色は黒、紺、ベージュなどの落ち着いた色が無難です。

ボトムス

スカート、パンツのどちらでもいいですが、スカートの場合膝丈か膝が隠れる長さがいいでしょう。ジーンズ生地のものはカジュアルすぎる印象を与えますので避けた方が無難です。

パンプスを選びましょう。リクルートスーツの場合と同じく、ヒールのないペタンコ靴ではなく、3〜5㎝のヒールの靴を履くのがいいでしょう。

オープントゥのものやサンダルはカジュアルな印象を与えてしまうので、就活の場では避けるのが無難です。

色は、服やカバンと同じく黒や紺、グレーやベージュなどの落ち着いた色を。また、インナークッションのあるものだと足が痛くなりにくいのでおすすめです。

▼就活用パンプスの選び方はこちら

【就活パンプスの選び方ガイド】手入れ方法や臭いの悩みもこれで全て解決

バッグ

私服での就活で使うバッグは、以下のような条件を満たしているバッグを選ぶのがおすすめです。

A4サイズのファイルが入る
説明会等で、書類が配られることがあると思いますが、それを折らずに持ち運ぶことができるよう、A4サイズのファイルが入るバッグを選びましょう。

ビジネスカジュアルに合う
服は基本、ビジネスカジュアルなわけですから、当然それに合うバッグを選ぶのがいいでしょう。また、就活用の黒いカバンも、不自然になってしまうので、避けたほうがいいでしょう。

色や柄が派手すぎない
バッグも服と同じく、黒や紺、茶、べージュなど、派手すぎないものを選ぶのがベストです。また、基本的には無地のものを選ぶのがいいでしょう。

カバンが自立する
カバンを置く時に、自立しないものだと置いた時にフニャフニャになってしまい、見栄えが良くありません。ですからカバンが自立するものがおすすめです。

口がしっかり閉まるもの
配られた書類や自分の財布など、カバンには大切なものが入っていますから、中身を落としたり、盗まれたり、他の人のものと混ざってしまうということがないように、口がしっかり閉まるものがおすすめです。

▼就活用のカバンの選び方についての詳細はこちら

【女子向け就活カバンの選び方】失敗しないおすすめカバンを徹底解説

ワンピースは大丈夫?

ワンピースを着ること自体は、問題はありません。しかしデザインによっては、上下が分かれている服よりくだけた印象になってしまうので、注意が必要です。

どうしても着ていきたいという訳でなければ、避ける方が無難でしょう。

好印象なビジネスカジュアルはこれ!早速コーデをチェック

non-nonさん(@non.ayam)がシェアした投稿

non-nonさん(@non.ayam)がシェアした投稿

aiaiさん(@saltaiai)がシェアした投稿

これはNG!避けるべき服装・小物

ラフすぎる格好

Tシャツやパーカーやスウェットなどのラフすぎる格好はNGです。また、ジーパンなどのデニム生地のものもラフな印象を与えてしまうので避けましょう。

露出の多い格好

ミニスカートやショートパンツ、などの服や、胸の開いたトップスなど、露出の多い服装もNG。面接官や説明会の担当者が目のやり場に困ってしまうだけでなく、だらしがない印象を与えてしまいます。

スニーカーやサンダル

履いていく靴ですが、スニーカーやサンダルもラフな印象を与えてしまうのでNGです。もちろん、クロックスも同様にNG。

リュックなどカジュアルすぎるカバン

リュックなどのカジュアルすぎるカバンも避けたほうがいいでしょう。こちらもラフな印象を与えてしまいます。

高級ブランドの物

高級ブランドのものを身につけるのも避けたほうがいいでしょう。年齢に不相応に見られてしまうので、印象があまり良くありません。

ワンピース

先ほども述べましたように、ワンピース自体はNGではありませんが、ボディラインが強調されるものや、逆にゆったりしすぎているもの、膝上丈のもの、ノースリーブのものは避けた方がいいでしょう。

アパレル業界などは例外

アパレル業界の選考などで私服を指定された場合など、一部例外もあります。

この場合は、企業の出しているブランド等を事前にチェックし、雰囲気の近い服装を選択することが好印象に繋がる場合もあるでしょう。

しっかりと下調べをすることが大切ですね。

なりたいワタシをつくろう!色が与える印象とは?

私服は選ぶ色もとっても重要。それぞれの色が与える印象を知り、印象までメイクしましょう。

白-white-

白は暗い色を引き立ててくれます。また、明るく清潔感を与えてくれます。一方で膨張しやすいというデメリットも。厚手の生地のものを選ぶときは着膨れをしないか注意が必要です。

黒-black-

知的で力強さを与えてくれる色です。明るい色と合わせることで引き締まった印象に。

一方で圧迫感や暗いイメージを与えてしまうこともあるので、第一印象が怖いと思われる人や、暗いという印象を与えてしまうことがある人は、避けた方が良いかもしれません。

灰色-gray-

ビジネスシーンにおいては、明るく上品な印象を与えることができます。程よい明るさで、おしゃれさもアピールできるでしょう。しかし、選びやすいからこそ他の人と被りやすく、面接で印象を残す、という点だと適切ではないかもしれません。

赤-led-

赤は人が無意識に注目をしてしまう色です。エネルギッシュで強い印象を与えてくれます。

緑-green-

安心感や安らぎを与えてくれるグリーン。黒と同様、使いすぎると重たい印象を与えてしまうので注意が必要です。

青-blue-

清潔感や、冷静な印象を与えてくれる色です。集中力を高める効果もあると言われています。

黄色-yellow-

暖かく、元気な印象を与えてくれます。しかし映える色だからこそ、相手にストレスを与えてしまうことも。

就活の場においては色の主張があまりない、薄めの黄色を選ぶことがおすすめです。

桃色-pink-

女性らしさや柔らかさ、華やかさを演出できる桃色。一方で頼りない印象を持ってしまうこともあります。

まとめ

いかがでしたか?就活で私服を指定された場合、リクルートスーツより自分を表現できることができますが、あくまでもTPOをわきまえて選ぶことが大切です。

服装は自分の第一印象を決めるとても重要な要素の1つ。慎重に選び、適切な服装で自信を持って私服での就活に臨みましょう!