髪型が第一印象を決める!好かれる就活女子のヘアスタイルとは

髪型が第一印象を決める!好かれる就活女子のヘアスタイルとは

就活マナーの中でも最も意識し、気をつけたいヘアスタイル。

第一印象は人の成りを表すと言いますが、事実、多くの採用担当者が第一印象を選考の判断に用いているようです。

「メラビアンの法則」によれば、第一印象は初めの3秒〜5秒で決まるとも言われています。

ヘアスタイルは人の外見を大きく変えます。特に前髪のセットの仕方で、顔の印象はグンと変わりますよね。

では具体的に就活ではどんなヘアスタイルがいいの?

今回はその疑問を解決するべくヘアセットの方法を紹介すると共に、面接官に悪印象を与えてしまうかもしれないタブーを紹介します。

これまで好き勝手に楽しんできた髪型とはちょっと違うかもしれませんが、気分を変えて黒髪おしゃれを楽しみましょう。

カラーはやっぱり黒?

就活中の髪は黒髪が基本。普段明るい髪色にしている方は黒髪は慣れないでしょうが、就活中は素の自分をどのように素敵にみせるかが勝負。

ナチュラルな黒髪ヘアーで挑みましょう。

日本ヘアーカラー協会のレベルスケールで表すと、日本人の自然な黒髪は4から7レベルまで。

髪色が明るい場合は、シャンプーで少し色落ちすることを考慮して、4〜6レベル程度に染めるといいでしょう。

清潔感を出すヘアスタイルのキーワードは「出すとこは出す」!

さあ黒髪に染めたはいいものの、気をつけなければならないのはヘアスタイル!ただ染めただけの黒髪は、気をつけなければ重く、暗い印象になってしまいます。

面接では、清潔感や爽やかさ、そしてナチュラルな自分らしさを表現することが大切です。

キーワードは、「出すとこは出す!」黒髪から上手に引き算をして、上品かつ明るい雰囲気で就活に臨みましょう。

おでこを出す

前髪で人の印象はグンと変わります。おでこを出すことで顔がパッと明るくなり、凛とした潔い自信を相手に伝えることができます。

オールバックに抵抗のある人は、前髪を斜めに流すと良いでしょう。斜めに流した前髪は、下を向いた時に乱れないよう、軽くスプレーやワックスで固めるか、ピンで固定します。

耳を出す

耳を出すヘアスタイルは、明るく清潔感がある印象を受けます。ボブスタイルの髪型の場合は、両耳に髪をかけましょう。

髪が肩より長い場合は、きちっとしたアップスタイルか、ゴムで1つに束ねます。清楚な印象を与えるハーフアップもお勧めです。

顔の輪郭がはっきり見えるのに慣れていない方も多いと思いますが、就職活動では小顔よりも清潔感が大切です。

思い切って出すとこは出す!スッキリした表情で面接に臨めばおのずと自信も湧いてくるものです。

長さ別おすすめのヘアスタイル

ショートヘア

ショートヘアは快活で知的なイメージを与えてくれます。

ボブ

ボブスタイルは知性のある女性のイメージになりますが、髪が乱れないよう、しっかりと耳にかけるなど注意が必要です。

ロング

ゴムで下の方でまとめると知的で爽快な印象になります。

シニヨンは上品ながら華やかさもある女性らしい印象。

ハーフアップは女性らしくおだやかな印象になります。

髪の毛に手をやると頼りない印象に!?

スッキリした髪型にセットした後に気をつけたいのは、髪の乱れです。おじぎをする度に髪の毛を直していては、頼りなく見えてしまいます。

早めに到着して身だしなみチェックを忘れずに!

雨の日や暑さでもやっとする季節は、セットした毛も崩れがちですよね。

そんな時の為にバックに忍ばせておきたいのが、ワックスなどのスタイリング剤とアメピン。

面接時間の15分前には着き、お手洗いでセットを整え直し、下を向いても崩れないか確認しましょう。

ただし、スタイリング剤をつけすぎは逆効果。ベッタリして見えたり、粉が浮いて却って不潔に見えてしまうので、適度な量を心掛けて下さいね。

また、アメピンを使う場合も数本にとどめ、地肌に近い箇所で隠しピンをする程度にしましょう。

まとめ

いかがでしたか?髪型は第一印象に大きく影響を与えます。

いざ就活準備を始めようと思い立ったときに明るい髪でどうしよう。。。なんてことにならないように、準備は早めにしておきましょう。

黒髪ヘアーは意外と男の子ウケがよいなんてウワサも・・・・。

石原さとみさん、土屋太鳳さんなど好感度の高い女性芸能人の顔ぶれを見ると、あながちウソではないかもしれませんよ。

素敵な黒髪スタイルで内定も恋もうまくゲットできるといいですね。