就活のブラウスって何がベスト?選び方で1つで変わる好印象の作り方。

就活のブラウスって何がベスト?選び方で1つで変わる好印象の作り方。

就活といえば黒のスーツに靴にカバンに・・・色々と準備をすることがありますよね。

今回はそんな就活アイテムの中でも、ブラウスについての選び方やNGポイント、その着こなし方までわかりやすく解説しています。

選ぶべきはどのシャツタイプ?


就活シャツはシャツカラー(レギュラーブラウス)とスキッパーカラー、大きく分けて2タイプあります。

どちらを着ても選考に影響はありませんが、特徴や与える印象が異なるので、業界別に上手く使い分けていきましょう。

両方揃えておこう

就活開始当初から「私は絶対この業界!」と決めていた人も、就活の軸や考え方が途中で変わるなんてことはよくあるケース。

その為、カラーシャツとスキッパーシャツ両方を用意しておくことがおすすめです。

カットソータイプは就活でNG?

襟のないデザインのカットソータイプ。

手入れも楽で着たい気持ちもあるかもしれませんが、就職活動ではあまりおすすめできません。

面接官によってはあまり良い印象を受けない場合もあるため、迷ったらシャツカラーやスキッパーシャツを選ぶのがおすすめです。

シャツのインナーまで気を遣えたら完璧

ブラウスは意外とインナーが透けやすいですよね。

ジャケット着てるし大丈夫、と思いがちですが、夏場の説明会など、採用担当者が「ジャケットを脱いでいいですよ」なんて気を使ってくれるかもしれません。

そんな時にインナーや下着が透けている・・・なんて恥ずかしい目に合わない為にも、ベージュや黒のキャミソールを着用しましょう。

就活シャツの選び方ポイント

サイズ

両脇下(背中側)につまめるゆとりはあるか
あまりきついと下着のラインが見えてしまうので注意。

動いた際にボタンの隙間からインナーが見えていないか
きついとブラウスがパツパツになってしまいますが、緩すぎても中のインナーが見えてしまうので注意。

袖が長すぎないか
ジャケットを着た際にブラウスの袖が出ているとだらしない印象を与えてしまいます。

腕をおろした際に、袖先のラインと手のひらの付け根のラインが同じくらいだとベストです。

座った状態から立ち上がる際、シャツの裾が出ないか
パンツスタイルのとき、ブラウスの裾丈が短すぎるとお腹が見えてしまうなんてこともあり得るので注意しましょう。

就活ブラウスを選ぶ上で、着たときのシルエットはとても重要になります。

スーツを購入したお店でブラウスを買うと、バランスが合わせやすくて良いですよ。

スポーツをやっていて肩周りの筋肉が気になる方には、最近では肩周りにゆとりのあるブラウスもあるのでぜひチェックしてみて下さい。

試着して、プロである店員さんのアドバイスを貰うのがベストですが、難しい場合は上記に挙げたポイントに注意してみてくださいね。

色は白、柄は無地が鉄板

最近では薄い色の入ったブラウスも売っていますが、フォーマル、ビジネスの場では白がおすすめです。

また、ストライプ柄、フリルのついたブラウスなどはオシャレで個性は出るかもしれませんが、就活の場としてはあまりふさわしくありません。

おしゃれブラウスは社会人まで我慢して、白で無地のブラウスを選びましょう。

ズボラ就活女子は・・・ノンアイロンシャツがおすすめ

最近では、アイロンをする手間が省けるノンアイロンシャツも売られています。

寝坊してアイロンする暇がないなんてハプニングを避けるためにもおすすめです。

長時間スーツを着てもしわがつきにくいことから、1日で何社も選考をはしごする場合でも気にしなくて済むのでより安心です。

どうやって着る?着こなし方のポイント

ボタンはどこまで閉める?

カラーシャツはしっかりと第一ボタンを閉めましょう。きちんとした、真面目な印象を与えられます。

襟は入れないとだめ?

シャツカラーの襟はジャケットの内側に入れるのが一般的とされています。

スキッパーシャツの襟は内側外側、どちらでもOK。

出す場合はきちんと出して、出さない場合はしっかり中に入れることを心がけましょう。

知らないところで損しないで!NGブラウスと着こなし

襟が汚れている

就活生にとって清潔感は命。

ブラウスは就活中に身に着けるものの中で一番、清潔感が外に現れやすいアイテムです。

袖や首回りなどの汚れが目立ってしまうものでもあるので、注意しましょう。

真夏でのスーツは汗をたくさんかいたり、連日でスーツを着なければいけなくなるケースもある為、着まわせるようにブラウスは3、4枚程度の用意しておくこと、こまめにクリーニングすることをおすすめします。

袖が長い

ジャケットを着た際に、ブラウスの袖が出ているのは、だらしない印象を与えてしまう可能性があります。

ブラウスを選ぶ際は、必ずジャケットと合わせながら、選ぶようにしましょう。

シャツが出ている

シャツが出ているのは、やはりだらしのない印象を与えてしまいます。

電車で吊革を掴む時や、落としたものを拾う時など、気付かないうちに、ブラウスがスカートやパンツの外に出てしまうことあるので注意しましょう。

何度も直すのが面倒な人は、裾が少し長いブラウスを買うのがおすすめです。

まとめ

意外と難しい就活のブラウス選び。

スーツとブラウスのバランスや自分に合ったシルエットなど、分からないまたは迷ってしまう場合は、ぜひ店員さんに相談しアドバイスを貰うといいでしょう。

またカラーシャツとスキッパーシャツ選考でどっちにしようなんて悩んだ場合は、説明会などで女性社員さんの雰囲気をチェックするのも手かもしれません。

それぞれシャツの特徴ポイントを押さえて、TPOに合わせたブラウスで就活を乗り越えていきましょう。