【インターンに落ちた就活生の特徴5つと対策】本選考への影響は?

【インターンに落ちた就活生の特徴5つと対策】本選考への影響は?


就活にむけて第一歩を踏み出そうとインターンシップに応募したものの、ことごとく選考に落ちてしまった・・・なんて悩みを抱えた人もいるかと思います。
ショックを受ける気持ちもわかりますが、原因がわかないままでは、このまま選考に落ち続けてしまうかもしれません。

本選考が始まる頃にはメンタルがボロボロなんて状況に陥ってしまっては元も子もありませんよね。
今回はインターンに落ちる人の特徴や落ちた人がやるべきこと、そして気になる本選考への影響についてを解説していきます。

インターンに落ちる人の特徴って?

ではさっそく、ありがちなインターンに落ちてしまう学生の特徴についてみていきましょう。
当てはまっていたら要注意。自分の行動を振り返ってみましょう。

「とりあえずインターン」という曖昧な志望理由

周りがやっているから、とりあえず何も動かないのは不安だから・・・という人は要注意です。
一歩踏み出した勇気は素晴らしいですが、当然、企業はインターンに対して意欲がある学生を取りたいと思っています。

そんな中で「とりあえず」といったような曖昧な志望動機では、他の学生と比較された結果、落とされてしまうのも納得できますよね。
人事の人は何人もインターン希望者を見るわけですから、適当な志望理由は簡単にばれてしまいますよ。

インターンをする目的はなんなのか、もう一度考えてみましょう。

インターンの参加目的と失敗しない目標設定の方法とは

企業が求める人物像に合わない


多くの企業は、インターンの採用において「求める学生像」を設定しています。
この求める学生像は主にスキルと意欲で分けて考えることができますが、これは企業により様々です。

スキルでいうと、相手の要望を汲み取る力やボキャブラリーの多さ、大人との会話力などが挙げられます。
あなたが持っているスキルを短期で劇的に伸ばすことは難しいかもしれませんが、もし自分に足りていないかも、と感じた場合は、企業理解や志望意欲をアピールすることでカバーできることもあります。
自分が将来やりたいことと関連性があることをアピールしたり、応募先の企業が第一志望だということを伝えるなど、積極的にアピールをしてみてください。

また、面接の際、「最後に何か質問はありますか?」と聞かれた時の質問内容からも、意欲はみられています。
「特にありません」と答えた場合、企業側は「この人は自分たちの企業に興味はないのかな?」と思われてしまう可能性があります。
面接前には、あらかじめ逆質問を用意しておくのがいいでしょう。

アピールできるエピソードが弱い

インターンの選考の中で聞かれることの多い、「学生時代に力を入れたことは何か」という質問。
学生時代をなんとなく過ごしてきた人は、深く聞かれた際に答えることができずに、選考落ちしてしまうでしょう。

社会人になって必要になる「目標を達成する力」は、すぐに身につけられるものではありません。
そのため、学生時代にどんな目標を掲げ、それに対してどう行動したかという経験を聞くことで、自社において活躍できる人材かどうかを判断しているのです。

これが伝わらない学生は、選考通過が難しくなってまうかもしれません。

面接で与える印象がよくない

慣れない面接に緊張してしどろもどろ、何を言いたいのかよくわからない、声が小さい、顔を見て話ができない、自信がなさそうに見えるなど、面接での印象がよくない学生は、なかなかインターン選考に通ることが難しいかもしれません。

解決策の1つは、面接に慣れるということ。大学のキャリアセンターや就活サポート会社で模擬面接をやってもらうこともおすすめです。

また、面接前にはどんな質問をされるのか予想し、その答えを考えておくこともいいでしょう。

さらに、自分は何を伝えたいのかを明確にしておけば、予想していない質問が来ても落ち着いて答えることができますよ。

面接突破のコツが知りたい方は、こちらの記事もおすすめです。

就活の面接にコツってあるの?内定獲得のための面接対策はこれで完璧!

印象に残らない

インターンの応募者はたくさんいるわけですから、ありきたりな志望動機やありきたりなエピソードでは、面接官の印象に残らず、落ちてしまう可能性は高いです。

インターンも、本選考もとにかく印象に残ることが大切です。

自分はここが他と違うというポイントを些細なことでもいいので1つでも志望動機やエピソードに取り込むといいでしょう。

選考フェーズ毎にチェック!インターンに受かるためにすべきことって?

書類選考のチェックポイント

書類選考で落ちてしまう要因は、ESが印象に残らなかったり、読みにくい文章だったり、エピソードが具体的でないことが挙げられます。

今一度、自分のESをチェックし、改善点を見つけていきましょう。

字は丁寧に書けているかどうか
字の上手い下手は気にせず、一字一字丁寧に書くことを心がけましょう。

誤字脱字はないか
誤字脱字があるだけで、書類全体のイメージダウンに。最終チェックをしっかり行いましょう。

結論から書かれているかどうか
読みやすい文章にするには、大切なポイント。長々と結論が見えない文にならないように意識しましょう。

理解しやすい文章かどうか
主観的になると誰が、何を、なぜ、どうしたという点が抜けてしまうことがあります。誰が読んでも伝わる文章なのか、チェックしましょう。

エピソードは具体的に書かれているか
抽象的な表現は避けましょう。できれば具体的な数字を出し、定量的に表現することがおすすめです。

また、社会人や内定の決まった先輩が身近にいるなら、添削してもらうのもおすすめです。

他の人に添削してもらうことで、自分では見つけられなかった改善点が見えてくるかもしれませんよ。

面接でのチェックポイント

冒頭で伝えた「インターンで落ちる学生の特徴」に当てはまっていませんか?

もし自分はその特徴には当てはまっていない、と思ったとしても、客観的に見ると当てはまっているということもあります。

ESのように、他の人に意見を求めてみるのもいいかもしれません。

グループディスカッションでのチェックポイント

グループディスカッションで落ちてしまう原因は、以下の原因が考えられます。

自分から意見をあまり出さず、周りの話に頷くだけだった
受け身な印象を与えてしまい、活躍してくれるイメージが湧かないと通過するのも難しいですよね。

相手の意見をむやみに批判した
もしあなたなら、一緒に働きたいとは思えませんよね。

根拠のない発言をした
思いつきのままに脈略のない発言してしまい、グループディスカッションの流れを乱してしまうとマイナスなイメージを与えてしまいます。

場を仕切ろうとして、周りの意見に耳を傾けなかった
焦りから無理やり話をまとめようとすると、ついやってしまいがちです。

以上のポイントをチェックしてみて当てはまるものがあったら、次回以降は意識して治すようにしましょう。

インターンに落ちたことは本選考に影響するの?

とても気になるポイントかと思いますが、本選考には影響が出ることは考えにくいでしょう。

そもそも本選考に比べて、インターンは募集人数が少ないことが多く、倍率も高くなる傾向にあるのです。

あくまで本選考がメインであるため、インターンの選考に落ちたからといって、落ち込み過ぎる必要はありません。

しかし、「倍率が高かったから落ちただけか」と安心するのは禁物。

上記のように改善すべき点は改善しなければ、本選考でも落ちてしまう可能性はあります。

インターンに限らず、選考に落ちてしまったなら反省・改善を重ねていくことが大切です。

まとめ

インターン選考は受かるのがいいに越したことはありませんが、落ちてしまっても、直接本選考には関係ないことが多いです。

いつまでも落ち込んでいるのはもったいないですよ。もしあなたがインターンに落ちてしまったのなら、その理由を探ってみて改善を重ねていきましょう。

この経験を本選考に活かし、第一志望企業から内定がもらえるようにがんばりましょう!


関連記事