見た目で損してる?就活の身だしなみに関するお悩みはこれで解決!

見た目で損してる?就活の身だしなみに関するお悩みはこれで解決!

「初対面では第一印象が大切」とよく言われていますが、あなたの身だしなみはどうですか?

就活では、いかに面接官に好印象を与えられるかで合否が分かれると言っても過言ではありません。

では一体、どうすれば印象をよくできるのでしょうか。今回は、就活生がおさえておくべき身だしなみについて紹介していきます。

第一印象の9割は見た目で決まる?就活生はフレッシュ感が鍵


人の第一印象の9割は見た目で決まると言われてます。

髪の毛もきれいに整っていて爪も綺麗に磨かれている、靴もツヤツヤでスーツをビシッと着こなしている女性を見たら、「仕事ができそうだな」「品があるな」と思いますよね。

反対に、ブラウスがヨレヨレでシワだらけ、おまけにストッキングが伝線している人がいたら、なんだかだらしのない感じがしてしまいます。

本当は仕事ができる優秀な人かもしれないのに、見た目で損をしてしまうのはあまりにももったいないですよね。

そして、就活生にとってとても重要なのがフレッシュ感。爽やかさや清潔感・明るさなど、新入社員だからこそ持てる印象は強みになるのです。

背伸びをして大人っぽく見せる必要はないと思いますが、「お、この子なんかいいな」と思ってもらえるよう、身だしなみに気を使っていきたいですね。

好印象を与える身だしなみとは?

髪型

肩につく長さの場合はひとつに結びか、ハーフアップにすることがおすすめです。

ボブなショートボブで短い髪の毛がぴょんぴょん出てしまう場合は、クリームワックスやオイルを髪全体になじませてから結ぶのと綺麗にまとめられますよ。

しっとりまとまってツヤも出るので、キリッとした印象を与えられます。

前髪は目にかかる場合は流してピンで止めたり、顔まわりの髪の毛は耳にかけることで、明るい印象を与えることができます。

▼髪型についての詳細はこちらから

髪型が第一印象を決める!好かれる就活女子のヘアスタイルとは

髪色


就活中では、6~7トーンがベストと言われています。

面接を受ける企業や業界にもよりますが、航空業界や美容部員は特に髪色にとても厳しいようです。

かと言って真っ黒すぎると地味で野暮ったい印象になり、茶髪だとチャラチャラした印象になってしまいます。

髪色ひとつで印象は良くも悪くも変わるものなので、慎重に選びましょう。

爪の長さ

白い部分を1〜3mmほど残した長さが理想です。

短すぎると深爪のようになって子どもっぽい印象になってしまうし、反対に長すぎると不潔な印象になってしまいます。

爪切りよりも、ヤスリを使って長さを整えた方がきれいに見えますよ。

それに、二枚爪を防げるのでおすすめです。

形は爪先が尖ってるときつい印象になり、攻撃的な感じがしてしまいます。

角を削ったラウンド型やオーバル型が無難です。上品に見え、物腰やわらかい印象を与えられますよ。

▼就活中のネイル事情についてはこちらの記事をチェック

就活ネイルはNG?押さえるべきポイントと就活中もできるおすすめデザイン例

眉毛

意外と忘れがちなのが眉毛のケア。

整えすぎて細すぎるのも良くありませんが、ボサボサなのも野暮ったい印象になってしまいます。

就活中は、こまめに眉下の産毛を処理しましょう。

顔色が明るくなって目元がはっきりするので、印象が見違えるほど変わりますよ。

行きつけのヘアサロンで眉カット(1,000円前後)があるか聞いて、一度受けてみることもおすすめです。

シャツやブラウス

前日にアイロンをかけておくか、お金と時間に余裕があるのであればクリーニングに出していおくといいでしょう。

自分でアイロンするのは手間がかかりますが、クリーニングならプロがやってくれるので確実にきれいになります。

▼就活のブラウスの選び方についてはこちらの記事をチェック

就活のブラウスって何がベスト?選び方で1つで変わる好印象の作り方。

ストッキング

自分の肌にあった色合いのストッキングが理想です。自分の肌よりも明るすぎたり暗すぎたりすると不恰好に見えてしまいます。

また、伝線しやすいので替えのストッキングを常に持ち歩いておきましょう。コンビニやドラッグストアで買って常備しておくといいですよ。

本革の靴を履いていきましょう。合成やナイロン系でも良いですが、安っぽい印象にならないように注意が必要です。

あまり安いものを選ぶと、靴ずれを起こしてしまうことも。。。

その点本革であれば、使い込むほどに足の形にフィットしてくれるので、靴ずれの心配もなく長時間履いていても疲れにくいです。

おしゃれは足元から、という言葉があるように、靴がきれいだと仕事ができる感も出て、信頼につながりやすいかもしれません。

▼就活中のパンプスの選び方はこちらの記事をチェック

就活パンプスの選び方とは?ヒールの高さからお手入れまで一挙解説

ハンカチ、ティッシュ

お手洗いを済ませたあと、スーツで手を吹いたり、髪につけたり、、、ズボラ就活生になっていませんか?

社会人になってからも必須の身だしなみアイテムのハンカチ・ティッシュ。

必ず持ち歩くようにしておきましょう。

香り

香水はできれば避けたいところですが、汗のニオイが気になる場合は石けん系の香りなど爽やかなものであれば問題ないでしょう。

香水は人によっては「スメハラ」だと捉えられてしまう可能性があるので、ボディーミストもしくはボディークリーム程度で留めておくのがおすすめです。

▼就活中の香水事情についてはこちらの記事をチェック

就活面接で香水ってNG?香り王子に教わる!面接に“効く”香り選び

アクセサリー

腕時計程度であれば問題ありません。

ネックレス、ブレスレット、ピアスなどは就活生の身だしなみとしてはあまりふさわしくないので、避けた方が無難です。

もちろん、アパレル業界や外資系など一部の企業では良しとされている場合はあります。

ですが、基本的にアクセサリーはせずシンプルな装いで面接に挑みましょう。

▼アクセサリーについてはこちらをチェック

就活中おしゃれは厳禁?アクセサリーのNG/OKラインとは

まとめ

いかがでしたか?人の第一印象はほぼほぼ見た目で決まると言っても過言ではありません。

見た目で損をすることがないように、「清潔感」「清楚」「上品」など誰から見ても好印象を持ってもらえる身だしなみを意識し、万全な体制で面接にのぞみましょう。