<2019卒向>スケジュール帳を選ぶポイントとおすすめ就活手帳3選

<2019卒向>スケジュール帳を選ぶポイントとおすすめ就活手帳3選

就活時は様々な予定を平行して管理していかなければなりません。

やるべきことを計画的に進める為、見落とさない為にもスケジュール管理は大切になってきます。

スマホのアプリでもスケジュール管理ができますが、スケジュール帳をさっと取り出す方が印象も良いし、電話をしながらスケジュールの管理ができるなど、様々なメリットもありますよね。

また、スマホなどの電子機器は故障や電池切れなどの心配もありますので、やはり手帳を1冊は持っておたいものです。

では、実際にどのようなスケジュール帳を選べば良いのでしょうか。

今回は就活生が選ぶべきスケジュール帳について解説していきます。

就活生必見スケジュール帳の選び方

スケジュール帳のタイプ、大きさ、色などの面からわかりやすく解説していきます。

バーチカルタイプの物を選ぼう

就活時は1日にいくつもの予定が入ることが予想されます。

マンスリーで1か月の予定を確認するのも大切ですが、1日の予定を時系列に書き込めるバーチカルタイプがおすすめです。

予定と予定の間にどのくらい時間の余裕があるのかもわかりやすいので1日の計画も立てやすいでしょう。

サイズはA6・B6がおすすめ

今は持ち運びに便利なポケットサイズのスケジュール帳もありますが、小さすぎると文字が書きにくく、文字ばかりで見にくくなったりしてしまいます。

また、大きすぎても持ち運びに不便です。大きすぎず、小さすぎず大きすぎずのA6・B6サイズのものが使いやすくておすすめです。

色・柄はシンプルに

黒、茶、白などの落ち着いた色で単色の物を選ぶのが無難です。柄がはいっているものは、派手な印象を与えることがあるので避けた方が良いでしょう。

メモスペースが広めのものを選ぼう

説明会で聞いたことや自己分析など、自由にメモを書き込めるページやスペースがある物を選んだ方がメモ帳をスケジュール帳を一冊にまとめることができるのでよいでしょう。

これは選んじゃダメ!控えるべきスケジュール帳って?

では、NGなスケジュール帳とはどんなものなのでしょうか?見た目と利便性から解説していきます。

派手なデザインや柄・キャラクター物

スケジュール帳の見た目だけであなた印象に直結する訳ではないですが、就活中は浮いてしまうような派手なデザインやキャラクター物は控えましょう。

自分の気持ちを就活モードに切り替えるためにも落ち着いた物がおすすめですよ。

マンスリーだけのもの(書けるスペースが少ない)

マンスリーだけのスケジュール帳も薄くても持ち運びやすいですが、就活中はメモしておくべき情報がたくさんあります。

1日のスケジュールが書ききれない!ということにもなりかねないので書けるスペースが十分にあるか確認した上で購入しましょう。

あると便利な機能やおすすめの使い方って?

オプション

スケジュール帳によってはペンホルダー、ファスナーポケット、しおりなどオプションが付いているものもあります。自分に必要だと思うオプションを選びましょう!

就活お役立ちページ

就活生向けにつくられたスケジュール帳等には、就活生にはありがたい就活お役立ちページもあります。

例えば、企業エントリー・選考の進行表、パスワード管理などのページなど・・・全て1冊でまとめて管理したい、という人にはおすすめです。

手帳は1冊にまとめる

就活用とプライベート用のスケジュール帳を分けないことも大切です。

頭では大丈夫と思っていても、ダブルブッキングをしてしまうなんてことになりかねません。就活もプライベートも両立したい人こそ、一冊にまとめることがおすすめです。

どれがおすすめ?就活用にぴったりの手帳4選

今回は数あるスケジュール帳の中でも、選考スケジュールを管理しやすい就活用のスケジュール帳を紹介していきます。

mark‘s就活ダイアリー
就活生向けのページが充実しているスケジュール帳です。時間割表などもついているので授業などのスケジュール管理もしやすいでしょう。

メディア総研 就活生のための22か月手帳
「6月始まり3月まで」の22か月なので、3年の6月から大学卒業までを一冊で管理することができます。

学研ステイフル 就活内定手帳
こちらも就活生向けページが充実しています。就活手帳には珍しくかわいらしく大人っぽいピンク色のタイプも販売されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

就活時は同時に複数の選考を進めていったりと、慣れないうちは管理するのがとっても大変。

自分で使いやすいスケジュール帳を選び、上手にスケジュール管理をしていきましょう!