【就活メイクの基本】眉毛の色・太さ・描き方とおすすめアイブロウ5選

【就活メイクの基本】眉毛の色・太さ・描き方とおすすめアイブロウ5選

就活において第一印象はとても大切ですよね。

眉毛は第一印象を決める大事な要素の1つなので、ナチュラルで好印象な眉毛メイクをマスターしたいものです。

でも、「就活の眉毛メイクって普段とどう違うかわからない」という人や「どういう眉毛なら好印象なの?」と思う人も多いと思います。

今回はそんな就活女子に向けて、好印象な眉毛の色、太さ、描き方、眉毛処理のポイント、避けるべき眉毛について紹介します。

就活での基本的な眉毛のポイントとは?

眉毛の色、太さは?

就活での眉毛の色は、ブラウンもしくはダークブラウンがおすすめです。

「就活は黒髪が基本なのに眉毛はブラウンでいいの?」と思う人もいると思いますが、眉毛まで黒くしてしまうと、重たい印象を与えてしまいます。

ブラウンやダークブラウンにすることで、悪目立ちせず、華やかな印象を与えることができるのでおすすめです。

髪の色と瞳の色の中間色を選ぶと自然な仕上がりになりますよ。

また、太さは、普段のメイクより、少し太く、濃いめに描くのがいいでしょう。

細い眉毛よりも、凛として上品な印象を与えることができます。

眉毛の描き方はどうしたらいい?

眉毛を描くときは、アイブロウパウダーやアイブロウペンシルで自然に描くのがおすすめです。

では、実際はどう書いたらいいのでしょうか。詳しく紹介していきます。

①アイブロウブラシで眉毛の毛流れを整える

②眉山を決め、眉山の下から少しずつ描いていく

眉毛の毛流れを整えたら、次に眉山の位置を決めます。

眉山の位置は、黒目の外側と目じりの延長線上の間のあたりを意識するといいでしょう。

その後、眉山の下を、少しずつ眉を太くしていき、太さを決めたら、眉尻に向かって細くなるように描いていきます。

使う道具はアイブロウパウダーでもペンシルでもいいですが、濃くなりそうで不安、という人はパウダーよりもペンシルを使い、大まかな形を決めてから描くのがおすすめです。

③眉山から眉頭の間を描く

続いて②で決めた線の太さを参考に眉山から眉頭の間を描いていきます。

この時、力は入れずすっと撫でるように描きましょう。

力を入れると眉が濃くなりすぎてしまうので注意してくださいね。

④眉頭を描き、アイブロウブラシでぼかす

眉山から眉頭の間が欠けたら、次に眉頭を薄く描きます。

この時、③以上に力を入れずに、眉毛の中で一番薄くなるようにするのがポイントです。

最後に、アイブロウブラシで軽くぼかして完成です。

失敗しない眉毛の処理方法

眉毛を綺麗に描くためには、元の眉毛を整えておくことも大切です。

でも、適当に切って失敗してしまうのが怖い…なんて人も多いですよね。

ここでは、失敗しない、眉毛処理のポイントをご紹介します。

メイクをしているときに眉毛の処理をする

メイクをしているときに眉毛の処理を行うことで、どこを切ればいいのかわかりやすくなり、切り過ぎるのを防ぐことできます。

長い眉毛は眉毛用のコームを使用して切る

長い眉毛は、眉ばさみを直に当てて切るのではなく眉コームを当てて切るのがおすすめです。短く切り過ぎてしまうのを防ぐことができますよ。

これはNG!就活で避けるべき眉毛とは?

明るすぎる眉

先ほど色はブラウンやダークブラウンがおすすめと伝えましたが、明るすぎるブラウンは、当然のことながら黒髪と合わず、悪目立ちしてしまうので避けるのがおすすめです。

細すぎる眉

細すぎる眉はヤンキーのようないかつい印象に・・・第一印象が大切な就活においては避けた方が無難です。

並行眉

可愛いからと、普段は並行眉にしている人も少なくはないかもしれませんが、並行眉は就活ではNGです避けた方が無難です。

印象が柔らかくなりすぎて、自信がない人のように見えてしまう可能性があります。

きりっとした知的な印象を与えるためにも、並行眉は避けるのがおすすめです。

濃すぎる眉

先ほど普段の眉より濃いめがおすすめと伝えましたが、何事もやり過ぎはよくないもの。濃くなりすぎないように注意しましょう。

就活中のお財布にも優しい!おすすめプチプラアイブロウ5選

excel/パウダー&ペンシルアイブロウ

眉メイクに必要な3つの道具、アイブロウペンシル、パウダー、ブラシが一体になっているので初心者でも使いやすい1本です。

資生堂/眉墨鉛筆

丁度いい芯の硬さなので書きやすく、自然な仕上がりに。圧倒的に他のアイブロウペンシルと比べて安いのも魅力の一つです。

ケイト/デザイニングアイブロウ3D

3色入っているので、眉尻は濃いめの色、眉頭は薄い色と、色の調節ができるので、自然な眉色に仕上がります。付属のブラシも使いやすく初心者にもおすすめです。

キャンメイク/ミックスアイブロウ

しっとりとした質感なので、スーツに粉飛びしてしまう心配もなく、使い心地の良いアイブロウパウダーです。3色入りでコスパも◎。

インテグレート/マイクロスリムアイブロー

細い芯なので濃くなる心配もありません。また、細いですが硬すぎず柔らかすぎずのちょうどいい硬さで、反対側にはブラシもついているので、わざわざブラシを買わなくてもいいので便利です。

まとめ

いかがでしたか?就活メイクは普段のメイクとは少し違うので、眉毛に限らず事前に就活向けのメイクについてしっかり下調べをし、練習しておくといいでしょう。

上記のポイントを押さえて、好印象な眉毛で面接に臨みましょう!