出版社OB訪問!企業から求められる人材とは?【株式会社集英社 貝山弘一さん(後編)】

出版社OB訪問!企業から求められる人材とは?【株式会社集英社 貝山弘一さん(後編)】

この記事は2016年6月に公開した記事を、読みやすさを考慮して一部リライトしたものです。
この記事に登場する1期生メンバーは2016年7月末を以て卒業しております。

 

こんにちは!キチョnavi編集部です。
就活アイドル「キチョハナカンシャ」1期生である”ななほ”、”さえ”、”ゆり”、”ともえ”が、株式会社集英社さんが発行する週刊プレイボーイの公式ニュースメディア、週プレNEWS(http://wpb.shueisha.co.jp/)の編集長、貝山弘一さんにOB訪問させていただきました。
その模様はYouTubeのVIPキチョハナ!でも配信しておりますが、今回、改めてインタビューの内容を全2回の記事としてお伝えします!

▼前編の記事はこちら
出版社OB訪問!仕事で大事なことは?就活前に考えておくべきこと【株式会社集英社 貝山弘一さん(前編)】

出版社OB訪問!仕事で大事なことは?就活前に考えておくべきこと【株式会社集英社 貝山弘一さん(前編)】

また、なんと週プレNEWSさんでもインタビューの様子を記事にしていただいたので、そちらも併せてご覧ください!
▼週プレNEWS掲載記事
噂の“就活アイドル”メンバーが本音で明かす活動のメリット…「炎上も批判も自分次第!」

後編となります今回は、企業側が注目しているもの、求めているものについて伺いました。
どのような心構えで就活に臨めばよいのでしょうか? OB訪問完結編!

(以下の文章は読みやすさを考慮して、インタビュー原文をもとに再構成しています)

本当の自分を伝える

「この会社に入ってやりたいこと」なんてわかるはずない。

就活でよく「この会社に入ってどんなことをやりたいか。」と聞かれることがあると思うけど、仕事ってやるまでどんな仕事か分からないし、はっきり言って志望動機とかやりたいことなんて、具体的になんか絶対わかるはずないと思っています。
だから正直そこが重視されるかって言ったら、重視されないとも言えるんだけど、でも何故そこを書いてもらうのかというと、そんな具体的なことを求めているのではなくて「この人はどんな人なんだろう。」っていうのを見ているから。

自分なりの自由な発想ができる人は面白い

だからそこを他の人と同じように面白くもない、なんとなく当たり障りのないことを書いたら勿体ない。そこでも自分を伝えることはできるわけですよ。

「私はこんな人間で、こんなキャラクターだから、こういうことをやれたら面白いと思うんです。」
とか、それこそ自分の自由な発想で、見当違いでもいいから
「こういうことはやれるんじゃないかなと思って、結構ワクワクしてイメージを膨らませています。」
とかでも面白いのかもしれない。
企業の人と考えが違うところでも、その人なりの自由な発想を持っているのは面白いなって思ってくれると思います。

本当の自分で会社との相性を判断する

何か本当の自分なりの(履歴書やESの)書き方っていうのを想像してみてもいいのかなって思います。
書き方ってすごく悩むでしょう? 
そこの会社に合った回答なんてないけど、過去のものとか色々ネットで情報が氾濫している。
こういうふうに模範回答があるとか、ここの会社やこの業種はこんな感じがいいんじゃないかなとかありますよね。

そこで違う自分を演出して、志望の履歴書に違う自分を書いて出したって、違う自分がそこで認められて、会社の中に入って自分に合わないなか無理しちゃう、みたいなことになるとすごく残念ですよね。

僕が思うに、かっこつけももちろんあるし、自分を良く見せたいみたいなことは当然出てくるけど、
「だけど、こんな自分なんです。」
っていうのをそこで伝えないと、その会社や人事の人と(根本的に)かみ合わないかもしれない。
我々は就活生が履歴書を読んでそれをもとにやり取りしているから、喋ってるうちに、書いてあることと「本当のその人」が違うぞってなることがある。

自分の履歴書を提出したところですでにお見合いというか結婚が始まってるわけですよ、会社との結婚までの活動が。
そこでは当然就活生もこっち側、会社側を見定めているわけだし、自分との相性について判断すべきやり取りなんですよね。
面接の人はどういう人で、この会社良さげだなとか、こういうこと質問されたとか。
単純に採用されるされないじゃなくて、就活する側も会社を見定めて選んでるわけです。
だからこそ、そこになるべく自分をよく見せるために作った嘘はないほうがいいというか、そうすることで損してしまうかなと思いますよね。

「編集者」という仕事。

とにかく忙しい!

プライベートってあるのかな(笑)。
正直めちゃめちゃみんな忙しいと思いますよ、出版社やマスコミって。 本当に昼夜逆転したりする。
よく女性誌の女のコも言うのが、女性誌の世界ってみんなはどれほど華やかできらびやかだと思ってるんだろうって。
テレビドラマに出てくるようなのが想像されるけど、本当に女性誌のコも徹夜で泊まったりとか、家帰ってお風呂も入れないこともあるし。「こんなに綺麗なもの作ってるのに、私が一番汚いんじゃないか」みたいな(笑)。そのくらいに忙しい。
自分の時間なんて全然取れなかったり、忙しすぎて外に出れなくなっちゃったりとか、取材しなきゃいけないのになかなか新しいものが仕込めないとか、本が好きで入ったはずなのに本も読む時間ないとか、他の雑誌のチェックもできないとかね。

仕事もプライベートも全てがネタの宝庫。

絶対そんなことになるんだけど、一方で(仕事とプライベートの)境はなくてもいいものだなとも思ったり。
旅行に行くにしても、温泉に行くにしても、仕事じゃない時間としてリフレッシュというか切り替えはしてるんだけど、考えようによってはそれも全部仕事につながるし、仕事になっていく。
何してようが全部ネタの宝庫で、自分の経験になる。
だからこそ仕事でもプライベートでも同じように楽しめたり、そういう自分の時間なんだっていうふうに思えれば、全部が何かにつながって自分の経験値が増えることにもなるはず。

自分の顔

どういう人材が求めら、どういう人と働きたいか

自分の顔というか個性が見える人、がほしいんだろうなと思います。絶対自分にしかない力や素質があって、それをより意識して伝えられる人なのかな。
「この人、他のことはできないけど、これやらしたら物凄く力を発揮するよね」とか、
「一緒に仕事したらとにかくすごく楽しいだろうな」とか。
「仕事としてはなかなか面白いことは出てこないけど、いるだけでホッとして俺が仕事はかどるから隣でやってくれ」でもありかなと(笑)。
そういう自分の顔というか、その人にしかない才能とか持ち味が伝わる人っていうのがいいよね。

まず目の前の仕事を一生懸命頑張って欲しい

得手不得手なんていうのは、逆に二の次だったりもして。
それはだんだんまわりの人によって発掘されたりとか、自分では気づいてない得意なこととか魅力が見えたりすることも仕事をやってくと色々出てくるから、「これがダメ」とか「これはやらない」とかって思わないのも大事ですよね。
「まずやってみよう」って思えるかどうか。

「この部署アカン」って心のどこかでは思っていても、頑張って何かにつながるから頑張ろうって思えることも大事。
僕も過去にそういうことがあって。マンガの編集にいた時、周りの先輩や上司を見てこの人たちにみっともないことできないと思って、目の前の仕事を一生懸命頑張ってやってたら、それを認めてくれた人たちがいて。
当時ものすごく異例のことだったんだけど、マンガからプレイボーイに異動することになって、それをすごく後押ししてくれたんです。
そういう意味ではやっぱり何でも頑張っていれば何かに繋がるし、僕自身いつまでもそういう気持ちでいられる人でありたいなと思うので、一緒に仕事する人もそうであってほしいと思います。

貝山さん、貴重なお話ありがとうございました!!

まとめ

いかがでしたか?
やはり就活においては、ありのままの自分を発信することが大事なんですね。そのためにも自己分析はじっくり、しっかりした方が良さそうです。

全2回にわたりお送りさせていただきました、今回のOB訪問。
貝山さんの言葉を胸に刻みつつ自分の魅力を最大限に伝え、悔いのない就活になるよう頑張っていきましょう!

▼前編の記事はこちら
出版社OB訪問!仕事で大事なことは?就活前に考えておくべきこと【株式会社集英社 貝山弘一さん(前編)】

出版社OB訪問!仕事で大事なことは?就活前に考えておくべきこと【株式会社集英社 貝山弘一さん(前編)】