就活で彼氏と破局?別れの原因と就活を乗り越える恋愛の心得5ヶ条

就活で彼氏と破局?別れの原因と就活を乗り越える恋愛の心得5ヶ条

就活が原因で別れてしまうカップルって意外と多いようです。

「よくよく考えたら、ケンカの原因は小さなことだったな。なんでもう少し気が回せなかったんだろう・・・」
なんて後悔するのはとても悲しいですよね。

破局するカップルの特徴を知り、彼氏との円満な秘訣を知ることで、就活も恋も乗り越えていきましょう。

就活で破局するカップルの特徴ーー彼氏が就活経験者の場合ーー

夜遅くに電話で就活の愚痴や相談をしているケース

一見特に悪い点は見当たらなさそうですが、2人とも就活生だとしたらこれは危険かもしれません。
就活ですからストレスや悩みが募り、恋人に聞いて欲しいことなんて山ほどあると思います。
特に夜の時間帯は、1人でいることが多い時間。センチメンタルになってしまい、電話で恋人の声が聴きたくなることもありますよね。

しかし、相手の都合は考えられていますか?
次の日の朝、本命の企業の選考を控えていて、早く寝たいと思っていたり、もしかしたらやることがたくさんあるのに、長電話が原因で思うように進まなかったり。
気付かないうちに、小さなストレスが溜まっていってしまうかもしれません。

そこに追い打ちをかけて、
「自分だけが就活上手くいかない」
「あの面接官と合わなかった」
というような愚痴。
これではかなり相手のストレスが溜まってしまいますよね。

支え合うつもりが相手の足を引っ張ってしまっているなんてことのないように、どうしても電話をしたい時は、
「明日は朝早い?」
「今少しだけ電話しても大丈夫?」
といった配慮を忘れないようにしましょう。

親みたいに干渉してしまうケース

先に内定を貰って一安心。あとは彼氏を応援するだけ!なんて状況になることもありますよね。
そんな時に
「ES出した?」
「選考どうだった?」
「同じA社受けた○○君は、こうしていたよ?」
なんてアドバイスのつもりで伝えていても、相手によっては、心配性のお母さんが2人に増えたように感じて、逆にストレスを与えている可能性も。

二人の時間を増やしたいという思いがあるのも理解できますが、お節介を焼いてばっかりでは、彼女ではなくお母さんになってしまいますよ。

同じ企業を受けて、片方が不採用になるケース

2人で一緒の職場で働く為に同じ企業の選考へ!しかし選考に進んだのは1人だけなんて状況も起こりうるもの。
「たまたまそうなっただけだよ。」
「少し運が悪かっただけだよ。」
などのフォローの言葉も相手には届かず仕舞いで、挙句の果てには、そのことが原因でケンカしてしまうカップルも。

2人の進みたい分野が同じで、たまたま2人にとっての本命の企業だったとしたら、そうしたリスクもあるということを認識した上でさらにお互いを思い合う努力が必要。
ただ、一緒の会社で働きたいという理由だけで同じ企業を受けるのだとしたら、あまりおすすめは出来ません。

就職先の格差が気になってしまうケース

将来のことを真剣に考えている彼氏は特に、これから彼女を養っていけるくらい稼がなければと考えている場合もあるかもしれません。
そんなプレッシャーと戦う中で、彼女の方が就職先の方が年収が高かったり、自分よりも大手企業であるという事実を知ってしまったら・・・。

昔と違って今は、女性が社会に出てどんどん活躍している時代。女性側からしたらそんなこと気にならないという人は多いのですが、彼女より年収が低いことに引け目を感じてしまう男性は少なくないようです。

また、この場合に別れてしまう大きい理由は、彼のプライドが傷ついてしまったことと言えるかもしれません。
「ここは僕が払うよ。」
と言ってくれる彼氏に対して
「私の方が稼いでいるから大丈夫だよ。」
なんて悪気なく言ってしまい、彼を傷付けてしまうことも。

払ってくれるという彼の善意に対しては、しっかり「ありがとう」を忘れずに。
毎回デート代を払って貰って心苦しい場合は
「今回は私の番だよ」
と言ってみたり、
「将来のための貯金をしたいから、2人で節約しよ!」
なんて言ってみたりするのも好印象かもしれませんね。

就活で破局するカップルの特徴-彼氏が就活未経験の場合-

就活未経験者と経験者で優先順位の違いが生じるパターン

特にケンカしてしまうことが多いのが、彼氏が年下の場合。
就活を経験したことがない為、就活で忙しい相手のことを理解出来ていないということが大きい要因です。
今までお互い恋愛を最優先にしていたのに、その優先順位が大きく変わり、それに上手く適応出来ずにモヤモヤ・・・その結果、就活によって神経質になっている彼女とケンカをしてしまう、なんてことが起きるのです。

「その日は選考があって忙しく会えない」
と言われても、就活を知らない彼氏側からすると、
「選考なんて1日24時間あるわけでもないのに、どうして少しも会えないのだろう。」
という不満を抱いてしまう可能性もあります。
ESや履歴書を書いたり、面接の練習をしたり、次の日の準備をしたり・・・慣れないことにいっぱいいっぱいというのは、就活をしていない彼からするとどうしても想像仕切れないのは仕方のないこと。

ただ「忙しい」という事実を伝えるだけではなく、なぜ忙しいのか、どれくらい重要なのか、等の状況をできるだけ話すことで、相手を安心させてあげられるかもしれません。

新しい環境の異性に惹かれてしまうケース

稀にあるのが、グループディスカッションなど一緒に組んだ異性と恋が始まる事例。同じ目標に向かって、フォローをし合ったり、頑張っている姿を見ることで、ドキドキなんてこともあります。
一説では、「吊り橋効果」と言われるような、選考での緊張を恋のドキドキと錯覚してしまうもの。
または、「ゲレンデマジック」ならぬ「就活マジック」のような、不安でいっぱいなときに手を差し伸べてくれる優しいところや、普段あまりみないスーツ姿に、キュンとしてしまうなんてことがあります。

就活の理解者が欲しい、または心の支えが欲しいという一時的な感情に流され、、後々冷静になって魔法が解けたときに、「なんで前の彼と別れてしまったんだろう・・・」となってしまわぬように冷静な判断をしてくださいね。

就活で破局するカップルの特徴-共通のこと-

欲求や就活のストレスをぶつけてしまうケース

最も多いのがこのパターンかもしれません。人はストレスを無限に抱え込むことはできず、人によってはストレスが原因でうつ病・蕁麻疹・円形脱毛症・片頭痛などの病気にかかってしまうこともあります。

そうならない為にも、ストレスをどこかで発散しなければならないのですが、多くの人が無意識にやってしまうのが、身近な人への八つ当たりです。
これが原因で大切な人との縁を切ってしまわぬように、映画で思いっきり泣いたり、スポーツで汗をかいたり、カラオケで歌ったり、友達とごはんに行くなどをして、ストレス発散をすることがおすすめです。

遠距離になってしまうケース

2人の就活もやっと終わりを迎え、来年からは晴れて社会人とわくわくしていたのに、配属先が遠方で遠距離恋愛を余儀なくされるケース。
自分の夢を諦めたくないという思いでここまで頑張ってきた為、ここで辞めるわけにもいきませんし、恋人の夢を応援したい彼もきっと「一緒に付いて来て欲しい」なんて言えないはず。
結果、お互いの為を思って別れてしまうということが多いようです。

しかし、もちろん遠距離でも交際を続ける選択をするカップルもたくさんいます。
「相手の為にならないから」と1人で悩んで別れを切り出すのではなく、2人でたくさん話し合って今後の交際を考えてみて下さい。
このような試練を乗り越えてこそ「結婚」が見えてくるもの。マイナスに考えずにプラスに考えていきましょう。

恋も就活も乗り越える!恋愛の心得5ヶ条

ここまで調査してきた就活で別れてしまうカップルの特徴。
キチョnavi編集部では、この調査から、就活中の恋愛を乗り越える心得5個条を導き出しました。

恋愛の心得5ヶ条

  1. 就活は「変化」のタイミングであることを受け止めること
    うまくいかないことがあるのも当たり前。そこは変化を受け止める寛容さも必要です。
  2. 就活は人生を左右するとても重要な時期ということを互いに認識すること
    優先順位が下がってしまうのは仕方のないこと。今はなかなか会えないかもしれないですが、これも「今だけ」と思ってお互いに自分の将来を優先して頑張っていきましょう。
  3. 会えない時間が愛を育てるとポジティブに考えること
    会えない時間に不満を抱くのではなく、お互いの愛を確かめる大切な時間と捉えましょう。会えない時はやるべきこと、やりたいことを全力でやり、会える日に思いっきり遊ぶメリハリをつける切り替えも大切です。
  4. 八つ当たりしてしまう前に、自分で上手くストレスを発散すること
    就活中はストレスとの向き合い方も大切なポイント。爆発してしまう前に、こまめに息抜きをしましょう。
  5. 就活は、恋愛の一つの試練であると認識すること
    就活中は人生のターニングポイント。それだけ本気で考えることもたくさんあるのです。就活という試練を二人で乗り越えていくと考えることで、絆が深まるかもしれませんよ。

 

まとめ

もうすぐ社会人の就活女子は、恋愛だって大人の気遣いを学びたいところ。
就活中の恋愛を乗り越えられないのなら、結婚した後の人生を乗り越えられない可能性も出てきます。
就活前に事前に少しだけでも、お互いにどうしたいのかを話し合うことで、より良い関係性が保てるでしょう。大切なのは「相手を思いやる心」です。

自分自身がつらいときや寂しい思いをしているとき、相手も同じ思いをしているということ。
そしてそんな思いを抱えながら、前に進んでいるということを忘れずに!
いい恋人として、いい就活仲間として一緒に支え合って、就活と恋愛の両立を目指してみて下さい。

【就活に疲れたら】効果的な息抜き10選とストレスを溜めない方法とは

就活と恋愛は同じ?うまくいかないワケと両立させるためのコツとは