履歴書やエントリーシート(ES)は手書きとパソコンどちらが好印象?

履歴書やエントリーシート(ES)は手書きとパソコンどちらが好印象?

履歴書やエントリーシートを書くときって手書きがいい?パソコンでも大丈夫?内容ってどのように書けばいいの?…など、初めて書くときは、わからないことがたくさんありますよね。
今回は、履歴書やエントリーシートを書く際の手書きかパソコンの判断方法や、書き方のマナー、気をつけたいポイントについて解説していきます。

履歴書は面接前の合否につながる大切な書類。この記事を読んで、志望する企業への合格を目指しましょう。

履歴書とエントリーシートには一貫性が必要

履歴書はあなたの氏名や生年月日、学歴、住所、資格免許などの履歴を書いたものですが、それだけでどんな人物なのか理解することは難しいですよね。
エントリーシートはそういった基本情報に加え、あなたの人となりや熱意をより深く伝えるためのツール。

逆にいえば、エントリーシートを要約したものが履歴書、というイメージを持っておくとわかりやすいかもしれません。
そのため、この2つの書類には一貫性が求められる、ということを認識しておきましょう。

履歴書とエントリーシートに書いた長所が全然違うなんてことがあると、面接官が不信に感じてしまうかもしれませんよ。

手書きとパソコン、どっちがいいの?

エントリーシートは手書きがおすすめ

手書きのメリットとして、本気度が伝わったり、文字の丁寧さを見ることができるということが挙げられます。
先ほど伝えたように、エントリーシートはあなたの人となりや熱意をより深く伝えるためのツール。
そのため、より表現のしやすい「手書き」を選ぶことがおすすめです。

また、コピペを防げるということからも、手書きを推奨する企業が多いのも事実。
修正液を使ってはいけなかったり、字が汚いと見栄えが悪かったりという難点はありますが、それも自分を表現するものと捉え、気持ちを込めて作成していきましょう。

指定されていたらそれに従う

企業によっては、エントリーシートをパソコンで提出することを指定している場合もあります。
PCスキルを見られている場合もあるため、枠から文字がはみ出ていないか、途中で切れていないかなど、仕上がりのチェックを忘れないようにしましょう。

履歴書は志望先企業によって臨機応変に

できれば修正もしやすく時間短縮にもなるパソコンでの履歴書を選びたいですよね。
しかし、形式を指定されていないからといって、パソコンで作ったものにしよう!と安易に考えてしまうのは少し危険かもしれません。

では、どのような判断基準で手書きかパソコンかを選ぶべきなのでしょうか?

一般的に、IT企業やベンチャー企業は、人事担当者が若いことが多く、パソコンで履歴書を作ることに抵抗がない会社が多いと言われています。
Web業界など時代の最先端をいく業界であれば、逆に「まだ手書きで作っているの?」なんて時代遅れな印象を与えてしまうことも。

一方で、歴史がある中小企業等は、人事担当者が年配の方であることが多く、パソコンで書いたものにあまり良い印象を持たない人がいるのも事実。
自分の志望先企業によって、手書きかパソコンかを判断することが必要です。

履歴書を書くときのポイント

手書きの場合

①印鑑は先に押す
印鑑はまっすぐ押すことが必須ですが、なれないうちは意外と曲がりやすいもの。
完璧に書けたのに、最後の押印をミスして台無しに・・・なんてことがないように、印鑑が必要な場合は先に押すことがおすすめです。

②鉛筆などで下書きをする
履歴書を手書きで作る時は、修正液や修正テープを使ってはいけないため、間違えたら新しい用紙を使い、一から書き直しになります。
そのため、誤字脱字に注意し、鉛筆などで下書きをすることがおすすめです。

③清書の際は、黒のボールペンで記入する
色ペンやこすると消えるペンではなく、黒のボールペンで記入しましょう。
5本入りで100円程で売られているボールペンはお財布には優しいですが、滲みやすかったり、消しゴムで下書きを消す際に伸びやすいという難点もありますので、注意してくださいね。

▼履歴書を書く時におすすめのボールペン
三菱鉛筆 uni ジェットストリーム スタンダード 油性ボールペン 0.5mm 黒 [1本] SXN15005.24

三菱鉛筆 ゲルボールペン ユニボールシグノ 極細0.38mmボール UM-151 黒 24

④下書きを消すのは乾いてから
書いてからすぐに消しゴムで消してしまうと、インクが乾いていなくて履歴書が汚れてしまうかもしれません。
せっかくの努力が無駄にならないよう、書き終わってから数分おいてから消すなど、最後まで気を抜かないようにしましょう。

パソコンの場合

①文字サイズ
明確な決まりはありませんが、あまり小さすぎると読みづらくなってしまいます。
逆に大きすぎると、「空白を作らないようにしているのかな」などマイナスのイメージを与えてしまうこともあります。
全体のバランスをみて適正な大きさにしましょう。

②フォント
こちらも明確な決まりはありませんが、誠実な印象を与えるフォントにしましょう。
互換性の高いMS Pゴシック等がおすすめです。

③こまめに保存をする
ファイルを閉じる際にうっかりデータを消してしまわないように、こまめに保存しましょう。

どちらにせよ内容が大事

手書きであれパソコンで作った履歴書やエントリーシートであれ、一番大事なのは中身です。
履歴書であればマナーを守れているのか、エントリーシートであれば自分が伝えたいことが伝わる内容になっているのか、自分を表現できているのかなど、丁寧に推敲しましょう。

実際に書いて見よう!〜履歴書編〜

前置きが長くなりましたが、履歴書を実際に書いていきましょう。
先ほど伝えたように、手書きの履歴書の場合は、黒のボールペンを使って丁寧に書くのが基本です。
また、修正液や修正テープの使用はNGですので間違いがないように集中して書きましょう。

基本情報の書き方

①日付は提出日、表記は統一する
日付は記入日時にするか迷う人もいるかもしれませんが、提出日にするのが基本です。
また、履歴書全体で元号表記か西暦表記かを統一するようにしましょう。履歴書の中で指定されている時はそれに合わせます。

②証明写真の裏には氏名を記入する
手書きの場合は、写真の裏には氏名を書くようにし、剥がれないようにしっかり糊付けをしましょう。
また、貼り付ける際はまっすぐに貼り付けます。

③住所は略さず、ふりがなまで忘れずに記入する
住所は都道府県から略さずに書き、番地やアパート名まで表記するのが基本です。

例)東京都渋谷区渋谷1丁目1番地1号 キチョナビル101号室

また、ふりがなまでしっかりと記入をしましょう。「ふりがな」と書かれている場合は平仮名で、「フリガナ」と書かれている場合はカタカナで記入をします。

④電話番号は日中に連絡の取りやすいものを記入する
企業が選考通過の連絡の際に、記入した番号へ連絡をしてくる可能性があります。
自宅の電話番号ではなく、日中連絡の取りやすい電話番号を記載しましょう。

学歴・職歴の書き方

学歴は中学卒業から書き、学校名は正式名称で略さずに表記しましょう。

NG例)○○高校、同上
OK例)○○高等学校

また、職歴の欄には、アルバイトの経歴は書かないのが基本なので、「なし」と記入しましょう。

図のように、全て書き終えたら、「以上」と記入します。

エントリーシートを書く時のポイント

①鉛筆などで下書きをする
履歴書と同様、エントリーシートも修正液や修正テープを使ってはいけないため、下書きができると安心です。

②文字の大きさを揃える
欄によっては、なかなか文章が浮かばなくて空白ができてしまう・・・なんて場合もでてきますよね。
その場合、文字を大きくすれば空白ができなくなる!なんて荒技は避けた方が無難です。

目安としては9~10.5pt程度がおすすめです。
文字をそれ以上小さくしないと収まらない場合は、要点をまとめて書くようにし、残りは面接で伝えるようにしましょう。

③場合によっては色や写真を使ってもOK
特に指定されていなければ、思い切って色を使ったり、写真を貼ってしまっても良いでしょう。
ただし、ただ書きたいことを書くのではなく、相手が読みやすいように工夫することが大切です。

実際に書いて見よう!〜エントリーシート編〜

基本情報は履歴書の時と同じポイントを押さえる

履歴書の時と同じように、①日付は提出日で表記は統一する、②証明写真の裏には氏名を記入する、③住所は略さずふりがなまで記入する、④電話番号は日中に連絡の取りやすいものを記入するといったポイントを押さえて記入しましょう。

自己PRの書き方

空白を作らないように、全て埋めるようにしましょう。自己PRを書くときは、結論から述べることが大切です。
自分の強みや長所を一言で書き、その後に、具体的なエピソードを書いていきます。
エピソードの部分は、経験したことだけでなく、そこから得たものまで書くのがベストです。
また、何かスキルを書く場合も、具体的に書くことを心がけましょう。

形式が指定されていないのであれば、強調したい部分は太字や色ペンを使うなど読みやすくなるように工夫をするのもおすすめです。

志望動機の書き方

自己PRも同じく、空白を作らないように、全て埋めるようにしましょう。
なぜその会社を選んだのかを具体的に書くことが大切です。
会社の特徴を述べたり、何かエピソードがあるなら、そのエピソードを書いたりするとより相手に伝わりやすくなりますよ。
インターンの場合、その会社でどのようなことを学びたいか、どんなことをしたいかを書きましょう。

まずは自分を知ることが大切

エントリーシートの通過率は20%程度とも言われています。
通過のためには、まずはあなたらしさやあなたの魅力を十分に知る必要があります。
そのためには、就活のプロに相談するのもおすすめですよ。

まとめ

インターンする時に、会社の人とのファーストコンタクトになる履歴書やエントリーシート。
この記事を読んでくださったみなさまが、少しでも企業に良い印象を持ってもらえるような履歴書やエントリーシートを作成できることを願っています。

エントリーシート(ES)を送付するメールの例文と注意点

知らないなんて損してる?後悔しないインターンの探し方・選び方とは


関連記事