fbpx

大手とベンチャー、どっちを選ぶべき?両社の違いを徹底解説

カテゴリ

大手とベンチャー、どっちを選ぶべき?両社の違いを徹底解説

大手企業とベンチャー企業、就職するならどっちがいいの?と悩む就活生はたくさんいます。
調べれば調べるほど、どちらも一長一短で、なかなか結論が出せず困っていませんか?
この記事を読んで、大手とベンチャーの違いを理解し、自分がどちらに向いているのか探っていきましょう。

迷う前に、まずは両方とも内定をもらう

もしこれを読んでいるあなたが内定をもらう前の段階なら、まずは大手とベンチャー、どちらの内定も獲得できるように努力をしましょう。
選考を重ねるにつれ、双方のいいところも悪いところもはっきり見えてくるでしょうし、自分に合うか合わないかを肌で感じるチャンスもあるでしょう。

最終的にどうするかは、内定が出てからゆっくり考えればいいのです。

両方とも内定をもらって迷っているのなら・・・

大手・ベンチャーの違いをしろう

すでに大手からもベンチャーからも内定を獲得した人は、両者をしっかり比較して、自分に合う方を選ばなければなりません。
では自分に合うか合わないかはどこで判断すればいいのでしょう?
大手とベンチャーの違いを見ながら、適性について考えていきましょう。

社会的信用
大手企業にはベンチャー企業には無いネームバリューと安定感があります。大手に勤めているというだけで、その人の社会的信用度は上がります。
たとえば若くして住宅ローンを組むような場合には、ベンチャー勤務より大手勤務の方が審査の面でずっと有利です。しかも上場企業の正社員なら、ローンに際し勤務先の提携銀行で金利や保証料を優遇してもらえることもあります。

ベンチャー企業を選んだ場合はこうはいきません。いくら華やかで好調に見えても、社会的信用がもたらす恩恵はベンチャーではまず受けられません。ですから勤務先のブランド力に安心感を覚える人は、名の知れた大手の方が好みに合うでしょう。

仕事の幅
大手企業は従業員が多く、部署も細分化されているので、個々の従業員が受け持つ仕事も分業が進んでいます。
事務なら事務だけ、製造なら製造だけ、営業も事務的作業はアシスタントに任せて、自分は営業活動に専念するスタイルが多いでしょう。

任された仕事が楽しければ言うことはありませんが、ルーティンワークに追われたり、希望外の部署に配属されたりしてしまうと、仕事へのモチベーションを保つのに苦労することがあります。

それに引き換えベンチャー企業は、手分けをする人的余裕が無いので、書類の作成からプレゼンから在庫の発注・管理まで、何もかもを一人でこなすことになりがちです。
オールマイティーに仕事ができて充実感がある一方で、苦手分野や雑用も避けて通れないために、あれこれ背負い込んでオーバーワークになる可能性があります。
つまり、与えられた仕事をこなすのが得意な人は大手向き、忙しくても自分で色々やりたい人はベンチャー向き、と言えるかもしれません。

仕事の規模とやりがい
実際に関われるどうかは別として、少なくとも大きな仕事に参加できる確率はベンチャーより大手の方が高いでしょう。
「スケールの大きな仕事をしたい」「世界を相手に活躍したい」そんな夢を持っている人は、ベンチャーよりも大手を選んだ方が夢に近づくのが早いかもしれません。

ただし大手の仕事は規模は大きくても個人に与えられる権限が限られています。
会社が決めた手順やスケジュールの範囲内で、与えられた役割をひたすらこなすだけの状態だと、せっかくの大プロジェクトも全体像が見えにくく、関わっている実感が得られないことがあります。

ですから一から十まで自分で手がけ、やりがいと手ごたえを感じていたい人は、大手を選ぶと自由が無くて息苦しいかもしれません。

ライバルの数と評価システム
大手企業では同期入社の人数が多く、お互いに切磋琢磨できる反面、個人の努力が給与や待遇に反映しにくい側面があります。
頑張ったら頑張った分だけきちんと評価されたい人は、勤務年数や年齢に縛られた大手の評価システムに不満を感じる場合があります。

対するベンチャー企業では、年度ごとの採用人数はもちろん、社員数自体が少ないために、社員同士の横並び感が強いことがあります。
職位や等級が大手ほど細かく分かれていないことも、この状態に拍車をかけるでしょう。

ただしベンチャーには、出世や昇進とは関係なく「大抜擢」というチャンスがあります。
たいした実績も無い新人がいきなり表舞台に立ったり、社をあげての一大プロジェクトに参加したりという事例です。
これは確かに大きなチャンスですが、重圧に弱い人や慎重にキャリアを積みたい人だと、あまりの展開の速さにびっくりしてしまうかもしれません。

福利厚生
大手企業の福利厚生は、多くの場合ベンチャー企業とはケタ違いです。
年間休日数や賞与額はもちろん、家族手当、慶弔見舞、健康診断補助といったライフスタイルのバックアップ制度も、おそらく大手の方が充実していると思われます。
社宅や託児所や社食を完備したベンチャー企業はまだまだ少なく、産休・育休などの取得実績も、配置換えや臨時採用で対応できる大手にはかなわないでしょう。

とは言えベンチャーにはユニークな福利厚生が多く見られます。
社内でのコミュニケーションを活性化させる女子会補助、独自のテーマとコンセプトでデコレートした異空間風オフィスなど、従来の常識にとらわれない夢のある福利厚生が導入されているかもしれません。

士気の違い、社風の違い
大手企業はなにしろ大所帯ですから、社内でも全く交流のない部署があったり、話をしたことの無い人がいたりで、一丸となって何かを目指すという雰囲気はあまりないでしょう。
その点ベンチャー企業では、ただでさえ人数が少なくまとまりやすい上に、ポジティブでチャレンジングな人材が集まりやすいため、全社をあげて何かに取り組む空気が生まれやすい傾向にあります。
そもそも企業自体が新しい試みに立ち向かうというコンセプトなので、元気や活気や使命感という面ではベンチャーに軍配があがるでしょう。

ベンチャー企業を選ぶ時のポイント

大手企業にも倒産やリストラが起こり得るように、ベンチャー企業にもいずれ上場してメガベンチャーと呼ばれる大資本に成長する夢があります。
とは言え、やはり将来性や安定性の面でベンチャー企業に不安要素があることは否定できません。

ベンチャー企業はニッチなニーズや新しいビジネスモデルにチャレンジする企業です。
「読み」が当たらなければ最悪の場合倒産もあり得ます。
ベンチャー企業に興味を持ったら、次のような点をよく調べましょう。

こちらの記事もオススメ


働く人との相性

どこで働くにも大きく物を言うのが職場の人間関係です。
ベンチャー企業は社員数が少ないので、いったん社内でもめてしまうと、こじれが深刻化する危険があります。
一緒に働くメンバーとうまくやっていけそうか、事前にできるだけ多くの社員と接してよく見極めましょう。

また、トップや経営陣の考え方についても調べておく必要があります。
ベンチャー企業の創設者には、良くも悪くも個性的な人物が多く見られます。
その個性に惹かれて人が集まり、企業が発足するのでしょう。

ただ、魅力的な人物がイコール優秀な経営者とは限りません。
「いつか必ず成功してみんなの努力に報いよう」という温かい気持ちや還元の意思が社長や側近に見られなければ、苦労してついて行っても報われないかもしれません。

新規事業と既存事業の売り上げ割合

わずか数ヶ月や数年間の業績を見て、勢いのある企業だと判断するのは危険です。
たまたま大口の顧客を獲得し、一時的に景気が良いだけかもしれません。
ベンチャーらしい冒険的な試みとは別に、安定して利益を生み出している既存部門があると安心です。

また、スタートアップ企業など、創業間もない若い企業は、新卒の就職先としては不安が大きいと言わざるを得ません。
どうしても就職したい場合は、その企業が持つ人材や技術のレベルにこだわりましょう。
高いスキルや優秀な人材を保有している企業なら、万が一破綻しても別の企業が吸収や買収をしてくれるかもしれません。
自分の得るものやスキルアップのスピードも違うことでしょう。

そしてこのあたりの分析は新卒の手には余るでしょうから、必ず周囲の大人の意見を聞いて判断しましょう。

仕事が変化する可能性を理解しておこう

大企業であれば、ある日突然自分の仕事内容が大きく変わることは考えにくいでしょう。
けれどもベンチャー企業では、状況に応じて仕事が目まぐるしく変わる可能性があります。

たとえば新しいプログラムの開発を手がける会社だったはずが、なぜか数ヶ月後には思いもよらない電化製品の試作品をコツコツ作っていたりします。
どんな変化も甘んじて受け入れ、逆に楽しめるくらいのストレス耐性が無ければついていけない世界であることを肝に銘じておきましょう。

こちらの記事もオススメ


まとめ

大手を取るかベンチャーを取るかは、現実を取るか夢を取るかの違いだとよく言われます。
刺激や変化を求めない人は大手へ、リスクを覚悟で夢を追いたい人はベンチャーへ、というわけです。
けれども本当に大切なのは、夢か現実かではなく、自分が仕事をする上で何を重要視するかでしょう。

落ちついて着実に仕事をしたい人が、戦場のように騒然とした職場を選んでしまったら…?
自分のアイデアをどんどん試して結果を出していきたい人が、企業の歯車に組み込まれてしまったら…?

きっとどちらも自分らしく生きることができずに、ストレスが貯まる一方です。
要は大手であれベンチャーであれ、自分が働きたいように働ける会社を選ぶこと、それがこのテーマの答えではないでしょうか。


関連記事