配属先での挨拶はこれで完璧!新入社員挨拶のコツと例文

配属先での挨拶はこれで完璧!新入社員挨拶のコツと例文

入社後、必ずあるのが新入社員挨拶。
ここで好印象を与えるか、悪印象を与えるかで入社後の働きやすさは大きく変わります。
それではどの様な挨拶が上司に好印象を与えられるのか、確認してみましょう。

配属初日の挨拶で全てが決まる


長く苦しい就活を終え、晴れてむかえた入社式。配属先が決定すると、いよいよ社会人生活の幕開けです。
ここで新入社員を待ち受ける、避けて通れない最初の試練。それが配属初日の挨拶です。

脅かすわけではありませんが、あなたの第一印象はこの挨拶にかかっています。
マイナスイメージを持たれてしまうと、くつがえすには時間がかかり、あとあと苦労することも…。

初日の挨拶で好感度をあげるには、何をどう話せばいいのでしょう?
「がんばります」や「よろしくお願いします」で終わらせてしまっていいのでしょうか?

配属先での挨拶の押さえるポイントは

突然ですが「メラビアンの法則」って聞いたことがありますか?
アメリカの心理学者アルバート・メラビアンの研究から生まれた、第一印象の決まり方を表わす法則です。
それによると、第一印象はわずか数秒の内に決定し、そのイメージはなかなか消えず、その後の人間関係に大きな影響をあたえます。
そしてこのとき判断材料となるのは、

視覚情報(見た目)55%
聴覚情報(声や話し方)38%
言語情報(話の内容)7%

つまり見た目と話し方が9割以上。
話の中身はさほど影響していないのです。

大きな声


この法則が100%通用するかはわかりませんが、視覚と聴覚のキャッチする情報が非常に重要なことはたしかです。
ですからまずは声と話し方しゃべりかたで好感度アップをめざしましょう。
初日の挨拶でありがちなNGは、たとえば次のようなものです。

声が小さい
むやみに大声を出す必要はありませんが、声の小ささを指摘されたことがある人はつとめて声を出しましょう。
かぼそい声は「暗そう」「自信がなさそう」などネガティブなイメージにつながります。
下を向いてぼそぼそとしゃべるのも非常に感じが悪いもの。
しっかりと顔をあげ、ハキハキと若者らしくフレッシュな感じをアピールしましょう。

早口
緊張すると早口になる人は意外と多いものですが、せかせかとしゃべると落ちつきのない印象を与えてしまいます。
ひと言ひと言ていねいに、ハッキリと発音することです。
聞き手に目線をくばりながら話すと、堂々と落ちついて見えます。
他にも、なれなれしい口調や職場にそぐわない若者言葉はひかえましょう。

身だしなみ


第一印象で視覚がキャッチする情報としては、表情、しぐさ、雰囲気、それに身だしなみがあげられます。
初日のコーデのキーワードは「清潔感」と「きちんと感」。
初日だからと気合を入れて、ゴージャスな巻髪やバッチリメイクで出社するのは逆効果です。
スーツは華美なものを避け、アクセサリーもひかえめに。
ハイブランドの靴やバッグも初日はやめておきましょう。

制服がある場合はノーマルに着ます。
スカート丈を調整するなど、大きな細工はしないように。
私服なら、春らしいパステルカラーやライトグレーのビジネススーツ。
バッグと靴は色味をそろえて上品に仕上げましょう。
ヘアスタイルはハーフアップか、「くるりんぱ」を使ったローポニーなど、顔の露出が多い方が好感度は高めです。
メイクは色味をおさえてナチュラルに。
就活中のリクルートスタイルを春らしくしたイメージですね。

【就活で押さえる身だしなみマナーまとめ】見た目で得する就活生とは

自己紹介はシンプルかつ印象に残るものを

初日の挨拶を聞かされる側は、仕事をひかえた忙しい人ばかり。
長々とお時間をとらせてしまっては迷惑がかかります。
あれこれ話題を並べても、かえって記憶に残りません。
挨拶はできるかぎり簡潔にまとめて、30秒~1分くらいで手短かにすませましょう。

挨拶の例文

必ず伝えるべきものは

簡単な自己紹介(氏名、配属先、抱負、指導をお願いする言葉)
その他(印象に残りやすいように趣味や学生時代に取り組んだことなど)

忘れずに盛り込むべきものは次の4つです。

自己紹介
入社をよろこぶ気持ち
仕事にかける意欲
指導をあおぐ言葉

順に見ていきましょう。

自己紹介
フルネームを名のるとき、名字と名前の間でひと呼吸あけると聞き取りやすくなります。
ここで自分の性格や趣味、あるいは人となりが連想しやすいエピソードを添えることで、とても感じが良くなり、印象も深まります。

共通点のある人が話しかけやすくなる話題としては

学生時代に熱中していたこと(ゼミ、サークル、バイトなど)
ずっと続けてきたスポーツや楽器
ペット、特技、休日の過ごし方

などがあります。
また、あとあといじってもらいやすくておすすめなテーマとしては

自分のニックネームとそれが定着した経緯
虫が苦手、方言がぬけない、天然であるなど、ほほえましい自虐ネタ
誰とでも仲良くなれる、飲み会やイベントが大好きといった親しみやすいキャラのアピール

などがあります。

入社をよろこぶ気持ち
新入社員が配属先で順調なスタートを切れるかどうかは、みんなにかわいがってもらえるかどうかにかかっていると言っても過言ではありません。
「仕方なく入社した」と不満そうな新人よりも、「入社できて本当にうれしい」と笑顔で挨拶する新人の方が、誰だってかわいく見えるに決まっています。
たとえ内心、「第一志望の会社ではなかった」「本当は別の部署に行きたかった」というネガティブな気持ちがあったとしても、初日の挨拶では絶対に口にしてはいけません。

仕事にかける意欲
早く仕事を覚えたい、この会社で役にたちたいという意欲を示すことは大切です。
教育する側にしてみれば、明らかにやる気のない新人にコツコツ仕事を教えることほど気の重い作業はないからです。
裏技ですが、新入社員を迎えるにあたり、社長や上司が先だって挨拶をすることがありますね。
その中に「なるほど」と共感できるフレーズがあったら、アドリブで自分の挨拶に取り入れてみましょう。
「先日社長がおっしゃったように」「先ほど〇〇部長が言われたように」と自分の決意表明に引用すると、「人の話をよく聞いている」と高評価を得られます。

指導をあおぐ言葉
新入社員も緊張しますが、迎える側の上司や先輩もそれなりにプレッシャーを感じています。
たとえばジェネレーションギャップについて。「最近の若いやつは…」というやつですね。
新人類
しらけ世代
ゆとり世代
さとり世代
など、時代によってさまざまに変わる若者の価値観・人生観は、いつの時代も年長者にとっては未知数であり不安の種です。
ですから、「なんでも言ってください」「どんどん指導してください」という新入社員の謙虚な姿勢は、身構えていた人たちの気持ちをほぐし、「いい子みたいだな」という安心感を与えます。
第一印象に影響しますので必ず添えましょう。


「本日からこちらでお世話になります〇〇 〇〇と申します。
よく『老け顔だね』と言われますが、正真正銘、新卒です。
動物が大好きで、犬も猫も飼っています。同じような方がみえましたら、どんどん話しかけてください。
ずっとこの会社が第一志望だったので、働けることになって本当にうれしいです。わからないことだらけですが、初心を忘れずがんばりますので、ご指導のほど、よろしくお願いします」


こちらの記事もオススメ

配属先が決定した時点でメールをいれておくと好印象


配属先が決定したら、すぐに上司に宛てて挨拶メールを送りましょう。
実際に顔を合わせたときに「ああ、メールくれてたね」と思い出してもらえれば、お互いに気持ちよくスタートできるものです。
スピーチと違ってウケや笑いは必要ありません。シンプルな文面でビジネスライクに要件のみを伝えます。


件名:配属のご挨拶【新入社員 〇〇 〇〇】
本文:
〇〇部△△課
××様(上司の名前)

はじめまして。
4月〇日付で△△課に配属が決まりました〇〇と申します。
出身地は東京都で、〇〇大学〇〇学部出身です。
専攻は〇〇でしたが、この分野にこだわらず、幅広く色々な仕事にチャレンジしていきたいと思っています。
至らないところも多々あるかと思いますが、よろしくご指導ください。
まずは取り急ぎメールにてご挨拶申し上げます。

〇〇 〇〇(自分の名前)

 

まとめ

配属日が近づくにつれて緊張が高まりますよね。
何を話すか悩みますが、できればネタはひとつではなく複数用意しておきましょう。
内容が他の新人とかぶったり、ひと通り話し終えたのに「もうひと言」と催促されて慌てることもあるからです。
なんとも気の重いイベントですが、迎える側にしてみれば、毎年決まってくり返される恒例行事のひとつです。
なにも全員が興味津々、食い入るように見つめているわけではありません。
できるだけ気持ちを楽にして、自然体でのぞみましょう。
たとえ噛んでもすべっても、きっと新人時代のういういしい思い出として、笑って思い出せるようになりますよ。


関連記事