fbpx

人事の心をがっつり掴む!魅力的な自己PRの書き方って?

人事の心をがっつり掴む!魅力的な自己PRの書き方って?


こんにちは!キチョナビ編集部です。

就活をしていると、志望企業は決まっていてもどう自己PRをしたらいいのかわからない、という状況になることってありますよね。
自分で伝えたいことはしっかり伝わっているのか、どうやったら伝わるのかなど、正解がないからこそ悩みもつきません。

今回はそんな悩みを解決したい!と思った就活生:あいりが、これまで多くの学生の相談にのってきた就活アドバイザー西部さんに「魅力的な自己PRの書き方」を教わってきました。
あなたが受からないのは、自己PRが原因かも?誰にでもわかりやすく、すぐ実践できる方法が聞けたので、ぜひご覧ください!


志望業界:IT、広告業界
就活状況:ネットサーフィンが趣味で色々なWebサイトを見る中、ウェブデザインの大切さを知り、ITや広告業界のWeb系エンジニアを目指す。


大手人材会社で、新卒採用に関するコンサルティングに従事した後、キャリアアドバイザーとして学生の就活支援を行う。

企業が求める人物像、把握した『つもり』になってませんか?

西部
「まずは事前に書いてくれた自己PRを見てみようか。」

あいりが書いた自己PRは・・・

わたしは物事に積極的に挑戦することのできる人間です。
大学では、新設学部のみの校舎だったため、校舎の活気づけを目標にサークルを設立したり、クラス委員や学園祭実行委員になり、行事を盛り上げました。
活気づけの他にも、大学の学業とは別にウェブデザインの勉強を始めるなど、気になったことに積極的に挑戦して来ました。

また、物事にただ挑戦するだけでなく、反省をし、それを次に活かすことができるのもわたしの強みであると考えています。
わたしは、このチャレンジ精神と反省を次に生かしていく姿勢で、お客様により良いサービスを提供し、貴社の成長に貢献したいと考えています。

西部
「なるほどね。ここでは、チャレンジ精神がある、かつそれだけでなく、反省して次に活かすことができるということを伝えたいんだね。この伝えたいことっていうのは、企業の求める人物像を理解した上でかけてるかな?」

あいり
「はい。自分なりに考えてみました。志望する業界は、新しい情報を自分から積極的に得ていくことが求められるかと思っています。なので、自分から動いていけるという姿勢をアピールしたいと思いました。」

西部
「OK。たしかに、業界全体としてはあいりちゃんがいう要素が求められているよね。でも、そこはどの企業でも言えること。実際に、その強みをアピールすることで、“本当に志望企業に貢献できるということを伝えられるのか”。そこを明確にすると、より魅力的で相手に刺さる自己PRになるよ。」

あいり
「たしかに、そこまでは考えられていなかったかもしれないです。でも一体、どうやってやったらいいのでしょうか・・・。」

西部
「不安がらなくて大丈夫。一緒に考えていこうか。」

あいり
「はい!お願いします。」

まずは、『働く』を因数分解しよう

魅力的な自己PRを書く前に、これを読んでいる皆さんは、そもそも働くとはどんなことだと理解していますか?

働くとは、あなたと企業の”価値の交換”です。
価値の交換というのは簡単にいうと、働くことで企業に利益を提供する代わりに、企業から対価としてお金をもらうということ。
しかし多くの就活生は、自分のやりたいことや、好きなことだけに目を向けてしまっているのです。

  働く = 好き ✕ 得意

これでは、企業が採用するメリットがありませんよね。
この考えのまま自己PRを書いてしまうと、イマイチ説得力のない自己PRになってしまうんです。

そこで、大切なのが、先ほど伝えた”価値提供”の軸。
“企業が費用をかけて採用した分、あなたが何を企業に提供できるのか”。
採用するメリットがしっかり伝わる自己PRを目指すことが大切です。

 働く = 好き ✕ 得意 ✕ 価値提供

好きと得意についてはこれまで自己分析を通して見つかっている就活生が多いです。
しかし、このように考えられると、魅力的な自己PRを書くこと、強いては入社後のミスマッチを防ぐことにも繋がります。

好きなこと、得意なことがまだ見つかっていない人は、今すぐ相談!

企業にアピールすべき内容は、企業研究から見つけよう。

西部
「自己PRは、どんな価値を提供できるかを踏まえて考えることが大事というのはわかったかな?企業がどんな価値を提供してほしいのかは、企業研究をすることで見えてくるよ。」

あいり
「企業研究ですか。自分でも進めてみたのですが、仕事内容や求める人物像など、ホームページには載っていないことが多かったり、説明会で聞いても同じような回答ばかりです。具体的には企業の何を知ればいいのでしょうか。」

西部
「説明会などで教えてもらえる”求める人物像”は似たものばかりだったりするよね。たしかに、求める人物像は何かと聞いたら答えは返ってくるけど、そのまま鵜呑みにするのではなくて、本質を見極めることが大切。ポイントを3つ伝えるね。」

求める人物像を知る上で押さえるべき3つのポイントって?

POINT1.ビジネスモデルを理解しよう

その企業が、どこに・何を提供してお金を得ているのかを理解しましょう。
どうお金を稼いでいるのかを知り、お金を稼ぐためにはどんな力が必要なのか、そこで儲けられる人はどんな人なのかを自分自身で理解することが大切です。

POINT2.注力しようとしてる分野を知ろう

これから、どこに注力しようとしているかを知って、その分野で仕事をしていくにはどんな力が必要かを把握しましょう。
先を見越して必要になってくる力を理解して、それにあった自分の強みをアピールすることで、より説得力のある自己PRに繋がります。

POINT3.こだわりポイントを知ろう

志望先企業が、どんなことにこだわっているのかを知りましょう。
同じ業界の中でも、値段や品質など、価値の提供方法やスタンスにおいて競合との差があるはず。
それによって求められる人物像も変わってきます。



西部
「この3つのポイントを押さえて企業研究をしていくと、企業がどんな価値を提供してほしいのか(=求める人物像)が見えてくるよ。その人物像を理解した上で、どの強みを伝えたら自分がその人物像に合っていることが伝わるのかを考えて、自己PRをつくっていこう。それを踏まえてつくった自己PRは、他の誰にも負けない自己PRになっているはず。今回伝えたことは、ミスマッチを起こさないためにもやっておくべきことだから、しっかりやっていこう。」

こちらの記事もオススメ


面談を終えて

実際に面談を受けたあいりに、感想を聞いてみました。

あいり
「ひと通り企業研究はしているつもりでしたが、まだ理解が足りてなかったと思いました。説明会にいって雰囲気が違うのはなんとなくわかっていたけど、どこが自分にあっているのかというのは、いまいちわかっていなかったんです。けど、このポイントを押さえて企業研究をしていくことで、どの強みをアピールしたらいいのかがより明確になるし、自分に合う企業なのかどうかも見えてくると感じました!」

企業を知り、どの自分をアピールしたらいいのかを理解することで説得力がある魅力的な自己PRに繋がるのですね。
西部さんは、求める人物像を把握することでのメリットを他にも教えてくれました。

西部
「企業に質問をして返ってくる求める人物像は、抽象的な表現であることが多く、就活生もなんとなくで理解していることが多いんです。そのままの状態で入社してしまっては、ミスマッチに繋がりますし、入社後に自分が思っていたキャリアが歩めない!なんてこともあるんです。私に相談しにくる学生にはミスマッチを起こしてほしくない!という思いがあるので、企業研究は必ずやってほしいと思っています。」

西部さん、ありがとうございました!

キャリアアドバイザー西部さんが所属するDiG株式会社は、「新しい価値基準を創造し、 すべての人の適材適所を実現させる」をMISSIONに就活支援事業を展開しているマイナビ出資の会社です。

▼ チャットで気軽に就活相談!キチョナビLINE@の友達登録はこちら ▼
友だち追加


関連記事