fbpx

「就職先の決め方がわからない・・・」後悔しない決断方法とは

カテゴリ

「就職先の決め方がわからない・・・」後悔しない決断方法とは

就活を始めるにあたって企業選びに悩んでいる人や、複数内定をいただき、その中から就職先をどこにするか悩んでいる人。
就活において「企業選び」は永遠のテーマかもしれません。

人によって合う企業は違うため、これ!といった決め方のない企業選びですが、その中でも自分が後悔しない選択をするにはどうしたらいいでしょうか。
今回は就活をこれから始める人や、内定を複数もらったけどどの企業に決めたら良いのか悩んでいる人に向け、企業選びや就職先の決め方についてご紹介します。

最初の就職先はとっても重要!

どこの企業に就職するかはあなたの人生を大きく変えることになります。
中でも一番最初にする会社は、あなたの社会人としての価値観を形成する場所です。

どの業界・業種で働くか?

これから大きく成長する業界・業種なのか、しっかりと見極めましょう。
いまは勢いがあっても、今後縮小する業界であれば、将来的に苦労するかもしれません。

どの職種で働くか?

どのような職種で働くかは、これからの毎日の充実度に大きく関わります。
自分にマッチしない職種で働くことになった場合、毎日つらい思いをしたり、やる気がでないまま働かなくてはいけなくなります。
そのような環境に置かれてしまったら、たとえ待遇がよい会社でも長続きしなくなるでしょう。

新卒の採用では「総合職採用」として括られている場合が多いですが、どんな仕事をする可能性があるのかは事前に確認できると良いかもしれません。
注意したいのは、「やりたいかやりたくないか」ではなく、「できるかどうか」です。
社会にでたら、やりたくない仕事をやる場面が必ずでてきますし、やりたいことだけできる環境はありません。

誰と働くか?

同じ業界、同じ業種、同じ職種でも、どの企業でどんな人と一緒に働くかで、あなたの人生は大きく左右されるでしょう。
あなたの個性が企業風土とあわなければ、いずれその会社には居づらくなる可能性が高くなります。
また上司や同僚、経営者と相性があわなければ、一緒に働いていてもつらいだけです。

納得して決めることが大切

このように就職先が違えば、その後の人生が大きく変わってきます。
もちろんどの会社に就職すれば良い将来が待ち構えているのかは誰にもわかりません。
予想外の結果になることも当然考えられます。

しかしここで重要なのは、「就職先を納得して決める」ことにあります。
自分の将来を見据えて、そのために最善と思われる企業に就職することは、就職後の仕事のモチベーションに大きく影響します。
仕事上で何か困難なことに立ち向かわなければいけない時、「この企業で働く理由」が明確でないと、挫折してしまいがちです。
自分が将来成し遂げたい夢を叶えるためにも、就職先をしっかりと見極めましょう。

これから就活を始める場合の企業の選び方

業界を選ぼう

もし興味がある業界を決めきれていないのであれば、まずは業界を選びましょう。
業界によって、どのようなサービスや商品を扱うかが異なってきます。
つまりこれからの人生において常にその業界と接することになりますので、自分が興味がないと長続きしません。

・金融
・IT
・メディア
・自動車
・不動産
・飲食

など色々な業界がありますが、自分が飛び込んでみたい業界をまずは選択するところから始めましょう。

正しい業界研究のやり方って?コツを押さえて就活を成功させよう!

職種を選ぼう

業界を決める前に、職種から就職先を選ぶ方法もあります。
職種とは
・営業職
・経理職
・人事職
・技術職(開発職)
などがあり、具体的な仕事内容によって分類されます。

バリバリ営業をしたい人は、どの業界でも必要とされるため、幅広く色々な業界の企業を探してみると良いでしょう。
一方で技術職や開発職など専門性が高い仕事をしたい場合には、自然と業界も絞られてきます。
持っている知識やスキルを活かせる業界の中から就職先を選びましょう。

なお職種によって毎日の仕事内容が大きく異なります。
就職すれば必ず希望する職種に就けるわけではありませんが、前もって希望を出すことはできます。
望んでいない仕事をするよりも希望する仕事をするほうが、充実した生活を送ることができるでしょう。

自分の軸から選ぼう

業界や職種以外に、自分が働く上で絶対に譲れないことを見つけておくことも大切です。

例えば
・残業は絶対にしたくない
・週末は必ず休みたい
・いずれ独立できる力を身につけたい
・子供の教育に関わる仕事がしたい

など、自分のこだわりたい状況を整理してこれらが叶う企業を探しましょう。
いくら給与・待遇が良くても、自分が譲れない部分が叶わなければ、不満が募るばかりとなってしまいます。

何社エントリー先が必要?

就活の際、志望する企業一社に絞って就活するのはリスクが大きくなります。
通常、複数の企業をリストアップしてエントリーするのが一般的です。

なおエントリーする企業の平均数は職種などによって異なることが多いようです。

■営業職・事務職の場合
業界を問わず色々な企業で働くことができますので、多めにエントリーを行って、その中から最適な企業を選ぶとよいでしょう。
平均して30〜50社にエントリーすることが多いようです。

■技術職や院卒の場合
技術職やある分野に特化した研究を行ってきた大学院生が、そのスキルや知識を活かして就職するとなると、志望する業界や企業は限定されます。
そのためエントリー数は20〜30社くらいのようです。

■学校推薦や内々定をもらっている場合
学校推薦や内々定をもらっている場合は、念のために数社にエントリーしておくことが多いようです。
5〜10社程度が平均エントリー数となります。

周りはどうやってエントリー企業を決めてる?

第一志望の企業以外にエントリーする企業を決めるのは難しいかもしれません。
そのような場合には、以下のような手段でエントリー企業を探してみるのもよいでしょう。

■業界順位から広げる
各業界には業界トップの企業から、2番手3番手の企業が必ずあります。
業界新聞などで調べることができますので、もし業界1位の企業を第一志望としているのであれば、業界2位や3位の企業にもエントリーしてみましょう。
エントリーして企業説明会などに参加することで、業界のことをより詳しく知ることができたり、第一志望の企業の良さを改めて実感できるかもしれません。

■同業界で、商材を広げる
主に営業職に言えることですが、同じ業界でも、扱う商品が異なることがあります。
無形・有形や、完成品を扱う会社・部品を扱う会社など様々です。
扱う商材によって、魅力や売り方も変わってきます。
営業職や事務職など業界を問わずに活躍できる場があるのであれば、他の商材も見てみるのもよいでしょう。

こちらの記事もオススメ


複数内定がある場合の就職先の決め方

企業選びの軸と照らし合わせる

もし就活の結果、複数の企業から内定をもらったのであれば、最初に決めた自分が就職先に求める条件(軸)を確認しましょう。
給与や待遇だけで決めるのではなく、自分がこれから働くにあたって大事にしたいことは何か、それを叶えられる企業はどこか?という視点で、就職先を決定しましょう。

キャリアプランと照らし合わせる

どちらかの企業で迷った時は、自分が描くキャリアプラン(いつまでにどうなっていたいか)と照らし合わせて考えてみましょう。
企業の得意分野や置かれているポジション、その中で自分がどのように活躍できるかを考えて、就職先を決めましょう。

ただし必ずしも規模が大きい会社が良いとは限りません。
社員数が少ないほうが早く重要な役割を与えられてたくさんの経験を積み、重要なポストを与えられるかもしれません。

よく企業研究を行って自分の夢が実現できる道を探りましょう。

自分では決められない時は

もし就職先を自分一人で決められない時は、周囲に相談してみましょう。

客観的な意見を求めるのであれば、プロの就活アドバイザーや、大学のキャリアセンターの職員に相談してみましょう。
また親にも意見を聞くのは一つの手です。
客観的な意見ばかりではなく、感情的な観点や経済的な理由からの意見や希望を知ることができるでしょう。
就職はあなた自身の将来に関わることですが、これまでサポートしてくれたご家族の意見もちゃんと聞いてみることもおすすめです。



DiG UP(ディグアップ)は、ひとりひとりに合わせた親身なサポートが評判の就活サポート会社です。

周りはどうやって企業を決めてる?

上記以外にも
・その企業にいる大学の先輩の意見を聞く
・独自の評価項目を作りポイント化して決める
といった方法をとる就活生もいます。

キャリアプランに近いですが、就職する上で絶対に譲れない項目リストを作り、それぞれの候補企業を各項目において評価して点数をつけてみましょう。
その点数を見直してみると、自分がどんな項目を重要視しているかが見えてきます。
その項目を重点的に評価した上で、どちらの企業で働きたいかを決めるという手段もあります。

まとめ

どの企業に就職するかは、自分の人生に大きな影響を与えます。
当然ですが企業によって勤めている人は異なっており、毎日いっしょに働く人たちがあなたの人生に大きく関わってくるでしょう。
仕事内容や給料、待遇も気になるところですが、企業風土やどのような社員が働いているかなども観察して、後悔のない志望企業を行いましょう。


関連記事