fbpx

【インターンで使うおすすめカバン】スーツ&私服編

カテゴリ

【インターンで使うおすすめカバン】スーツ&私服編

インターンでは、意外とかばんや靴などの私物も見られています。

就活の大きなポイントであるインターンでは、企業側も応募者のさまざまな面を観察しています。
その応募者が果たして自社に適しているのか、スキルも重要ですし、一方では身だしなみ・服装・持ち物も確認するわけです。

そのわかりやすいひとつが「かばん」ですね。
インターンとはいえ仕事に行くわけですから、機能性と見た目が大切です。
さらに、会社が私服勤務の場合と、スーツでの場合でも気をつけた方が良い点もあります。
今回は、インターンに参加する際の「かばん」についてお伝えします。

インターンでかばんはどんなものを選ぶべき?


インターンは会社で実際に仕事に携わるわけですから、普段以上に服装や持ち物には注意が必要です。
では、かばんに関しては私服勤務とスーツ勤務の場合、どんな点に気をつけて選べば良いのでしょうか?

私服勤務の場合

インターンの先の会社によっては私服を求められる場合がありますが、それによってかばん選びも異なってきます。
私服なのに、かばんだけ社会人を意識したビジネスバッグでは不自然で、違和感があります。

私服での勤務であれば、かばんもカジュアルなものがOKです。
しかし、”仕事場に行く”ということは忘れないでください。カジュアルでありながら派手にはなり過ぎないように気をつけましょう。

デザインは控えめでシンプルなショルダーバッグやトートバッグ、斜め掛けのかばんなどが無難です。
落ち着いた色のものを選んでください。素材は革やナイロン地のアイテムが見た目も使い勝手も良いでしょう。

また、ビジネスバッグでは収納場所がたくさんあって仕事に使いやすい作りになっていますが、カジュアルなかばんは内部の作りもざっくりしていることが多いです。
それでもなるべく書類や小物が収納しやすい使い勝手の良いものを選ぶ方が良いですよ。

一方、アパレルや美容系などのオシャレ度を重要視する企業においては、先に述べたかばんの基準はあてはまりません。
これらの業界の企業では私服のセンスも大事なポイントで、それはもちろんかばんを含めてです。機能性も必要であり、オシャレな感覚も求められます。

スーツ勤務の場合

スーツ勤務の場合のかばんは、一番の前提はスーツに合っていることです。
スーツはフォーマルなものですから、かばんもフォーマルなものを選びましょう。
スーツにカジュアルバッグでは不恰好になってしまいますし、マナーとしても不可です。

そして、迷った時は黒のリクルート用かばんでしたら間違いはありません。
グレーや紺、茶色などのダーク系の色合いでも適しているでしょう。
色が派手ではビジネスには適さない場合が多いので気をつけてください。

また、かばんのデザイン性も大事ですが、使用感も気をつけてください。
消耗部分があったり、ボロボロ・クタクタになっていたりしては印象はマイナスです。しわが無く清潔感があるものを選びましょう。

さらに、かばんは床にもしばしば置きますから、自立できるものが使い勝手が良いでしょう。
自立できないかばんは、床に置くとぐしゃっとなってだらしなく見えます。かばんの底に板が入っている自立タイプはおすすめです。

就活中の女子に向けてのかばん選びは以下を参考にしてみてください。

【女子向け就活カバンの選び方】失敗しないおすすめバッグを徹底解説

リュックはNG?

インターンにリュックはあまり好まれません。
スーツとのバランスは良くないですし、私服であっても少しカジュアルすぎる印象を与えてしまいます。
それに、名刺交換の際にまごついてしまったりと、ビジネス上でも使い勝手があまりよくありません。

服装に対して寛容な企業であれば問題ないかもしれませんが、
人事によってはNGの場合もあるので、よほどの理由がない限りはリュックは避けた方が無難です。

必要な持ち物から、かばんを選ぼう


かばんはまず、仕事で使う必要な物が入らなければ役に立ちません。そしていかに使いやすいかが重要です。
以下のような想定される持ち物から、適切なかばんを選びましょう。

パソコン

企業によっては、自分でパソコンを用意する必要があるかもしれません。

その場合はパソコン本体に加えて充電器も入るサイズのかばんを選びましょう。
また、パソコンはある程度の重量がありますから、かばんの耐久性にも注意が必要です。
インターンでは会社の資料などを渡されることも多いため、パソコンにプラスしてかなりの重量になります。
鞄の耐久性がないと、破れたり底が抜けたりしますので、重い荷物にも耐えられる丈夫なものを選ぶことが大切です。

営業資料

営業職としてインターンをする場合は、営業資料を持ち歩く場合あります。
資料が整理して入れられて楽に取り出しやすいようなもの、かつA4サイズのファイルがはいるかばんを選びましょう。

また、資料にもいろいろな種類がありますから、重要書類はしっかりと収納され、営業書類等は求められた時にスッとすみやかに出せるように仕切りが工夫されているものを選ぶのが良いでしょう。
営業先で資料一枚を出すのに、かばんの中を慌ててまさぐるようなことがあっては、相手も「この人で大丈夫かな」と不安になってしまうかもしれません。
かばんの使い方も営業成果に反映します。

名刺

名刺を扱う可能性があるのであれば、かばんも利便性を重視しましょう。
社外の人と関わる可能性のある仕事の場合は名刺交換をすることがあります。名刺を取り出そうとしてもたもたしないように、すぐに取りやすいポケットがあるかばんがおすすめです。

初対面の相手と挨拶を交わし、スムーズに名刺が出せると、その後の話もテンポよく進みやすくなります。
名刺そのものもそうですが、名刺を出すまでの過程も相手にはずっと見られています。

就活で名刺や名刺入れは必要?押さえるマナーとおすすめ名刺入れ

整理整頓がしやすいものを選ぼう

インターンでは企業の資料その他、さまざまなものや書類等を受け取ることが多く、また常に必要な持ち物もたくさんある場合が多いです。
たくさんの荷物で鞄の中がぐちゃぐちゃになりやすいため、整理整頓がしやすい仕切りが多めについているタイプがおすすめです。

鞄の中は案外何かの拍子に見られることもありますし、そのときに中が整理されていないとそれだけで悪印象です。
かばんの中身が整理できていると、自分のストレスも減りますから、仕切りやポケットが便利についた機能的なものを選びましょう。

面接の時は?


インターンだから就活ほどかばんに気をつけなくても、カジュアルでいいと思っていませんか?
基本的には就活もインターンでも、どちらも持ち物は就職用と思ってください。
つまり、カジュアルすぎず、リュックでもなく、ビジネスバッグまたはそれに近いものということです。

面接が私服である場合、スーツである場合、共にそれに合わせてかばんを選んでください。
ただ私服であったとしても、目上の人と会う場に適したかばんであるかどうかを考えると、スーツで選ぶかばんとそれほど大差はありません。

私服面接でのかばん選びは、色等でほんの多少の遊び心を出す程度に留めておきましょう。あまり凝ったもの、柄物は不適切だと見られます。
スーツの面接では、就活用のかばんそのままで良いでしょう。スーツに合わせたフォーマルなものを選んでください。
面接の時も、重要なのは「服装に合わせて選ぶ」ことです。


こちらの記事もオススメ

就活でおすすめのかばん

男性向け

ポーター 3wayブリーフケース ショルダー リュック ブラウン


[タケオキクチ] ビジネスバッグ A4 フルオープン ナビ 黒


[アンディ・ハワード] ANDY HOWARD ビジネスバッグ ショルダーバッグ リクルートバッグ A4ファイル対応


女性向け

バッグ レディース 通勤バッグ 3点セット 高級合皮 黒


目々澤鞄 日本製 リクルート バック レディース A4 ブラック


オーエフエス リクルートバッグ ブラック

まとめ

今回は、インターン時のかばんについてお伝えしました。
インターンでは、服装には案外気を配ってもかばんには気が回らない方が多いかもしれません。
しかし服装がいかに整っていてもかばんがだらしないと、それだけで全体の印象がマイナスになりがちです。

インターンにおいて、かばんは服装と同じくらい重要だと考えてください。

キレイで清潔感があるかばんをスマートに使いこなしていると、それだけでも「できる人」という好印象につながります。
ぜひインターンがより有意義なものになるためのかばん選びをしてくださいね。


関連記事