fbpx

インターンの服装ってどうするべき?失敗しないコーデを徹底解説!

カテゴリ

インターンの服装ってどうするべき?失敗しないコーデを徹底解説!

インターンへの参加が決まり、ホッとひと息ついたのも束の間、初日が近づくにつれて心配になってくるのが「何を着て行こう?」という問題ではないでしょうか?
今回はインターンにふさわしい服装について解説します。

インターンでの服装、どうすべき?

スーツ指定の場合

「スーツ着用」と指定があったら必ずスーツを着ていきます。
スーツと言ってもチェックやストライプなど柄の入ったタイプのスーツは、どうしても無地より個性が強くなるのでインターンにはあまりおすすめできません。
黒やグレーやネイビーなど落ちついたカラーの無地スーツがいいでしょう。

スーツのインナーもリクルートスーツに準じて無地の襟付きブラウスが無難です。
季節や業界によってはきれいめのカットソーでもいいかもしれません。
いずれも胸元はあまり開かないように気をつけてください。

ボトムスはスカートでもパンツでもかまいません。
ただ、プログラムの内容によってはパンツの方がいいケースもあります。

たとえば営業職を対象にしたインターン、あるいは実際の社内業務に参加するインターンでは、立ったりしゃがんだり物を運んだりという活動的な内容が含まれていることがあります。
ですからこの場合はスカートよりアクティブに動けるパンツスタイルの方が向いているでしょう。

逆に座学中心のインターンや、事務職、ファッション関係などのインターンなどでは、就活女子らしい膝丈のスカートスーツが場の雰囲気に合うのではないでしょうか。
このように、自分がどんなインターンに参加しようとしているのかを事前にしっかりリサーチし、内容にふさわしいスーツを選びましょう。

「服装自由・私服可」の場合

この場合、「スーツでなくてもかまいませんよ」くらいのニュアンスと解釈すべきでしょう。
実際のところは多くの就活生が無難にスーツを選ぶようです。

たとえ上下そろった本式のスーツではなくても、最低限ジャケットは着用した方がいいでしょう。
白やパステルカラーのブラウスに落ちついた色味のボトムスを合わせ、襟付きジャケットを合わせてシックにまとめましょう。

私服指定の場合

いくら私服OKでも露出の多い格好やラフすぎる格好は当然NGです。
ジーンズ、サンダル、Tシャツはもちろん、ノースリーブやミニスカート、透け感の強いアイテムなども、風紀を乱す可能性が高いので着用すべきではありません。

逆に私服でと念を押されたにもかかわらず、きっちりスーツを着こんで行くと、私服着用の参加者の中で浮いてしまう危険があります。
企業側にも「連絡事項をちゃんと見ているのかな」と思われてしまうかもしれません。
ですから私服指定の場合は、できるだけきちんと感のあるオフィスカジュアルが妥当ではないでしょうか。

たとえばインナーはパステルカラーやグレージュなどの襟付きブラウス、アウターはジャケットかきれいめのカーディガン、ボトムスはアウターと色違いのフレアースカートやマーメイドスカート、パンツならとろみ素材のアンクルパンツなどをチョイスすると、堅苦しくなりすぎず、なおかつ適度なきちんと感も出るでしょう。

服装に関する記述がない場合

案内メールをくまなく読んでも服装の指定が無い場合は、「各自の判断にまかせますから常識的な服装で来てください」という企業からのメッセージと考えられます。

おそらく多くの学生はスーツ着用で臨むでしょう。
どうしても不安ならメールなどで開催企業に確認しましょう。

例文
件名:インターン参加時の服装について(〇〇大学 山田花子)

××株式会社
人事部
ご担当者様

お世話になっております。
〇〇大学山田花子です。

〇月×日より開催される貴社のインターンに参加する予定なのですが、
当日の服装についてご指示をいただきたくメールしております。

いただいたメールには服装の指定が見受けられませんでしたが、
スーツで伺っても大丈夫でしょうか。

お忙しいところ誠に恐縮ですが、ご回答のほどよろしくお願い致します。

=========================
○○大学●●学部 山田花子
TEL:090-1234-5678
MAIL:hanakoyamada@xxx.com
=========================

私服を指定する理由


最近はわざわざ私服参加を奨励するインターンも増えています。
理由としては、たとえば次のようなことがあげられます。

学生にリラックスしてもらいたい

企業がインターンを開催する理由のひとつに「自社のイメージアップ」が挙げられます。
参加した学生に好印象を持ってもらえれば、たとえ個々の採用には結びつかなくても、今後の応募者の増加や購買層の拡大など、副次的なメリットが期待できるからです。

つまり企業は参加する学生に、せっかく用意したコンテンツを楽しみ、良い感触を得てほしいと考えています。
それには、慣れないスーツを着こんでこわばった顔で列席されるより、楽な格好で肩の力を抜いて参加してもらった方が効果的でしょう。
そして雰囲気的にも、採用する側とされる側の相互理解が深まりやすく、その後のミスマッチを減らせるかもしれません。

私服のセンスをみたい

私服には着る人の好みやセンスが表れます。
色はもちろん素材やディテールに人となりが垣間見えることもあります。
自分に似合う服装がわかっているかどうかという自己分析の部分も判断できるかもしれません。
さらには、指示された通りの身なりで来ているか、TPOをわきまえた服装ができているかなど、常識やマナーが身に付いているかどうかもわかります。

このように私服から読み取れる情報はたくさんあります。
どんな側面から見られても大丈夫なように、節度のある格好をしていきましょう。

服装は評価にどれくらい関わる?


では、不適切な服装をしていってしまうと、評価にはどれくらい影響するのでしょうか。

スーツ指定の場

スーツは上下セットで買ってきたものをそのまま着用するだけのことですから、無難なデザインのスーツさえ選べば目立った失敗は無いはずです。

それを、

・不必要に光沢のある素材や場違いに目立つ色柄物のスーツを着用している
・シワや汚れが目立つ
・腕まくりやパンツのロールアップなどカジュアルダウンをしている
・露出が多かったり場にそぐわない派手なアクセを合わせている

などのマナー違反をしていると、マイナス評価につながる可能性があります。
スーツ指定のインターンでは、余計なおしゃれや冒険はせず、オーソドックスな着こなしに徹した方がいいでしょう。

私服

たとえ私服指定であっても、誰が何を着てきたかを細かくチェックすることは考えにくいでしょう。
とは言えあまりにも個性的ないでたちや非常識な格好は、悪目立ちする上に偏見や反感を買うことがあります。
だらしない格好やルーズな服装も、清潔感がなく見えてしまう可能性があるので避けた方が無難です。

インターンで高い評価が得られれば、その後の選考フローに良い影響があるかもしれません。
そのため、服装や身だしなみ程度のことで自分の評価を下げてしまうのはとてももったいないことです。
TPOをわきまえた節度のある身だしなみで外見に関する評価は確実にクリアしておきましょう。

服装以外の身だしなみも整えよう

髪型・髪色

明るすぎる茶髪や個性的なメッシュはインターンにふさわしいとは言えません。
髪色は黒か暗めのブラウンにして、ロングならシニヨンやローテイル、ミディアムならハーフアップなど、顔をすっきり出した清潔感のあるスタイルがおすすめです。
とは言え、髪をまとめたゴムが丸出しでは無造作な印象を与えるかもしれません。適度なヘアアクセは許容範囲内でしょう。

ただし黒や茶系のシュシュかバレッタくらいにとどめ、ビジューを使ったキラキラしたものや華やかなコサージュは避けましょう。

メイク

メイクはあまり盛らないように、ナチュラルメイクを心がけましょう。
アイメイクはピンク系かブラウン系、リップもグロス程度にして、つけまつげやカラコンも控えた方がいいでしょう。

持ち物

カバンや靴、ハンカチやティッシュ、インターンに必要なアイテムを揃える。

バッグや靴などの小物類も就活向きのアイテムで統一しましょう。
バッグはA4サイズの自立する黒バッグ、靴は黒のローヒールパンプス、あとはハンカチ、ティッシュ、筆記用具、念のために印鑑などを用意しておきましょう。


こちらの記事もオススメ

まとめ

インターンは社会人と接し社会人から教えを乞うビジネスシーンの一幕です。
学生と言えども失礼のない服装で臨む必要があります。
スーツならオーソドックスなおとなしめなスーツ、私服なら少しグレードが高めのオフィスカジュアルが基本です。
清潔感とTPOをわきまえた服装で、失礼のない身なりを整えましょう。


関連記事