fbpx

【女性編】インターンで「私服でお越しください」と言われた時の服装

カテゴリ

【女性編】インターンで「私服でお越しください」と言われた時の服装

「私服可」「私服でお越しください」など、私服を求められることもあるインターン。
「私服」とは、本当にいつも着ている「私服」で良いのでしょうか?
企業の言う「私服」とは?好印象な私服って?今回はインターンでの私服について徹底的に解説していきます。

私服とスーツどっち?

服装についての記載がない場合

インターンの案内に服装に関する記載がない場合は、スーツが基本です。
ビジネス現場ではスーツ着用が一般的であり、採用に関しても同様です。
特に指定がないのであればスーツを選ぶとよいでしょう。

服装自由・私服可の場合

「服装自由・私服可」と案内されている場合は、スーツでも私服でも可です。
ただし、多くの就活生はスーツを選んでいるようです。

「服装自由・私服可」と案内されているため私服を着ていったら、他の参加者のほとんどがスーツで恥ずかしい思いをした、という体験談もよく見かけます。
服装自由の場合には、スーツを着用していくのが無難でしょう。

私服でお越しくださいの場合

「私服でお越しください」と案内されている場合には、スーツは避けたほうがよいです。
この場合、企業は就活生に堅苦しくならず、リラックスしてインターンに参加してほしい、という意図を持っていることが多いです。
かっちりとしたスーツではなく、リラックスした服装を選ぶようにしましょう。

インターンで好印象な私服って?

企業が私服でみている点

「私服」「リラックスした服装」と言われると、かえって選ぶのが難しいのではないでしょうか。
インターンでどのような服装で参加するかは、ファッションセンスとは別のセンスを求められていると考えたほうがよいでしょう。

状況に応じてふさわしい服装を選べるかも、ビジネスシーンにおいては必要なスキルです。
企業によっては選考に影響することもありますので、私服だからといって服選びに気を抜かないようにしましょう。

間違っても普段着ている私服のままで行くことはやめたほうがよいでしょう。
特殊な例外として、アパレル系企業などファッションセンスをアピールする必要がある場合もありますが、基本はインターン案内時の服装の指定をしっかりと確認することが重要です。

オフィスカジュアルが無難

服装自由・私服可の場合には、一般的に「オフィスカジュアル」と呼ばれる服装を選ぶとよいでしょう。
オフィスカジュアルは見た目に清潔感があり、夏の時期などには一般企業でも認められていることが多い服装です。

オフィスカジュアルってどんなものを選べばいい?

ブラウス+ボトムス+パンプス

基本的な女性のオフィスカジュアルは、ブラウスとボトムスにパンプスを合わせるスタイルです。
シャツは白地のシンプルなシャツ、スカートもしくはパンツのボトムス、靴はパンプスを選びましょう。

季節によっては、カーディガンを羽織っても大丈夫です。
こちらもシンプルなものを選ぶとよいでしょう。

色味は落ち着いたものを

色味は落ち着いたものを選びましょう。
シャツは白、スカートやボトムスは黒かブラウンが基本です。

ワンピースはOK

ワンピースを選ぶ際には、Aラインワンピースなど清潔感のあるものにしましょう。
カジュアルなマキシワンピースなどは避けたほうがよいです。

ジャケットは必要?

女性の場合、ジャケットは必須ではありませんが、準備しておくと安心です。
ジャケットを着たほうがフォーマル感は増しますし、冬の時期はジャケットがあったほうが良いでしょう。

NGな服・アイテムは?


オフィスカジュアルとして避けたほうがよい服装もありますので、注意しましょう。

デニムなどのカジュアルなもの

ジーパンやデニム生地のもの、カジュアルな服装は避けましょう。
私服といえば「カジュアル」「楽に着ることができる」イメージがあるかもしれませんが、インターンの場合はあくまでも仕事の現場ですので、働く姿勢を表した服装が好まれます。

露出の多いもの

過剰に肌の露出が多い服装も避けたほうが良いでしょう。
インターンは服装や自分の外見をアピールする場所ではありませんので、控えめな服を選ぶことをおすすめします。

ロングスカート

ロングスカートはカジュアルなイメージがあることと、歩きにくく作業がしづらくなるため、オフィスカジュアルとして避けられる傾向にあります。

社員の服装をみて判断しよう

スーツ以外の服装をしていく必要がある場合は、オフィスカジュアルを選ぶのが基本ですが、それでも服装選びに迷う場合には、社員の服装を見て判断しましょう。
インターン以外で説明会やセミナーに参加したことがあるのであれば、その時の社員の服装を参考にしましょう。
また、もし知り合いに同じ会社のインターンに参加したことがある先輩や知り合いがいるのであれば、話を聞いてみるのも良いでしょう。
もしくは、ホームページに職場の風景写真や社員紹介が掲載されている場合がありますので、そちらを参考にするのも良いかもしれません。

インターンシップ期間が複数日に渡る場合には、最初はスーツかそれに近い服装で参加して様子を見てもよいでしょう。
インターン初日に様子を見て、そこで社員や同じインターン生の服装を確認して服装を合わせるのが安心できるかもしれません。

インターンで好印象なアイテム

服装と同じように注意したいのが鞄選びです。
こちらも服装自由だからといって、普段使っている鞄をそのまま持ち込むことは避けましょう。

ビジネス書類を入れられることができるよう、A4サイズのファイルが入る鞄を選ぶことがポイントです。
インターンは仕事の現場であることを踏まえて、仕事をするのにふさわしい鞄選びをしましょう。

靴は多くの人が注目するアイテムです。
ヒールは低めで高さが3-5センチのもので、シンプルなパンプスが無難です。
夏場でもサンダルやつま先が部分が開いているオープントゥはカジュアルすぎるため、避けたほうが良いでしょう。

アクセサリー、ネイル

アクセサリーやネイルをつけるのであれば、控えめでシンプルなものにしましょう。

また香水はインターンを含めて就活中はつけないほうが無難です。
たとえどれだけ人気で良い匂いの香水でも、人によっては苦手に感じる人もいます。
過度なアピールとならないようにするためにも香水はつけない就活生が多いです。

髪型・髪色はどうすべき?

清楚な髪型で臨もう

髪型はスーツほどかっちりする必要はありませんが、私服に合った髪型にしましょう。
抑えるべきは清楚で清潔感を感じる髪型であるかということです。

明るさにも気をつけよう

髪の色は黒が無難ですが、現在染毛している場合にはどれくらいの明るさまで大丈夫なのか気になるところです。
就活の場合、髪の色は茶系で、明るさのトーンは7までに抑えるとよいとされています。
明るさの基準は日本ヘアカラー協会(JHCA)が開発した「JHCAレベルスケール」というツールで計測したものが使用されており、多くの企業でもこれを導入して髪色の基準を決めています。
もし今の髪の色が明るすぎるようであれば、美容院などでこの基準をもとにした髪色に抑えてもらうとよいでしょう。

なお地毛がもともと明るい場合は無理に染める必要はありません。

また業界によっても受け入れられる範囲が異なりますし、髪色だけではなく髪型などにも気をつけるべきポイントがあります。
▼詳しくは以下の記事にて紹介していますので、参考にしてみてください。

インターンの髪色は茶髪?黒髪?悪目立ちしない髪色・髪型を徹底解説

記事だけでは不安な時は

「記事を読んだだけでは、本当にこれで良いのか不安…」という方もいますよね。
そんな時は、就活支援のプロに聞いてみるのもおすすめです。

「新しい価値基準を創造し、すべての人の適材適所を実現させる」をMISSIONに新卒紹介事業を展開しているマイナビ出資の会社です。


まとめ

インターンに参加する際の服装は多くの就活生が迷うところです。
基本はスーツで参加、「私服でお越しください」と指定されているときのみオフィスカジュアルとするのが無難です。

服装の基準は業界や企業によっても異なります。
金融機関などの固い雰囲気の企業から、アパレル業界やベンチャー企業といった雰囲気が大らかな企業まで、さまざまですので、その企業にふさわしい服装を見つけるのも企業研究の一環と考えてみてはいかがでしょうか。

またインターンの参加目的の一つに自己アピールがありますが、服装による過度なアピールは諸刃の剣になりかねませんので、まず控えめで清潔感がある服装を選ぶことを心がけることをおすすめします。


関連記事