fbpx

インターン初日の自己紹介で差をつけろ!好印象な自己紹介・挨拶とは

カテゴリ

インターン初日の自己紹介で差をつけろ!好印象な自己紹介・挨拶とは

インターンの初日には自己紹介がつきものです。
主催者側の挨拶や当日のスケジュールの説明が終わると、「では順番に…」と自己紹介を求められるのは定番の流れです。
でも大学も違えば学年も違う初対面の人達に向かって、一体何を話せばいいのか悩んでしまいますよね。
今回はインターン初日にふさわしい自己紹介について、例文も交じえながらご説明します。

最初の挨拶はとっても重要!


インターンではグループワークやロールプレイングなど、学生同士がアイデアを出し合い、協力してひとつの課題に取り組むスタイルがよく採用されています。
そんな時、誰だって暗そうな人や怖そうな人より、感じが良さそうな人と同じグループになりたいのではないでしょうか?

どんなに優秀な学生も、仲間からの信頼と協力が得られなければ、インターンで成果を出すことは難しくなってきます。
ですからインターン初日の自己紹介は、開催する企業サイドにアピールすることも大切ですが、周囲の学生に好感を持ってもらうことも大きなポイントになります。

インターンでの自己紹介ポイント

態度

自己紹介と聞くとついつい話の中身に気を取られがちですが、実は話し手の見た目や態度もその人の印象を決める大きな要素です。
どんなに素敵な自己紹介文を用意していても、見た目に問題があってはせっかくのチャンスが台無しかもしれません。

ですから自己紹介に臨む時は、最低限、次の3点は確実にクリアしておきましょう。

・清潔な身だしなみ
・歯切れのいい話し方
・明るい表情

そして実際に話す時は、視線をあちこち泳がせず、背筋を伸ばし、堂々と見えるように、落ちついた物腰を心がけましょう。

基本情報+学生時代のことと伝える

自己紹介の基本として、自分のフルネームと学校名、それに学部名と学年は必ず入れましょう。
そこに趣味や部活や所属するゼミなどから、自分の人となりが伝わりやすいエピソードをプラスするのが王道です。

本選考ではないので、あまり押しの強い自己紹介より親しみやすい自己紹介の方がインターンには向いているかもしれません。

時間は60秒以内に済ませよう

参加人数にもよりますが、自己紹介はできるだけ簡潔にすませるのがマナーです。
30秒から長くても1分くらいにまとめましょう。

実際の持ち時間は当日にならなければわからないことが多いので、できれば長めバージョンと短めバージョンの2種類を考えておくといいでしょう。
本番で慌てず手際よく話すには、事前に時間を計りながら実際に声を出して練習しておくことをおすすめします。
こうすることで時間の感覚がつかめ、適度な時間で話し終えるコツが身に付くでしょう。

自己紹介の作り方と例文

話のながれ

自己紹介はおおむね次のような流れで組み立てます。

①基本情報(名前、学校名、学年など)
②アピールポイント(趣味やサークル、特技や長所など)
③抱負と意欲(インターンへの参加理由、開催企業の印象、このインターンで目指す成果など)

最後は指導や協力をお願いする言葉でしめくくりましょう。

使える話題例

一番迷うのはアピールポイントの部分の話題選びではないでしょうか。
そんな時は、

・名前の由来やあだ名について
・大学で学んでいること
・出身地
・好きな食べ物
・休日の過ごし方

など、あまり気負わず身近なところからテーマを探しましょう。
できればあとで、「ああ、あの自己紹介の」とみんなに思い出してもらえるような、ちょっぴりインパクトがあって話の糸口になりそうな内容が理想的です。

そしてインターンでの自己紹介は、雰囲気によって2通りに分かれます。
ひとつはインターンに対する高い意欲をアピールするアプローチ、もうひとつは笑いをとったり場をなごませたりして親近感を高めるアプローチです。
気合がみなぎる雰囲気なら前者、和気あいあいとした雰囲気なら後者と、空気を読んで方向性を判断しましょう。

例文1(気合をアピールするパターン)
初めまして。〇〇大学××学部3年の山田花子と申します。
大学では〇〇ゼミに所属し、主に××の研究をしています。
このインターンには、私の研究テーマでもある××業界の実情に触れ、実際面での面白さや難しさを体感したくて参加を決めました。
できるだけ多くのことを吸収して帰りたいと思っておりますので、よろしくご指導のほど、お願いいたします。
例文2(親しみやすさをアピールするパターン)
初めまして。〇〇大学××学部3年の山田花子です。
この体形なので一年中趣味のようにダイエットをしています。
就活に向けて今度こそ本気でやせたいのですが、今日のところはまだちょっと間に合いませんでした。
成果は出ていなくてもダイエット法にはかなり詳しいです。お悩みの方はぜひ一度ご相談ください。
よろしくお願いします。

緊張してしまうときは

練習あるのみ

人前に出るとあがってしまう人は少なくありません。
緊張するのは、「うまくしゃべれないのでは」「何か失敗をするのでは」という不安が原因のことが多いので、自分に自信をつけることにより、ある程度の克服が可能です。

まずはしっかりとネタを吟味して話の内容に自信を持ちましょう。心配なら複数のパターンを用意しておくとなお安心です。
そしてネタを効果的に伝えられるように予行練習を重ねましょう。
すっかり暗記してしまうくらいに練習をやり込むと、本番での緊張をやわらげるのに役立ちます。

体を動かす

本番前にトイレや物陰で軽いストレッチをしてみましょう。
深呼吸を繰り返しながら、首や肩を回したり、大きく伸びをしたりすることで、体の血行が良くなって、気持ちをほぐすリラックス効果が期待できます。


こちらの記事もオススメ

まとめ

自己紹介と聞くともうそれだけで、「何を話そう」「ウケなければ」「本番で噛んだらどうしよう」など様々なプレッシャーが湧いてきますよね。
けれども自己紹介の目的は、上手にしゃべることではなく、その後の人間関係の構築をスムーズにすることです。
たとえ噛んでもスベッても、それをきっかけに周囲と打ち解けられればそれでいいのです。
等身大の自己紹介で、できるだけ多くの人に受け入れられて、有意義なインターンをスタートさせましょう。


関連記事