インターン後のお礼メールの書き方・送り方・例文をまとめて解説

カテゴリ

インターン後のお礼メールの書き方・送り方・例文をまとめて解説

インターンシップの終了後、「お礼メールで差をつけて、人事に自分をアピールしたい!」と考える人もいるでしょう。
でも、いざメールを書こうとすると、何をどう書くべきなのか悩んでしまうのではないでしょうか?
あるいは、人事の人とLINEやメッセンジャーでやりとりしてるけど、わざわざメールで送らないといけないの?そもそもお礼メールって必要?
などと、様々な疑問に頭を悩ませている人もいますよね。

今回は、インターンシップ後に就活生が担当者に送るお礼の気持ちの伝え方について解説します!

インターン後のお礼メールのメリットや重要性って?

お礼メールを出したとしても、選考に直接影響するとは限りません。
では、お礼を伝えることにはどのくらい意味があるのでしょう?
メリットを紹介しますので、送るべきか迷った時の参考にしてくださいね。

お礼メールはマナーの一環!

インターンの段階では、参加した学生が今後選考を希望してくれるかどうか、企業側にはまだわかりません。
それでも担当者は一生懸命に企画を練り、親身になって学生の面倒を見てくれます。
その努力に対し、感謝の気持ちを伝えるのは、ある意味、当然のマナーです。
担当者にしてみても、参加者からのお礼メールは大きな励みになるでしょう。

つまりインターンシップ後のお礼メールは、「お世話になった人にはお礼を言う」という、ごくごく当たり前のマナーなのです。


こちらの記事もオススメ

お礼メールは大切な「自己分析」!

また、お礼メールは「自己分析」の手段でもあります。
相手に何を伝えるべきか考えている内に、自然と次のようなことを再認識できるからです。

・どんな点に感謝しているのか
・このインターンシップでどんな影響を受け、どんな成果を得たのか
・インターンシップを終えた今、これからどうしようと考えているか

インターンシップ終了後、「あー、疲れた」で終わってしまう人と、この「振り返り」をきちんとした人とでは、その後の就活に大きな差が出ます。
なぜなら、きちんと「振り返り」をした人は、
「今後、その企業の選考を希望するつもりがあるか」
「今から勉強したり備えたりできることがないか」など、自分の進むべき道がはっきり見えてくるからです。

つまり、インターンシップの棚卸をして成果を自分に還元する意味でも、感謝の気持ちを言葉にすることは大切と言えます。

お礼メールは志望度の高さをアピールするチャンス!

インターンシップに参加して、「この企業はないな…」と思った学生は、そもそもお礼メールを出そうとは思わないでしょう。

でも、なんらかの感銘を受けたり、志望度が高まったりした場合には、ぜひともその旨をお礼メールでアピールしておきましょう。
もしかしたらその後の選考スケジュールを積極的に案内したりしてもらえたり、本選考の時に「あぁ、あの時丁寧なメールをくれた子だね」と人事に思い出してもらえたりするかもしれません。

たとえそこまでの効果は無くても、企業に良い印象を持ってもらうことはとても大切です。
就活が本格化する前からその企業に関心を持ち、インターンシップに参加して良い影響を受けたという点を、
心のこもったお礼メールで印象づけておきましょう。

いつ誰にどう送る?お礼メールの基本

なるべく早く送ろう

お礼メールはできるだけ早く送るのがマナーです。
できれば終了日当日か、翌日中には送信しましょう。
ただし、真夜中など、あまりにも非常識な時間帯は避けた方が無難です。

1DAY型などの短期インターンシップでは、わざわざお礼メールを出すのが大げさに感じられるかもしれません。
けれども、そう考えてお礼メールを手控える学生が多い中、きちんとお礼メールを出すことで企業側から印象に残りやすくなるでしょう。
志望度が高く、何か学びを得られたということであれば、たとえ短期のインターンシップでもお礼メールで気持ちを伝えることがおすすめです。

・送るのが遅れた場合は…
お礼メールを送るのが遅くなってしまったら、「今ごろ出しても大丈夫かな」と不安になりますよね。
この場合、参加したのが短期のインターンシップなら、無理をして送らなくてもいいかもしれません。
どうしても伝えたいことがある人だけ出せばいいでしょう。
中期から長期のインターンシップで色々とお世話になった場合は、たとえ数日の遅れがあっても出した方がいいと考えられます。
1週間も10日も日があいてしまった場合には、「今ごろ?」と思われてしまう可能性があるので、かえって出さない方がよいでしょう。


こちらの記事もオススメ

誰に送るべき?

お礼メールの目的は”感謝を伝える”ことなので、お世話になった方々に送りましょう。
例えば直接面倒を見てくれた先輩、その機会を作ってくれた採用担当の人など、状況によって誰にお礼を伝えたいかは変わってくるはずです。

やっぱりメールが一般的?LINEやメッセージで送るのは?

名刺などをいただいて相手のアドレスがわかっていれば、そこへ直接メールして問題ないでしょう。
事前にLINEやメッセンジャーなどでやりとりしていた場合は、その流れの中でお礼を伝えても問題ありません。
この場合は字数制限があるかもしれないので、送信文はメールよりも簡潔にしましょう。

これで完璧!お礼メールの正しい書き方・例文

お礼メールを含め、ビジネスメールには決まった様式があります。
テンプレートなどを利用して、著しく様式からはずれないようにしましょう。
必ず記載すべき項目は以下の通りです。

 1.簡潔な件名
 2.相手企業の企業名と、担当者の所属部署、役職、フルネーム
 3.挨拶と自己紹介
 4.インターンシップの感想や感謝、学んだこと
 5.今後に向けた想い
 6.結びの挨拶
 7.署名

下書きの段階で、漏れのないようによくチェックしましょう。

件名:インターンシップのお礼【〇〇大学××学部 山田花子】
〇〇株式会社
人事部採用課
主任 鈴木太郎様

お世話になっております。
〇〇大学の山田花子です。
このたびは貴社のインターンシップに参加させていただき、誠にありがとうございました。

実際に貴社の業務を経験してみて、お客様対応の難しさを実感いたしました。
そんな中、鈴木様には、言葉に詰まった時の対処法や、決してあきらめない姿勢など、プロとしての心構えと具体的なテクニックを教えていただき、とても勉強になりました。
貴重な機会を賜り、本当に感謝しています。
この先も、貴社のインターンシップで学んだことをしっかりと分析・吸収しながら就職活動に励んでいく所存です。

ご多忙の中、ご指導いただき、本当にありがとうございました。
末筆ながら、貴社の益々のご発展と皆様のご活躍をお祈り申し上げます。
今後ともよろしくお願い致します。
————————————————————
〇〇大学××学部
山田花子
電話番号:000-0000-0000
メールアドレス:×××@kicho-navi.jp
————————————————————

盛り込むべき内容は?
お礼メールでもっとも重要なのは本文の部分です。
ぜひとも伝えたいことを1つか2つに絞り、自分の言葉で素直に感謝や感動を伝えましょう。
テーマとしては、たとえば次のようなものが考えられます。

 1. 社員と関わる中で自分が成長した、学んだというエピソード
 2. インターンシップへの参加前と参加後で自分に訪れた変化
 3. その企業に対するイメージや思い入れの変化  

ただし、あまりこびたり、相手のご機嫌をとるような表現にならないように気をつけましょう。

1DAY、短期の場合
1DAYや短期のインターンシップの場合は、あまりに熱意のあるメールでは企業側も違和感を抱くかもしれません。
自分が学んだことや気づきがあったのなら、上記のようなテンプレートに頼らず、シンプルに自分の言葉で伝えましょう。

送る前にこれだけは確認しておこう!最終確認チェックリスト

最低限、これだけは確認してから送信ボタンを押しましょう。

①企業名や担当者名は正確か(㈱などの省略形はNG。株式会社が前後どちらかもチェックしましょう。)
②誤字脱字はないか
③適度に改行し、読みやすいリズムで書けているか
④テンプレートになっていないか、自分の言葉で書けているか
⑤自分の連絡先を記載したか

まとめ

社会人生活になじみのない学生にとって、インターンシップでは初めての経験も多かったことでしょう。
楽しかったこと、つらかったこと、驚いたこと、刺激を受けたこと、ひとつひとつ棚卸をしてみましょう。
そして1つでも「ありがとう」と言いたい思い出があれば、ぜひともお礼メールとして担当者に発信してみましょう。
自分自身の気持ちを整理する上でも、きっと役に立つはずです。


関連記事