fbpx

【インターン選考で落ちる学生の特徴と対策】落ちても入社できる?

【インターン選考で落ちる学生の特徴と対策】落ちても入社できる?

 この記事は2018年1月に公開した記事を一部リライトしたものです。

就活にむけて第一歩を踏み出そうとインターンシップに応募したものの、ことごとく選考に落ちてしまった・・・なんて悩みを抱えていませんか?
ショックを受ける気持ちもわかりますが、原因がわからないままでは、今後も選考に落ち続けてしまうかもしれません。

本選考が始まる頃には、すでにメンタルがボロボロなんて状況に陥ってしまっては元も子もありませんよね。
今回はインターンに落ちる人の特徴や落ちた人がやるべきこと、そして気になる本選考への影響についてを解説していきます。

インターンに落ちる人の特徴って?

ではさっそく、ありがちなインターンに落ちてしまう学生の特徴についてみていきましょう。
当てはまっていたら要注意。自分の行動を振り返ってみましょう。

「とりあえずインターン」という曖昧な志望理由

周りがやっているから、とりあえず何も動かないのは不安だから・・・という人は要注意です。
一歩踏み出した勇気は素晴らしいですが、当然、企業はインターンに対して意欲がある学生を取りたいと思っています。

そんな中で「とりあえず」といったような曖昧な志望動機では、他の学生と比較された結果、落とされてしまうのも納得できますよね。
人事の人は何人もインターン希望者を見るわけですから、適当な志望理由は簡単にばれてしまいますよ。

例えば、「その業界に少し興味があった」でも十分志望動機になります。
もちろん、「興味があったからです」だけでは説得力に欠けますから、今までの自分がどのような経験をしてきた結果、その業界に興味を持ったのかを深掘りし、志望動機にしていく必要はあります。

このように、自分がなぜ数多くある業界の中でその業界、その企業を選び、インターンをしようと思ったのか、パッと思いついたことを深掘りして自分の中の目的を探して見ましょう。

インターンの参加目的・意味と目標設定のポイント3つ

企業が求める人物像に合わない

多くの企業は、インターンの採用において「求める人物像」を設定しています。
この求める人物像は主にスキルと意欲で分けて考えることができます。
意欲は高いに超したことはありませんが、どんなスキルを求めているかは企業により様々です。

例えば、安定的な成長をし続けている中堅企業と、設立間もないベンチャー企業では、仕事の進め方や内容ももちろん違ってくるはずです。
仕事の進め方や内容が違えば、使うスキルが違うのも当たり前ですよね。

ちなみに、スキルをさらに細分化すると「相手の要望を汲み取る力」や「コミュニケーション力」などのヒューマンスキルと、「英語力」「PCスキル」などの実務スキルに分けられます。
細分化することで、どんなスキルが足りていないのかが視覚化できるかもしれません。
あなたが持っているスキルを短期で劇的に伸ばすことは難しいかもしれませんが、もし自分に足りていないかも、と感じた場合は、企業理解や志望意欲をアピールすることでカバーできることもありますよ。

また、「絶対ここがいい!」という企業がない場合は、そもそも自分の人物像に合う企業選びをしてみると、インターン自体もしやすく、自分の実力を発揮できるでしょう。

自己アピールできるエピソードが弱い

インターンの選考の中で自己アピールのエピソードが弱い学生は、受かることが難しいかもしれません。

中でも面接で聞かれることの多い、「学生時代に力を入れたことは何か」という質問。
学生時代をなんとなく過ごしてきた人は、深く聞かれた際に答えることができずに、選考落ちしてしまうでしょう。

社会人になって必要になる「目標を達成する力」は、すぐに身につけられるものではありません。
そのため、学生時代にどんな目標を掲げ、それに対してどう行動したかという経験を聞くことで、自社において活躍できる人材かどうかを判断しています。
これが伝わらない学生は、選考通過が難しくなってまう可能性が高くなってしまうのです。

しかし、海外留学経験や部長経験のようなエピソードがあれば選考に受かるかというとそういうわけではありません。
「自分の経験から、何を学んだのか。」ということを話せることが大切です。
つまり、エピソード自体はバイトのことであったり、サークル活動、委員会活動などのことでも充分他の学生と戦えます。
ちょっとしたことでも良いので目標を持って頑張った経験、そこから学んだことを話せるようにしておきましょう。

そのほかにも、意欲を伝えるために、自分が将来やりたいことと志望先企業のインターン内容に関連性があることや、第一志望であることを伝えるなど、積極的にアピールをしてみてください。

また、面接の際、「最後に何か質問はありますか?」と聞かれた時の質問内容からも、意欲はみられています。
「特にありません」と答えた場合、企業側は「この人は自分たちの企業に興味はないのかな?」と思われてしまう可能性があります。
面接前には、あらかじめ逆質問を用意しておくのがいいでしょう。

伝えることが苦手


いくら良い経験をしていたり、優秀であったとしても、それを伝える能力がなければ受かることは難しいでしょう。
慣れない面接に緊張してしどろもどろ、何を言いたいのかよくわからないといった状況の学生はそれがインターンに落ちてしまう原因かもしれません。
声が小さい、顔を見て話ができない、目が泳いでいる、自信がなさそうに見えるなど、面接での印象がよくない学生は、やはり他の学生と比較された結果、選考落ちしてしまうのです。

「優秀そう」「頑張ってくれそう」「素直そう」・・・など、あなたが思う「採用したいと思う人」はどんな印象を持っているか想像してみてください。
そんな人が

そんなこと言われても、面接は緊張してしまって本来の自分を出しきれない、という就活生もいるかと思います。
解決策の1つは、面接に慣れるということ。つまりは場数を踏むことです。

大学のキャリアセンターや就活サポート会社で模擬面接をやってもらったり、友人と面接練習などをしてみるのもおすすめです。
面接官役をすることで、新しい気づきがあるはずです。

また、一人で面接練習をしているところや、大学や友人と面接練習をしているところを動画撮影してみましょう。
第三者目線で自分の姿を見ることで、喋り方がわかるだけでなく、姿勢や視線など自分ではなかなか気づけなかったことに気付ける可能性があります。

何度練習しても一向に上手くならない。すでに面接前日で準備が間に合わない。なんて場合は、上記のことを意識しておくことはもちろんですが、何よりも笑顔を忘れないようにしましょう。
表情が笑顔であるだけで、活発で明るい印象を相手に与えることができます。
また、ポジティブな受け答えを意識すると、評価もよくなるでしょう。

面接前にはどんな質問をされるのか予想し、その答えを考えておくこともいいでしょう。
さらに、自分は何を伝えたいのかを明確にしておけば、予想していない質問が来ても落ち着いて答えることができますよ。
文章を丸々覚えてきて、ロボットと会話しているような印象を与えないように、注意してくださいね。

▼面接突破のコツが知りたい方は、こちらの記事もおすすめです。

就活の面接にコツってあるの?内定獲得のための面接対策はこれで完璧!

ネガティブ思考が顔に出ている

初めての面接で緊張したり、何度も選考で落ちる経験をした後だったりすると、ネガアティブ思考に陥ってしまう方も多いのではないでしょうか?
しかし、ネガティブ思考は意外と顔に出てしまうもの・・・。
もし、自分が面接官だとしたら「自信のありそうな明るい学生」と「自信のなさそうな暗い学生」なら、どちらをとりたいと思いますか?
おそらく、後者を選ぶ方はほぼいないかと思われます。

普段から表情が暗いと言われる人は、特に意識して笑顔を作るなど、普段から自然な笑顔の練習をしてみましょう。
もし、選考までに自然な笑みを作ることが間に合わなくても、「笑顔を作ろうとする姿勢」があるのとないのとでもかなり変わってきます。

自分は表情が暗いのかもしれない。と感じたら、とりあえず笑顔の練習から始めてみるといいかもしれませんね。

そもそも印象に残らない

インターンの応募者はたくさんいるわけですから、ありきたりな志望動機やありきたりなエピソードでは、面接官の印象に残らず、落ちてしまう可能性は高いです。
インターンも、本選考もとにかく印象に残ることが大切です。
自分はここが他と違うというポイントを些細なことでもいいので1つでも志望動機やエピソードに取り込むといいでしょう。
面接で話すエピソードは、慎重に選択していきましょう。

どうしても、印象的なエピソードがない場合は態度で印象に残るように努めましょう。
元気な挨拶や、綺麗な姿勢、面接中の明るい表情、ポジティブな返答など、意外とできていない就活生は多いものです。
突出したエピソードがない場合は、態度で他の就活生と差をつけ良い印象を面接官に残しましょう。

面接後にお礼メールを送るともう一度思い出してもらえるので、お礼メールを送るのもおすすめです。

こちらの記事もオススメ


選考フェーズ毎にチェック!インターンに受かるためにすべきことって?

書類選考のチェックポイント

書類選考で落ちてしまう要因は、ESが印象に残らなかったり、読みにくい文章だったり、エピソードが具体的でないことが挙げられます。

今一度、自分のESをチェックし、改善点を見つけていきましょう。

字は丁寧に書けているかどうか
字の上手い下手は気にせず、一字一字丁寧に書くことを心がけましょう。

誤字脱字はないか
誤字脱字があるだけで、書類全体のイメージダウンに。最終チェックをしっかり行いましょう。

書類の書き方は間違えていないか
履歴書やESの書き方は正しくできていますか?空欄もやる気を疑われてしまいます。

結論から書かれているかどうか
読みやすい文章にするには、大切なポイント。長々と結論が見えない文にならないように意識しましょう。

理解しやすい文章かどうか
主観的になると誰が、何を、なぜ、どうしたという点が抜けてしまうことがあります。誰が読んでも伝わる文章なのか、チェックしましょう。

エピソードは具体的に書かれているか
抽象的な表現は避けましょう。できれば具体的な数字を出し、定量的に表現することがおすすめです。

また、社会人や内定の決まった先輩が身近にいるなら、添削してもらうのもおすすめです。

他の人に添削してもらうことで、自分では見つけられなかった改善点が見えてくるかもしれませんよ。

エントリーシートの正しい資格の書き方をわかりやすく解説

面接でのチェックポイント

適切な身だしなみができていない
面接時の服装、髪型、髪色は大丈夫ですか?もう一度確認してみましょう。

面接マナーができていない
面接の際のマナーはできていますか?会場に着く時間や席につくタイミングなど、しっかりと頭にインプットしておきましょう。

笑顔がない
緊張して表情が硬くなっていませんか?笑顔とハキハキとした話し方ができるだけで評価はかなり変わります。

冒頭で伝えた「インターンで落ちる学生の特徴」に当てはまっていませんか?
もし自分はその特徴には当てはまっていない、と思ったとしても、客観的に見ると当てはまっているということもあります。

ESのように、他の人に意見を求めてみるのもいいかもしれません。

インターンの髪色は茶髪?黒髪?悪目立ちしない髪色・髪型を徹底解説

面接前に身だしなみチェック!ぬかりない就活女子の必携アイテム5選

グループディスカッションでのチェックポイント

グループディスカッションで落ちてしまう原因は、以下の原因が考えられます。

自分から意見をあまり出さず、周りの話に頷くだけだった
受け身な印象を与えてしまい、活躍してくれるイメージが湧かないと通過するのも難しいですよね。

相手の意見をむやみに批判した
もしあなたなら、一緒に働きたいとは思えませんよね。

根拠のない発言をした
思いつきのままに脈略のない発言してしまい、グループディスカッションの流れを乱してしまうとマイナスなイメージを与えてしまいます。

場を仕切ろうとして、周りの意見に耳を傾けなかった
焦りから無理やり話をまとめようとすると、ついやってしまいがちです。

以上のポイントをチェックしてみて当てはまるものがあったら、次回以降は意識して治すようにしましょう。

インターンに落ちるとその企業には就職できない?

とても気になるポイントかと思いますが、インターンの選考結果が本選考に影響することは考えにくいでしょう。
では、それはなぜでしょうか?

インターンは選考倍率が高い

本選考に比べると、インターンを実施してる企業はとても少ないのが現状。
そのため、インターンは募集人数自体が少なく、倍率も高くなる傾向にあるのです。
また、上位校ほどインターンを行なっている場合が多く、ライバルも本選考よりもレベルが高い場合が多いようです。

あくまで本選考がメインであるため、インターンの選考に落ちたからといって、落ち込み過ぎる必要はありません。

改善意識がなければ、落ちてしまうかも

しかし、「倍率が高かったから落ちただけか」と安心するのは禁物。
上記のように改善すべき点は改善しなければ、本選考でも落ちてしまう可能性はあります。

インターンに限らず、選考に落ちてしまったなら反省・改善を重ねていくことが大切です。

時期別、インターンの目的!


あなたが落ちてしまった、または受けようとしているインターンは夏のインターンでしょうか?冬のインターンでしょうか?
実は時期によってもインターンの意味合いが変わってきます。
また、もしまだ後々インターンに参加するチャンスがある場合はどんな意味合いのインターンなのか考えてESを書いてみるといいでしょう。

ただし、あくまで傾向であって企業によっては違う意味合いがある場合もあるので注意してください。

夏インターン(大学3年7〜8月)

どの業界でも一番インターンを行なっている時期です。
この時期のインターンの目的としては主に以下の三つが考えられます。
・学生に企業を宣伝する広告目的
・選考に直結しており優秀な学生を確保する(内々定を出す)目的
・学生の実力をみて選考の参考にする目的
見分け方としては、短期インターンなのか長期インターンか、インターンの内容はどのようなものなのか。という点をみるといいでしょう。
基本的には期間が長かったり、内容が実務に近いものである方が選考に大きく影響する可能性が高いです。
とはいえ、短期のものでほぼ説明会のようなインターンでも態度はみられているので気は抜かないようにしましょう。

秋インターン(大学3年9月〜10月)

夏に続きインターンが多い時期です。
また、授業が始まっている大学が多いため、短期のインターンも増えます。
長期と短期の意味合いは夏のインターン同様ですが、夏に比べ倍率が下がり、選考に影響する確率が高くなります。
夏のインターンに落ちてしまった場合は倍率の下がる秋のインターンにも応募してみるのがおすすめです。

冬のインターン(大学3年12月〜1月)

この時期のインターンは就活色が濃くなります。
インターンでの成果は選考に影響すると考えてほぼ間違い無いでしょう。
企業の説明会のようなインターンもありますが、参加すると早期選考に参加できるなどのメリットがある企業も多いです。
長期の場合はインターンで内々定をいただける可能性もあるので、参加する際はその仕事に関わるなんらかのスキルを身につけておくと良いでしょう。

春インターン(大学3年2月〜大学4年4月)

この時期のインターンは、ベンチャー企業や外資系企業が主です。
外資系、特にコンサルティングの企業は選考の一環としてインターンをすることが多いようです。
その他企業でも、選考間近のため、選考への影響は大きいと考えて良いでしょう。
面接だけでは自分の持ち味を伝えきれない!という場合は参加して損はないでしょう。

業界別、インターンの目的

企業によってはインターンを選考の一環と考えていたり、特別ルートを用意している企業や、まったくインターンと本選考を別に考えている企業があります。
一概には言えませんが、業界ごとによってインターンと本選考の関係によっての考え方の違いが分けられることが多いので、気になる業界はどう言った傾向があるのか知っておいて損はないでしょう。
ただし、その業界だからと言って全ての企業に当てはまるわけではない。ということは覚えておきましょう

総合商社

インターンへの参加から、どのくらい熱意があるのか。ということを確認していることが多いです。
インターンへの参加は、本選考に大きく影響すると考えてもいいでしょう。
また、優秀な人材の場合は、インターン中に引き抜きの可能性もあるので、インターンに参加できた場合は真面目な姿勢で精一杯取り組みましょう。

とは言え、インターンに参加できなかったら本選考は絶望的・・・。ということではありません。
インターンに参加できなかった場合は、参加できなかったぶん本選考では他の学生よりも熱意を見せられるよう対策していきましょう。
エントリーも、できるだけ早くすることで熱意をアピールしていきましょう。

外資系企業

外資系の企業では、インターンが選考の一部となっていることが多いです。
春あたりにあるインターンの場合はほぼ確実に選考だと考えてもいいでしょう。
また、面接で話していた強みが発揮できるかみられていることが多いため、面接で話す強みはしっかりと本番でもアピールできるものにしましょう。

また、外資系のインターンシップは選考の一部の場合が多いため、書類選考だけでなく筆記テストがあることも多いです。
しっかり対策をして選考に臨みましょう。

大手メーカー

大手メーカーでは会社の業務内容の理解や、PRを兼ねていることが多いです。
特に、そのメーカーの製品が生まれる過程などを理解しておき、自分のキャリアプランなどと結びつけるなど、業務理解を深めておくと本選考でも有利に働くことが多いでしょう。
もし、インターンに参加できなかった場合は、そのような学生たちがいることを理解し、インターンに参加できなかったぶん、その企業について理解を深めておきましょう。

広告

広告業界では、「優秀な学生を見つける」ことをインターンの目的としていることが多いです。
協調性だけではなく、クリエイティブな力をみられているので、自分の個性をしっかりと発揮できると良いでしょう。
また、インターンは「優秀な学生を見つける」ことが目的なので、インターンに参加できなくても挽回のチャンスはあります。
インターンに参加できなかった場合は、そのぶんインターンの期間を、志望企業の求める力をつける時間にあててみましょう。

金融

金融業界では、業界理解を目的としている場合が多いです。
業界理解をしてもらって、選考を受けてくれる学生を増やしたい。と考えているので、インターンに参加できるに越したことはありませんが、できなくても焦る必要はありません。
インターンに落ちてしまった場合は、インターンに参加した学生に負けないよう業界についてしっかり理解しておきましょう。

IT系・ベンチャー企業

ITやベンチャー企業の場合はアルバイトのようなインターンが多いです。
知名度向上や、優秀層の確保を目的としていることが多く、実務を経験してもらうことで社員になったらどのように学生が活躍するのかを確かめています。
そのため、長期のインターンも多く、インターン中に引き抜きの可能性もあります。
とは言え、IT企業であればインターンに参加できなくとも本選考で内定をいただける可能性は多いにあるようです。
ベンチャーは、採用人数も少ないため、できる限りインターンに参加した方が有利に働くでしょう。

インターンに行かない場合は・・・

全てのインターンに落ちてしまってインターンにいけない場合は、代わりに何か別のものに打ち込んで見ましょう。
インターンは行けるなら行けた方が学べるものは多いですが、インターンでなくても学べるものはあるはずです。
本選考の際に「なぜどの企業のインターンにも参加しなかったのか」と聞かれたとき、しっかりと理由となる経験があると返答にも困りませんし、何よりも「学生時代に頑張ったこと」に書く内容がない人もエピソードを作ることができます。
全ての企業のインターンに落ちてしまった場合はぜひ、別の打ち込めることを考えて見てください。

まとめ

インターン選考は受かるのがいいに越したことはありませんが、落ちてしまっても直接本選考には関係ないことがほとんどです。
もちろんインターンに落ちた企業の本選考に応募することも、問題はありませんので、落ち込む必要はないですよ。

一方で、インターンに落ちたのは何か理由があるはずです。
「倍率が高いから」だけで終わらせず、なぜ落ちてしまったのか原因を振り返ることで、本選考に活かしていきましょう。
第一志望企業から内定がもらえるようにがんばりましょう!


関連記事