fbpx

【インターンシップの探し方・選び方】自分にあう期間・企業って?

カテゴリ

【インターンシップの探し方・選び方】自分にあう期間・企業って?

 この記事は2017年10月に公開した記事を一部リライトしたものです。

インターンをはじめようと思っても、やりたいことも明確ではないし、そもそもどう探せばいいんだろう・・・と悩んでいませんか?
インターンの探し方や選び方は、人それぞれ。今回は、あなたに合ったインターンの探し方・選び方を徹底解説します。

そもそもインターンについて理解してる?


インターンを探す前に、インターンについて理解していますか?
あなたが探しているインターンはどんなインターンなのか、インターンについてもう一度確認してみましょう。

インターンに参加するメリットは?

インターンに参加するメリットは以下の通りです。

社会人と交流ができる
インターンをすると社会人と交流を持つようになります。
自分よりも経験豊富な社会人と接点を持つことで、大学の友達同士やアルバイト先だけでは得ることのできない知識や考えを学べるでしょう。

就職後に役立つスキルが身につく
企業にもよりますが、ベンチャーやスタートアップ企業は特に、高い裁量権を持って働くことができます。
先輩社員やマネージャークラスの人の前でプレゼンする機会が多い、なんてことも。
学生のうちから人前で話すことに慣れているとで、社会人として即戦力となるスキルを身につけることができますよ。

「働く」ということを肌で感じることができる
ひょっとしたら、これが1番の収穫かもしれません。
社会人と一緒に働くことにより、「働く」ということを実感することができます。
結果的に、業務への責任感はもちろんですが、「お金を稼ぐこと」の大変さや面白さ、やりがいがわかるようになるかもしれません。

短期インターンと長期インターン、どう違うの?

インターンは大きく分けると、短期と長期があります。
忙しい人は短期、時間をかけられる人は長期という選び方もありますが、そもそも短期と長期ではインターンの意味合いも変わってくるので、どういう意味合いなのか知った上で、短期にするか長期にするか選ぶと良いのではないでしょうか。

短期インターン
短期インターンはその名の通り、1dayや3daysなど1ヶ月未満の短期的におこなうものです。
最近では、会社説明会やセミナーのことを「短期インターン」と呼ぶ企業もあり、ワークショップやグループディスカッション、社内見学など自社PRに近いものが多くなっています。
その場合、企業側も学生への認知を目的としていることがほとんどで、時給が発生しないものが多いのも特徴のひとつです。

長期インターン
長期インターンは、数ヶ月から数年にわたって1ヶ月以上働くインターンです。
給料が発生するものが多く、ベンチャーやスタートアップ企業などでは不定期で採用をおこなっています。
短期との大きな違いは、裁量権の大きさと言えるでしょう。

プロジェクトに関わることができたり、メディアなどの運営を任されたり、実際に営業として働いたりと高い裁量権を持って働けることが多いです。
もちろん、その分責任もありますが、短期インターンではなかなかない成長機会を得られますよ。
また、企業によってはインターン中に内々定をいただけることもあります。志望企業が長期インターンを行なっている場合は挑戦してみると良いでしょう。

みんなどうやって探してる?インターン情報の探し方

先輩や友人からの紹介

既にインターンとして働いている先輩から紹介してもらう方法があります。
実際に働いている人からの情報は、1番安心もできますし、困った時にも相談がしやすいですよね。
また、企業側からしても知人の紹介ということで、採用してもらいやすいというメリットもあるかもしれません。

インターン募集サイトなどから探す

やはり情報量としてはネットが1番多く、色々なインターン情報を見てみたい!という人はネットで探すことがおすすめです。
実際にインターンの求人情報を探したい方は、こちらのサイトを参考にしてみてください。

マイナビ2019

大学のキャリアセンターで探す

数は少ないですが、大学のキャリアセンターにも、インターンの募集をかける企業もあります。
大学との繋がりが濃い企業も多く、サポートしてもらえるので安心です。
一度聞いてみるのもよいでしょう。

企業のホームページから探す

目当ての企業がある場合は、その企業のホームページも見てみましょう。
就活サイトには募集がなくても、その企業のホームページには募集が載っていることがあります。

気になる企業があれば直接問い合わせる

もし既に気になる企業があり、調べてもインターン情報がでてこなかった場合でも、諦めてはいけません。
直接問い合わせることで、受け入れてもらえる場合もありますし、意欲を伝えることもできますよ。

こちらの記事もオススメ


自分にあったインターンの見つけ方って?

目的がない人

インターン先を探す前に、インターンをする目的を明確にすることが大切です。
目的がないまま参加しても意味がありません。面接で話すネタをつくることが目的になっている場合も要注意。
面接で話すネタになるのは”目的をもって行動した結果やその経過”であり、インターンに参加したこと自体ではありませんよ。
例えばとにかくいろいろな業界について知りたいのであれば、短期のインターンに数多く参加したり、気になる職種がある場合はその職種のある企業のインターンにいくつか参加してみてもいいかもしれません。
気になっている企業があるのであれば、その企業の長期インターンに参加することで、企業の雰囲気や仕事内容への理解が深まります。

インターンの参加目的・意味と目標設定のポイント3つ

“働く”を体感したい人

実際に働くとはどんなことなのかを体感したいという人は、絶対的に長期インターンがおすすめです。
社員同等の扱いを受けるという厳しさもありますが、会社理解、仕事理解は圧倒的に深まります。
また、社会人として必要なスキルもいち早く身につけることができるでしょう。

●業界の絞り方は・・・
各業界ごとの色や特色を知り、自分が興味のある業界を知ることでインターン先を絞りましょう。
まずは、業界全体を広く・浅く把握をし、次に各業界の過去→現在までの動向や、今後どうなっていくのかについて調べていくのが効率の良いやり方です。

正しい業界研究のやり方って?コツを押さえて就活を成功させよう!

広く浅く、全体像を把握したい人

広く浅く色々な企業をみたい場合は短期インターンがおすすめです。
特に中堅規模や大企業では、1dayなどの短期インターンを実施していることが多いです。
短期インターンは、会社説明会のような位置付けとして開催しているのが特徴。
内容は薄くなりがちですが、短期であるからこそ複数のインターンに参加ができるので、やることがまだ決まっていない、色々見て決めたいなど企業研究の一環としてインターンに参加する場合は短期インターンで探すのが良いでしょう。
短期インターンの探し方は、情報量が多いナビサイトがおすすめです。

マイナビとリクナビを徹底比較!おすすめはどっち?

興味のある業界が決まっている人

「●●業界で働きたい」など、すでに興味のある業界が決まっている人もいるはずです。
その場合は、志望業界で絞ってできる限りインターンに参加して見ましょう。
長期と短期インターンの両方参加することで、仕事内容を体験しつつ、企業比較もできますよ。

広告やコンサルティングなどの人気業界は、応募者数も多く、採用されるだけでも結構大変。
晴れてインターンに合格すれば、ライバルと差をつけられるかもしれません。

【インターン選考で落ちる学生の特徴と対策】落ちても入社できる?

身につけたいスキルがある人

特に理系学生の場合は、専攻分野を活かした職種に就きたいという人もいますよね。
「将来は一流のシステムエンジニアとして活躍したい」、「営業という仕事を経験してみたい」などの経験してみたい仕事がある方は、職種軸で探しましょう。
知らない職種や、近年新しくできた職種もあるので調べて見ましょう。

●意外と知られていない職種、新しい職種例
・SEOエンジニア
・SNSマーケティング
・プロブロガー

自分の性格や思考に合わせて選びたい人

「月収◯◯万円以上」「年◯◯日以上の休暇」「業界トップクラス」など、収入、休暇日数、ブランド、知名度などにこだわって就職したいという人は大手企業が1番無難です。
よって大手企業でのインターンをして、内情を知るのがおすすめです。
大手企業は受け入れ体制も整っていることが多く、様々なノウハウを学ぶことができるでしょう。
ただし、学歴重視やスキル重視の企業もなかにはあるため非常に倍率が高く、選考になかなか通りづらいこともあるので注意が必要です。

一方、自分で自由に動きたいという思考の人や、稼ぐ力をつけたいという思考の人は、ベンチャー企業やスタートアップ企業でのインターンがおすすめです。
「主要サービスのLP作成に携わり、○%の集客の向上に貢献しました」「広告運用業務をメインにおこない、◯百万円の売上アップに貢献しました」といったスキルは、就活でのアピールポイントになりますし、即戦力として見てもらえることもあるでしょう。

勤務地や勤務条件から探す場合

学生のうちは学業との両立もできることが重要ですよね。
その場合は、大学や自宅の最寄駅から近いなどの通勤の楽さや、土日のみや週2回程度でも勤務可能など、勤務条件から探すことがおすすめです。
自分のライフスタイルにあっている方が、長く続けやすくなりますよ。

好きなものから選んでみる場合

特に気になる業界も企業もない場合は、好きなものから仕事を探すのもありです。
例えば、
音楽→歌、楽器、BGM、PV→作曲、録音機材、演出、プロデューサー、CDショップ
など好きなものから、それに関わる仕事を連想してみましょう。
少しでも気になる仕事があったら、調べてみたりインターンに参加してみるのがおすすめです。

参加したい企業が決まったら

インターン参加の流れ

インターンに行きたい企業が決まったらまずはエントリーをしましょう!
長期の場合は1、2社。短期の場合は4、5社エントリーしている人が多いようです。
もちろんもっと多くても、少なくても、自分のスケジュールに合わせて選んでみましょう
インターン参加の流れは以下の通りです。

エントリー(プレエントリーではなく本エントリー)


書類選考


面接(企業により回数は異なる)


インターン参加

インターンシップのエントリーって?種類・流れ・マナーはこれで完璧

インターンの選考を通るには

自分にあったインターンシップを見つけても、参加できなければ悲しいですよね。
インターンシップは本選考よりも倍率が高い場合がほとんどです。
まずは、選考に向けてしっかり対策をし、希望企業のインターンに参加しましょう。

【インターン選考で落ちる学生の特徴と対策】落ちても入社できる?

インターンシップで使えるメールの書き方・例文・マナーまとめ

こんなインターンには気をつけて

タダ働きインターン

インターンは無給、有給どちらもあり、無給であるからこのインターンは危険だ!ということにはなりませんが、人や人件費が足りていないためにインターン生を呼んで、タダ働きさせる企業もあります。
インターン生としても、見分けは難しいかもしれませんが、少しでも違和感を感じたら周りに相談しましょう。
周りに相談しにくい場合は、こちらのラインでも相談を受け付けていますよ。
▼ チャットで気軽に就活相談!キチョナビLINE@の友達登録はこちら ▼
友だち追加

囲い込みインターン

あなたの働きが良い場合は、インターン先の企業もあなたのことを欲しがることでしょう。
それ自体は問題ないのですが、インターン生の意志を確認せず、飲み会にたくさん参加させたり、多くの仕事を任せたりなど、辞退しにくい雰囲気を作られる場合があります。
この場合、企業側としても悪気はなく純粋にあなたが欲しいゆえの行動の可能性がほとんどです。
その企業に就職したいのであればそれで良いですが、その気がないようであれば、早めに企業にその旨を伝えましょう。

とにかく優しいインターン

何をしても褒められて、すごく自分を評価してくれるインターンも実は危険です。
本当にあなたの実直を認めているからこその場合は問題ありませんが、インターン生をお客様としてみているからこその優しい対応であった場合、その対応から入社を決めると、就職後ギャップを感じるでしょう。
仕事内容はそんなに惹かれないけど、社員さんが優しそうだから。という理由で入社を考えている人は注意が必要です。

海外のインターンシップに興味がある場合

海外のインターンシップに参加してみたいという学生も多いのではないでしょうか?
海外インターンの場合は、エージェントを通すか自分で全て行うかの2パターンがあります。
エージェントを利用する場合は、高額なお金がかかる代わりにある程度信頼の置けるインターン先を用意してくれます。
自分で全て行う場合は、現地での責任も全て自分です。
海外経験がなく、言語にも不安があるようでしたらエージェントを通した方が安心できるのではないでしょうか.

海外インターンシップの探し方

エージェントを利用せず、自分で探す場合は、主に2パターンの探し方があります。

 ①友達に紹介してもらう
友人に海外インターンを経験した人がいる場合は、友人に紹介してもらうのもいいでしょう。
友人が経験しているため、どのような企業なのか、どのようなことをするのかなど、疑問点も解消しやすいメリットがあります。

②インターネットで検索する
どの国でどのような職種のインターンがしたいのか、または、どの企業でインターンがしたいのか決まったらネットで検索してみるのもおすすめです。
ただ漠然と「海外でインターンがしてみたい」だけで調べてしまうと、莫大な量のインターンがあり選びきれない可能性が多いにあるため、ある程度決まってから探すのが良いでしょう。

まとめ

最近はインターンといっても色々なタイプのものがあり、何をしたらいいか迷うことも多いですよね。
そんな時は、興味のある業界、スキルを得られる会社、裁量権を持って働ける会社など、自分の目的や思考に合わせて選ぶことがおすすめです。
自分に合ったインターン先を見つけて、将来やりたいことを見つけるキッカケにつながるといいですね。


関連記事