fbpx

他人とは違う道が早期内定の秘訣!?私のマル秘就活テク〜内定者インタビューVol.2〜

カテゴリ

他人とは違う道が早期内定の秘訣!?私のマル秘就活テク〜内定者インタビューVol.2〜



こんにちは!DiGインターン生の麦嶋です!
友人との会話の中で、就活が辛くて仕方がなかったという人もいれば、楽しかったという人もいます。
就活がしんどくなかった人なんて本当にいるの?その人の就活がうまくいった秘訣を知りたい!そう思ったので、今回は、早期に内定を獲得しその企業で働くことを決めた布施さんにインタビューさせていただきました。

第一回 内定者インタビュー はこちらです!
挫折からの逆転劇!?私がベンチャー企業に決めた理由


布施さん
法政大学、2019卒。IT系ベンチャー企業から内定を獲得。
中小企業や、ベンチャー企業について学ぶゼミで、ベンチャー企業に興味を持つ。
自己分析をする中で自分にはベンチャー企業があっていると確信、そのまま見事内定をゲットした。

ゼミで興味を持った「ベンチャー企業」。自分にあっていると確信したワケ

麦嶋
「布施さんはどんな学生生活を送っていましたか。」

布施
「ゼミを真剣に取り組んでました。中小企業やベンチャー企業を学ぶゼミに入って、難しいと思っていたビジネスモデルも面白いと思うようになったんです。
それがきっかけでベンチャー企業に興味を持ちました。

就活を始めた時にキャリアアドバイザーさんと面談したのですが、そこで自己分析を手伝ってもらい、やっぱり自分にはベンチャー企業があっていると確信をもてたんです。」

麦嶋
「布施さんのどういったところがベンチャー企業向きだったのですか。」

布施
自分がやりたいことに挑戦したい性格なので、裁量権のある方が合っていると思いました。
あと、何かをするのに一人よりもチームでやる方が好きだからです。
ベンチャー企業は規模感が小さい分、皆さんの顔も名前もよく知ってるので、その中で仕事ができるというのはやりがいがあると思いました。」

ラフな気持ちで、効率の良い就活を

麦嶋
「最初から最後までスムーズに就活を進めてこられた印象の布施さんですが、その秘訣はどんなところにあると思いますか?」

布施
「自分を知ることだと思います。初めてキャリアアドバイザーと会ったときには、深く自己分析をしてもらいました。学生生活や好きなこと等、自分の人生を思い返していきました。
自分で自己分析をやっていたときは、仕事や自分がしたいことまで考えなくてはならないと思って難しく感じていたんです。
そうではなく、自分のことをこんなにラフに考えていいんだ!って、新しい発見をさせてもらいました。

自分のことを知れてからは、自分にあう企業がなんとなくわかるようになりました。
就活イベントにたくさん参加して、いろんな企業のお話を聞きながらどんな業界にいきたいのかを考えて、さらにその業界に企業を紹介してもらうといった風に進めていきました。
一度に何社も聞けるイベントへの参加は、時間を有効的に使うコツだと思います。」

不安なときは他人に頼って。ポジティブに思考転換

麦嶋
「キャリアアドバイザーにはどんな相談をしていましたか?」

布施
「実は毎回落ち込みながら相談に来ていたんです。
自分に自信がなくなっていたり、就職できるのかなとか、周りと比べて自分のやっていることをは合っているのかな、とか。そういった漠然とした悩みや不安を打ち明けました。
そういった不安は自分一人で考えていても解決できなかったんですが、
来るたびにキャリアアドバイザーさんがプラスな言葉をたくさんかけてくれて、ポジティブに思考転換してもらっていました。
周りに合わせなくても、自分に合ったやり方で大丈夫なんだということもわかりました。

明るさをもらったり、プラス思考な言葉をかけてもらえたのが毎回嬉しかったです。
帰るときには「よし、就活頑張ろう。」って思えました。月に1、2回キャリアアドバイザーさんに会うタイミングがあったので、辛い時にもまた頑張り直せました。」

やりたいことは未だわからない。だからこそ、経験ができる環境を選択

麦嶋
「イベントや説明会に参加しながら、やりたいことはみつかりましたか」

布施
「やりたいことは未だに明確ではありません。
だからこそ内定先の、“やりたいことが明確でない中でいろいろな事ができる”というお話をすごく面白いなと感じました。
ベンチャー企業なので、何をやるとか決まっていないし、決まっていたとしてもこれからどんどん変わっていく。
そんな中でたくさん経験しながら、やりたいことが見つけられるといいなと思って、 そんな環境がある今の企業に入社を決めました。」

麦嶋
「3月と4月にそれぞれ内定をいただいたとお聞きしたのですが、迷いませんでしたか。」

布施
「ものすごく迷いました。何をやりたいかが明確でない中で、いろんな経験ができるのはどっちだろう、自分が動いた分、身になるのはどっちだろうと考えて、内定先のほうが可能性があると思いました。
内定先は穏やかな人も多くて、社長さんのお話が社員さんにまで浸透していて、皆が同じ志をもっているところが良いなと感じました。
お話する中で、正直仕事量が多いとは感じましたが、若いうちにいろいろ経験しておきたいなと思っているのであまり気にしてないです。」

自分らしい就活で早期内定をゲット

布施
「ゼミの中では内定が1番早く決まりました。
有名企業や大企業に視野が狭まっていた子が多くて、困っていたようでした。
周りから就活どんな感じだったのか教えてほしいと言われたりしました。」

麦嶋
「布施さんの就活は比較的順調だったのですね。改めて、うまくいった理由は何だと思いますか。」

布施
「そうですね。いっぱいいっぱいになって何もできないといったことはありませんでした。

うまくいったのは、プレッシャーを感じずに就活できる環境があったからだと思います。
生きていく道はいろいろあるし、生きていく中で見つけられるものもあるかもしれない、というように考えています。
母も好きなようにしなさいと見守ってくれました。周りの優しさに救われたと思います。」

布施さんから就活生にメッセージ

麦嶋
「最後に就活生にメッセージをお願いします。」

布施
「就活のコツは頑張りすぎないことだと思います。
私は友達と飲みにいったり散歩したりと、息抜きをすることで気持ちの切り替えをしていました。そうすることで、帰ってからまた就活のことを考えることができました。

将来を考えられる時間は就活中だけだと思うので、やっている最中にはしんどくても、終わってからいっぱい考えたことが糧になったと思えるので、頑張ってください。」

インタビューを振り返って

早くからベンチャー企業に絞って就活をしていた布施さんですが、それからブレずに就活を成功に収められたのは、就活を始める段階で自分をしっかりと見つめられていたからだと思います。
順風満帆な就活にはやっぱり自己分析が不可欠なんですね。
人に相談したり息抜きをしたりすることで気持ちの切り替えをすることも大切だと教えていただきました。

こちらの記事もオススメ


布施さんが利用した就活支援会社は・・・

業界研究、企業研究、自己分析・・・就活はやることがたくさん。
効率よく就活を進めたい、そんな時は就活のプロに相談しましょう。



DiG UP(ディグアップ)は、ひとりひとりに合わせた親身なサポートが評判の就活サポート会社です。


関連記事