内定保留の仕方〜適切な電話・メール例文や期間〜

内定保留の仕方〜適切な電話・メール例文や期間〜

第一志望の企業よりも先に他社から内定が出た場合や、内定をもらっても素直に喜べない場合、「内定を少しの期間保留にしてもらう」という選択肢もあります。
その場合、どのように企業に伝えたらいいのか、イメージは悪くならないか、内定保留という選択肢について確認して行きましょう。

内定保留のリスクと印象

内定は保留にしてもいいの?

複数の企業の採用試験を受けていて、一社から内定をもらったけれど、他社の結果が判明するまで返事を待ちたい。
そんな時に相手企業に意思決定の返答を待ってもらう(=回答期限を延ばす)ことを「内定保留」と言います。

ほとんどの企業の場合、内定を保留することに対応してくれますが、「入社意思が薄いのでは?」などと思われることも多く、企業としての印象はあまり良いものではありません。
もし自分自身が希望の企業に納得して入るために内定保留を行いたいのであれば、

できる限り内定保留は行わない(本当に必要かを今一度考える)
保留するなら短い期間とする
連絡を確実に行う

といった点をよく確認してからにしましょう。

内定を保留にすることでのリスクとは?

内定保留をするリスクとしては、「志望度薄い」「入社意欲が低い」のではないか?と相手企業に思われてしまうことです。
内定=入社決定ではないため、就活生側に選択権がありますが、企業からも強引に内定を取り消しされるケースもあります。
これらのリスクも認識をした上で、内定保留をするべきか検討しましょう。

期間はどのくらい?


内定保留をする際にはこちらから「○月○日まで」と返答期限を伝えるのがマナーです。
一般的には1週間前後ですが、交渉次第では内定式前日まで待ってもらえることもあるようです。
逆に返答期限を設定しないと、先方の都合で「いついつまでに」と指定されてしまうことがあります。
そうなると思うように検討ができなくなってしまうため、返答期限は自分から設定・提案しましょう。

一度返答期限を設定したら、その期限を守るのもマナーです。
短く設定しすぎて、他の選考が終わる前に判断しなければならなくなったら意味がありません。
どれくらい返答期限を設けるべきか、十分に検討しましょう。

なお、返答期限が1週間以内であれば「家族(身内)との最終的な確認をとってから」という理由でも通じますが、それ以上の期間を待ってもらうのであれば、他に検討している企業があることを正直に伝えた方が良いでしょう。
ただしその場合は内定取消しのリスクがあることも承知しておいてください。

内定保留の連絡の仕方

電話の場合

企業から内定連絡が来たら早急に連絡をとりましょう。
電話の場合は、相手の迷惑にならない時間帯を選びます。
通常は出勤直後・退勤直前・お昼時を除いた日中に行います。

もし携帯電話から連絡をとるのであれば、電波が切れたり音声が聞こえづらくなることがないように、電波の良い静かな場所を選びましょう。

電話をする際には「申し訳ない」という気持ちが伝わるよう心がけてください。

また内定保留の連絡は直接担当者に行いましょう。
担当者が不在の場合には、要件のみを伝えて改めてかけ直すことを伝言してもらってください。
担当者がいつ頃戻るか?いつ頃電話したら大丈夫か?も聞けるとなお良いでしょう。

電話での例文

お世話になっております。○○大学の山田太郎と申します。
先日は内定のご連絡をいただき、誠にありがとうございました。
高い評価を御社からいただくことができ、とても感謝しております。
いますぐにでもお返事させていただきたいのですが、両親が詳細な話を聞きたいと申しております。
できれば両親にも納得してもらった上で御社にお世話になりたいと思いますので、一旦帰省して状況報告をしたのち、正式にお返事させていただけないでしょうか。
つきましては、内定のお返事を(約1週間後の)○月○日まで待っていただいてもよろしいでしょうか。

 

メールの場合

いろいろな事情で内定保留の連絡がすぐ電話で行えない場合、まずはメールを送りましょう。
また電話での連絡を行った後も、改めてメールを送っておくと良いでしょう。日付などを正確に相手に伝えることができます。

メールの例文

件名:内定保留のご連絡 ○○大学 山田太郎
本文:
○○株式会社 人事部
採用担当 ○○様(不明の場合は採用担当様)

お世話になっております。
○○大学の山田太郎と申します。

先日は内定のご連絡を頂き、誠にありがとうございました。
貴社より高い評価をいただくことができ大変感謝しております。

入社のお返事に関してですが、大変申し訳ございませんが、○月○日までお待ちいただくことは可能でしょうか。
現在、他にも選考試験中の企業があり、そちらの選考が○月○日に終了する予定です。
貴社への入社を前向きに検討しておりますが、これからの人生に関わる大きな決断となりますので、しっかりと検討した上で判断させていただきたく考えております。

ご多忙の中、貴社にご迷惑をおかけすることとなり大変申し訳ございませんが、ご理解いただければ幸いです。

何卒よろしくお願いいたします。

○○大学 山田太郎
電話:000-0000-0000
メール:aaa@bbbbb

 

オワハラにあったらどうする?


内定の通知をした後、就活生にこれ以上の就活をしないように迫る「オワハラ」を行ってくる企業も実際に存在しています。
もしあなたがオワハラを受けた場合、どうすべきでしょうか。
まずオワハラにはいくつかの種類があります。

①交渉系
「就活を止めてくれるなら、内定を出す」

②強迫系
「内定を辞退したら、お宅の大学からは今後内定者を出さないよ」

③同情・罪悪感系
「ご飯おごったし、きてくれるよね?」

④束縛系
内定直後に長期間の研修や旅行で内定者を拘束して、他社への就活を行わせない

もしオワハラにあった場合には、

内定承諾する
内定辞退する

の2つのいずれかを選びます。

●とりあえず内定承諾する
内定を承諾しても、その後に別の企業に内定した時は、前者の内定を辞退することができます。
これは民法で規定されている「労働者側からの労働契約解約の自由」として認められている権利です。

もしオワハラを嫌って内定辞退してしまった場合、その後に他社の内定がとれなければ就職浪人となってしまいます。
いろいろと採用担当ともめた末に入社するよりも、内定承諾してしまった方が、入社後の活動もしやすいです。

別の会社の内定をとる自信がない場合や、オワハラの程度が小さいものであればこちらを選んでみてはいかがでしょうか。

●内定辞退する
強迫に近い形でオワハラを迫ってくるような企業では、入社後の応対も不安になりますね。
上司から理不尽な要求をされる可能性もあります。

もしそのような不信感が拭えないのであれば、内定辞退も考えてよいでしょう。
ただしすでに他の企業から内定をもらっていたり、今後内定をもらえる自信がある場合に限った方がよいかもしれません。

こちらの記事もオススメ


保留後の対応マナー

内定承諾する場合

他社の状況がわかり、内定承諾をすることを(よく検討して)決めたら、早急に連絡をとりましょう。
可能であれば電話で直接連絡しますが、担当者が不在だったり、夜や休日などすぐに連絡がとれない場合は、まずはメールにて連絡を行います。
電話をする時間帯は、出社直後、退社直前、お昼時を避けるとよいでしょう。

電話での例文

お世話になっております。○○大学の山田太郎と申します。

内定の回答の件、お待たせしており大変申し訳ございません。
先日ご連絡いただきました内定の件ですが、御社に入社させていただきたく思います。

入社後は、1日も早く御社に貢献できるように努力してまいりますので、これからも何卒よろしくお願いいたします。

 

メール例

件名:内定承諾のご連絡 ○○大学 山田太郎

本文:
○○株式会社 人事部
採用担当 ○○様(不明の場合は採用担当様)

お世話になっております。
○○大学の山田太郎と申します。

(担当者不在の場合)先ほどお電話させていただきましたが、ご不在とのことでしたので、メールにて失礼いたします。

お待たせしており大変申し訳ございません。
先日ご連絡いただきました内定の件に関しまして、貴社にて入社させていただきたく思います。

入社後は、1日も早く貴社に貢献できるように努力してまいりますので、これからも何卒よろしくお願いいたします。

○○大学 山田太郎
電話:000-0000-0000
メール:aaa@bbbbb

 

内定を辞退する場合

他社の結果をうけて、内定辞退をする場合には相手に失礼がないよう気をつけて連絡を行いましょう。

電話での例文

お世話になっております。○○大学の山田太郎と申します。

内定の回答の件、お待たせしており大変申し訳ございません。
先日ご連絡いただきました内定の件ですが、この度は内定を辞退させていただきたく、ご連絡いたしました。

今後の私が進みたい道をもう一度熟考し、他社のお話も伺ったところ、そちらの企業とのご縁を感じ、入社させていただくことに決めました。

本来であれば、直接お伺いしておわびしなければいけないところですが、取り急ぎお電話にて連絡させていただきました。
これまでご丁寧な対応をいただいたにもかかわらず、ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。

何卒よろしくお願いいたします。

 

メール例

件名:内定辞退のご連絡 ○○大学 山田太郎

本文:
○○株式会社 人事部
採用担当 ○○様(不明の場合は採用担当様)

お世話になっております。
○○大学の山田太郎と申します。

(担当者不在の場合)先ほどお電話させていただきましたが、ご不在とのことでしたので、メールにて失礼いたします。

内定の回答の件、お待たせしており大変申し訳ございません。
先日ご連絡いただきました内定の件に関しまして、改めて検討させていただいたのですが、この度は内定を辞退させていただきたく、ご連絡いたしました。

これまで貴重なお時間を割いていただいたにもかかわらず、このようなご連絡となりましたこと、大変心苦しく感じております。
本来であれば、直接お伺いしておわびしなければいけないところですが、取り急ぎメールでの連絡させていただきます。
(担当者名)様をはじめ、採用試験期間中、試験や面接を担当いただいたみなさまには大変感謝しております。本当にありがとうございました。

最後になりますが、貴社の益々の発展を心よりお祈り申し上げます。

○○大学 山田太郎
電話:000-0000-0000
メール:aaa@bbbbb

 

保留にする前に

不安要素がある場合は質問をしてみよう


入社後のことも考えると、内定保留はできるだけしない方がよいと思われます。
ですので、保留の連絡をする前に、もう一度じっくり考えてみましょう。

何か不安や不満を感じているのであれば、担当者に質問してみることもありです。
内定を保留したり辞退してはいけない、という強迫観念から無理に内定を受け入れても、入社後にわだかまりを残してしまいます。

聞きたいことを聞いてすっきりした状態で入社を決めましょう。
もし質問してもまだ解消されない不安があるのであれば、内定保留をして他の会社も検討してみてはいかがでしょうか。

なぜその会社を志望したのか思い出そう

保留を判断するときには、まずなぜその会社を志望したのか、就活を始めた最初の頃の気持ちも思い出してみましょう。
いろいろな企業を同時に受験していると、それぞれの企業間の違いばかりが気になってしまい、「なぜその企業なのか?」というそもそもな部分を忘れてしまいがちです。
もう一度、なぜその企業に入りたいと考えたのかを整理することで、内定を承諾するかどうかの思いも整理されるかもしれません。

もっと気になる会社があるのか考えてみよう

内定を保留したいと思うのは、他に気になる企業があることが多いですね。

なぜその企業なのか?
その企業から内定をもらえる手応えは?
内定をもらえた企業と比べて何が違うのか?

といったポイントを整理して、内定を保留してでもそちらの企業を狙うべきなのか考えてみましょう。

まとめ

売り手市場と言われている現在の就活市場では、就活生が「内定保留」を行うケースが増えてきています。
逆に言えば企業からすると「内定保留」されることは大きな不安要素です。
せっかく内定を出したのに断られてしまったら、また採用活動を続けなければいけません。

したがって「内定保留」に対して採用を行っている企業はあまりよい印象を持っていないことを把握しておきましょう。
その上で、内定保留を行うべきか検討してください。

また採用試験の日程の関係で、第一志望の企業より、第二志望の企業から先に内定の連絡がくることも考えられます。

そのような場合に備えて、相手企業に失礼にあたることなく、万が一の場合にはスムーズに第二志望の企業に入社できるよう、内定保留・内定承諾のやりとりについてあらかじめ勉強・準備しておくことをおすすめします。


関連記事