面接でノックの回数は2回?3回?入室時のマナーまで一挙公開

面接でノックの回数は2回?3回?入室時のマナーまで一挙公開

面接の部屋に入室するときは、緊張も最高潮になりますよね。
最初からガチガチに緊張してしまっていては、そのあとの面接もなかなかうまくいきません。

面接を成功させるには、何より最初が肝心。面接官と顔を合わせる前から面接は始まっているのです。

今回は面接時の正しいノックの回数から、入室時のマナーについて解説していきます。
意外と就活生の間でも、回数があいまいになっているドアノック。
入室前のドアノックの回数に悩んでしまってなかなか入室できない、入室したはいいけどノックの回数があっていたのか不安で面接に集中できない・・・
なんてことがないように、しっかりと基本を押さえていきましょう。

就活における正しいドアノックの回数は?

「あれ?ドアって何回ノックしたらいいんだっけ?」と、いざ面接を目前にすると困惑することもありますよね。
実は他の就活生の間でも、ノックの回数は2回?3回?4回?と曖昧になっているようです。自分もあいまいだからといって心配する必要はありません。
今この場で覚え、本番で恥をかかないようにしましょう。

就活では3回が一般的

ノックに関して様々な意見があり、どれが正解なのか判断が難しいところ。
しかし、実は「プロトコール・マナー」という世界共通ルールが存在し、ノック回数についてもそこで定められています。

日本では、「国際儀礼」や「世界基準マナー」と訳されるプロトコールマナーですが、そこでは、初めて訪れた場所や礼儀が必要な相手には4回以上のノックがマナーとされています。
これを聞いて、「4回って多くない?」と思った就活生もいるかもしれません。実際に、その違和感は正しいです。

なぜかというと、日本での数多くの社会人は、「入室をするときのノックの回数=3回」という共通認識を持っているからです。
本来であれば4回がマナーとされていますが、このように省略をして問題がない場合がほとんどなのです。
逆に、面接においてノックを4回以すると、となるとかしこまりすぎているような印象を与えてしまうかもしれませんね。

このことから就活マナーとしてのノックの回数は3回と覚えておくと良いでしょう。

入室のノックは面接結果に影響するの・・・?

気になるのは、「入室時のドアノックが面接結果に影響を及ぼすかどうか」ということですよね。
押さえておくべき点は、2回以下は悪影響を及ぼす可能性があるということです。

一般的に、2回以下のノックは、空室確認の意があるとされています。
部屋に面接官がいることがわかっているのに「空いていますか?」と確認するのは失礼だと感じる面接官も中にはいるでしょう。
中には、ノックの回数に問題があり減点したという事例もあるため、ノックは3回と頭に入れておきましょう。

しかし、重要なのはあくまで面接の内容。しっかりと会話をして、あなた自身を知ってもらうことが何よりも大切です。
ノックばかりに気を取られて、頭が真っ白なんてことがないように、しっかりと準備を進めておきましょうね。

これだけは押さえておきたい入室マナー

ではここで、入室時のマナーもチェックしていきましょう。

1. ノックを3回し、返事が聞こえたら「失礼します」と扉を開けて入室。
このとき、ノックを叩く音の大きさにも注意しましょう。あまり勢いよく大きな音でノックすると、攻撃的な印象を与えてしまうかもしれません。
緊張しすぎず、面接官は一緒に働く仲間という心意気で元気よく「失礼します」と挨拶をしましょう。

2. 入室したら必ず体ごとドアの方に振り返り静かに扉を閉めます。
3. その場で面接官の方に向き直し、「失礼します」と一礼。
4. イスの左側まで歩き、「〇〇大学の〇〇と申します。本日はよろしくお願いいたします。」といい一礼する。
5. 面接官に「おかけください」と言われたら、「失礼いたします」と言い着席します。

▼動画でわかりやすくチェックできます

就活chさん(@shukatsu_channel)がシェアした投稿

●就活生がやりがちなNGポイント
・「失礼します」の声が小さく聞こえない。
・ドアを閉まる前にドアから手を話してしまい、大きな音を立ててしまう。
・「お座りください」と言われる前に勝手に椅子に座ってしまう。

以上のポイントは本当によくやりがちなNGポイントです。マナーがなっていないと思われないように意識をしていきましょう。

こちらの記事もオススメ


面接の心得

日頃から面接対策を行う!

面接官に何を聞かれても落ち着いて答えられるように面接の準備はしっかりと行いましょう。

自己分析や企業研究が一通り終わったら、志望先企業の面接情報を集めることも良いでしょう。
過去にその企業の面接を受けた経験がある先輩から話を聞いたり、大学の就職課で情報を収集することもおすすめです。
その情報を元に友達や家族など周りの人に面接相手をお願いし、練習を繰り返しましょう。

数をこなすことにより、面接の雰囲気に慣れ、当日も気持ちにゆとりができますよ。

就活の面接にコツってあるの?内定獲得のための面接対策はこれで完璧!

気取らずいつもの自分で!

面接で良い自分を見せようとつい飾ってしまいがちですが、そうすると本来のあなたが伝わらなくなってしまいます。
面接は相互理解の場であると考えて、ありのままの自分を面接官に表現しましょう。

挨拶は大きな声で元気よく!

挨拶の仕方でその人の印象が変わります。気持ちと面接先の会社に対する熱意のこもった挨拶をしましょう。
会社の建物に入った瞬間から面接が始まっているも同然です。社内ですれ違う全ての人にもできるだけ挨拶することを心掛けましょう。

面接は会話を楽しもう!


面接練習でやったことを丸々暗記してそのまま話そうとすると、面接官に思いが伝わらず、興味も持ってもらえません。
自分の入社したい憧れの会社の社員さんに自分のことを聞いてもらえるチャンスだと思い、面接官と楽しく会話をしましょう。

まとめ

入室は、面接のたった一部に過ぎないかもしれませんが、実はその先の印象を左右するとても重要なポイントです。
最初が良ければ、良い結果にも繋がるかもしれません。

面接時に正しいドアノックで開いた扉の向こう側には明るい未来も待っているはずです。
今回、学んだ正しい立ち居振る舞いで「おっ!」と面接官を魅了させ、同時に夢の扉を開きましょう。


関連記事