fbpx

内定がもらえない原因は?落ちる人の12の特徴と受かる人の共通点

カテゴリ

内定がもらえない原因は?落ちる人の12の特徴と受かる人の共通点

なかなか内定が決まらない人は、そもそもなぜ自分の何がダメで内定がもらえないのかが分かっていないことが多いようです。
そこで内定がもらえる人、内定がもらえない人の特徴を紹介いたします。
内定がもらえない人から内定がもらえる人に変わるために、自分が必要なことを見つけてみませんか?

内定がもらえないのは何故!?


就活生の中で内定がもらえない人は必ずいます。ですがそういう人たちには共通点があることが多いようです。
逆に内定をたくさん決めている人にも、共通点はあります。
これは就活には抑えるべきポイントがあり、そのポイントをしっかりと抑えた人が成功し、抑えることができてない人が失敗をしていると考えられます。

内定をもらえない人の共通点と内定をもらえる人の共通点を比べてみることで、あなたがなかなか内定をもらえない理由が見つけてみましょう。

内定がもらえない人の特徴12選!


(1)内定がもらえないことを人のせいにする
企業から内定通知がもらえなかった時、人のせいにしていませんか?

「あの企業は私の魅力に気づかなかった」
「面接官がちゃんと私の話を聞いてくれなかった」
「まったく予想していないことを聞かれたから答えられなかった」

失敗した理由を他人に押し付けていてばかりでは、何回採用試験を受けても内定はもらえないでしょう。
うまくいかなかった理由を客観的に見直し、自分で改善できる部分はないか徹底的に整理してみてください。

・なぜあの質問に答えられなかったのか?
・面接官はどんなことを回答したらもっと興味を持ってくれたか?
・自己PRに足りない情報はなかったか?

など振り返ってみて、改善点が見つかったら次の採用試験で活かしてみましょう。
これを繰り返せば、面接に自信がつき、内定獲得が近づくはずです。

(2)自己・業界・企業分析ができていない
自分では十分事前準備をしたつもりでも、採用担当者から見たら内容が魅力的ではなかったり、的はずれなアピールをしている可能性があります。

履歴書やエントリーシート、面接でのアピールが、

・自己PRが矛盾している
・業務内容を理解していない
・社風にあっていない

といった内容になっていないか、もう一度確認してみましょう。

もし自分だけではよくわからないようであれば、第三者にチェックしてもらうのもありです。
大学の就職課、キャリアサポートセンター、就職支援企業の専門家に自分が作成した書類を見てもらうと、自分では気づけなかったことを教えてくれるかもしれません。
自分だけで頑張ろうとせず、誰かの力を借りることも、就活では大切になります。

(3)履歴書・ESが不十分
履歴書やエントリーシートの書き方自体に問題があることもあります。
手書きで書類を作成する場合、字が汚かったり、誤字脱字があったりすると、それだけでも印象は悪くなります。

字は下手でも構いませんが、読み手のことを考えて丁寧に書いてあるかが評価のポイントになることを覚えておきましょう。
失敗する人の特徴として、履歴書やエントリーシートを提出期限ギリギリに作成することがあげられます。

時間がないと、走り書きになってしまったり、確認が疎かになるため、書類の不備が多くなってしまいます。
できれば時間に余裕を持って書類作成を行い、作った書類は一晩以上置いてから、改めてチェックすると、ミスを見つけやすくなるでしょう。

エントリーシートは企業によって形式がまちまちですが、履歴書はどの企業でも共通して提出することができます。
そこで履歴書は時間の余裕があるときに、前もって複数作成しておくと良いでしょう。

(4)コミュニケーションが取れていない
面接な苦手な人は、面接官とのコミュニケーションが上手にできていないことが考えられます。
面接官と話が噛み合っておらず、質問したこととは別の内容を熱く語ってしまっていませんか?

面接対策として、事前に自分がアピールするべきことを頭の中に詰め込んでいると、どうしてもそればかりをアピールしがちです。
話の本題からそれて、自分のアピールしたいことばかりをアピールしないよう気をつけましょう。

面接官との話の食い違いをさけるためには、質問をされたら、まず最初に簡潔に回答をすることを意識してみてください。
質問に対して、最初に回答すれば、面接官もあなたの考えが理解しやすくなります。

逆に結論を明らかにしないまま、ダラダラと話をされると、聞いている側は内容が頭に入ってこなくなりますので、注意しましょう。

(5)身だしなみができていない
「人は外見で9割判断される」と言われています。
あなたがどれだけ面接対策をして、素晴らしいアピールを行っても、身だしなみがきちんとしていなければ台無しになります。

・スーツにシワはないか
・髪の毛は長過ぎないか(ボサボサ、目にかかっているなど)
・背筋は曲がっていないか

など身だしなみや、話を聞く姿勢を見直してみましょう。

面接を受けるときの服装で鏡の前で椅子に座り、自分がどのような姿で面接を受けているかをチェックすると、気になる点が発見できるかもしれません。

(6)アピールの仕方を間違っている
面接は自己自慢の場ではありません。
「私はこういうことをしました!(すごいでしょ)」というスキルや実績をただ披露するだけでは、面接官へのアピールにはなりません。

アピールするべきは、こういうスキルや実績をもとに企業にどのような貢献をできるかです。
またなぜそのようなスキルを身に着けたのか、その実績を残すまでにどのような事を考え、苦労してきたのか、といった内容を話します。

つまり、アピールするべきなのは、

・あなたがどのような人間か(人間性)
・採用したらどんなメリットがあるのか(将来性)
・なぜその企業で働きたいのか(思い・熱意)

です。
これらを伝えることで、企業担当者はあなたと「一緒に働きたい」と考えてくれるようになるでしょう。

(7)表情がくらい

面接の時、明るい表情を作れていますか?
緊張して表情がこわばっていたり、不安な思いが顔に出ていると、自信なさげに見えます。

面接官からすると、採用面接とはこれから一緒に働くことになる同僚を決める作業です。
つまり「一緒に働きたい」と思う人間を採用します。
表情が暗かったり、自信がなさそうな人と、一緒に働こうと思いますか?

面接の際には、常に軽い笑みを浮かべることを忘れないようにしましょう。
明るい表情の人は、それだけでも自信と余裕を感じることができ、安心感を与えます。

明るい表情を作るには、常に口角を軽く引き上げることを意識しておくと良いでしょう。

(8)大手や人気企業ばかり受けている
そもそも競争率の高い企業がかり応募していませんか?
大手企業や人気企業ばかりを応募していたら、なかなか内定が決まらないのも仕方ないことかもしれません。

ブランドや見栄で応募企業を決めるのではなく、本当に働きたいと思える企業を探してみましょう。

(9)エントリー数が少ない
営業職や一般職を希望する就活生は、平均して30社〜50社にエントリーを行っています。
自分のエントリー数がこの平均に足りていないのであれば、エントリーする企業をさらに増やしてみましょう。
母数を増やさなければ、内定を獲得できる確率も低くなります。

やみくもにエントリーしてはいけませんが、業界研究を進めて、いま希望している企業の同業他社や関連企業を探したり、そもそも業界を変えて企業を探してみることも、エントリー数を増やすコツとなります。

(10)試験対策が不十分
採用面接の前の筆記試験対策に手を抜いていませんか?
そもそも筆記試験の点数が低いと、面接に進めなかったり、面接では高評価でも筆記試験の点数のせいで不採用となってしまうかもしれません。
筆記試験は各社で共通した試験(SPIなど)が行われることが多いため、チャレンジする企業が明確になっていなくても対策を進めておくと良いでしょう。

面接に関しても、自己PRを簡潔に言う練習をしたり、想定される質問への回答をスムーズに答えられる練習をしておく必要があります。

(11)例文のような回答ばかり
面接官はたくさんの就活生と面接をしています。
就活本や就活サイトで紹介されているままの回答を行っていると、それは面接官に見抜かれてしまいます。
書籍やインターネットで得られた情報は参考になりますが、その意図をよく理解して、自分なりの言葉で話ができるように準備しておきましょう。

(12)マナーができていない
身だしなみとあわせて、マナーにも十分注意を払いましょう。
ドアの開け閉めといった入退室時の作法や、お辞儀の仕方、言葉遣い、面接前後の企業との電話やメールのやりとりなど、基本的なマナーができていないと評価を下げてしまう可能性があります。

内定をもらってる人の共通点と実現方法

では、内定をもらってる人にはどんな共通点があるのでしょうか。
もしあなたが実践できていないことがあれば、今すぐに実践してみましょう。


(1)自己・業界・企業分析がしっかりできている
内定を勝ち取っている人は、採用試験の前からしっかりと準備を行っています。

自己分析…自分のアピールポイント、強み、将来設計などがしっかりと整理されている
業界分析…志望する企業が属する業界事情に詳しく、業界の将来性や最新情報を把握している
企業分析…業界におけるその企業のポジション、社風、どんな人材を求めているかなどを把握している

各分析を行っておくことで、面接時に説得力のあるアピールができるようになります。
また「そこまで調べたの?」と驚かれるほどの調査を行えば、それだけ入社意欲の高さをアピールすることができます。

(2)行動力がある
就活に限らず、何かしらの結果を出すことができる人は、高い行動力を持っています。
何か上手くいかないことがあったとき、思い悩むだけで行動できない人は解決への道のりが遠いままです。
内定を獲得できる人は、上手くいかないことがあったとき、とにかく行動をします。
とにかく何か次の手を打って、困難を打破する努力を続けてみましょう。

(3)就活ノートを書いて反省をしている
内定を獲得した多くの就活生は、終活ノートを作って活動を記録しています。
就活の内容を記録することで、うまくいったときだけではなく、失敗したときの振り返りができるようになります。

失敗したときは、ただ落ち込むのではなく、なぜダメだったのかを振り返り、次の面接に活かせるようにしましょう。

(4)笑顔でハキハキと話す
いくら良いアピールをしていても、表情が暗かったり、ぼそぼそと喋っていては、とても印象が悪いです。
面接のときは、常に笑顔で、はきはきと話すことを心がけると、面接官の印象がアップするでしょう。

(5)マナーができている
面接では発言内容だけではなく、細かな仕草や動作までチェックされています。
せっかく良いアピールをしても、ちょっとしたマナーができていなかっただけで、印象が悪くなってしまうことがあります。

良い自己アピールができるかどうかは自分次第ですが、マナーは誰でも身につけることができるものです。
他の就活生も当然就活に必要なマナーを身に着けてきていますので、自分だけマナーができていないと悪目立ちしてしまうでしょう。

面接時に抑えておくべきマナーはしっかりと見に付けておきましょう。


こちらの記事もオススメ

そもそも自分に合う企業がわからない


自分でどれだけ考えたり整理しようとしても、うまくいかない。
そもそも何をしたらいいのか分からないと悩んでいるのであれば、プロに頼るのも一つの手段です。

DiGは就活支援のプロフェッショナルが集まる会社であり、長年の実績と最新の就活事情をもとに、あなたに最適な就活プログラムを提案してくれます。
就活に悩みすぎて、何もできなくなってしまう前に、相談してみるのも良いでしょう。

「新しい価値基準を創造し、 すべての人の適材適所を実現させる」をMISSIONに新卒紹介事業を展開しているマイナビ出資の会社です。


もし内定が決まらずに卒業を迎えることになってしまった場合でもあきらめないでください。
就活浪人を経て活躍している社会人もたくさんいますので、こちらの記事を参考に就活を乗り切りましょう。

就活浪人のリアル。過酷な就活浪人&留年、内定獲得までの道とは

まとめ

内定がなかなかもらえず悩んでいる人は、一度落ち着いて自分のこれまでの就活を振り返ってみましょう。
そして今回紹介した「内定がもらえている人」との違いを探してみることで、何を頑張れば内定に近づくのかが分かるようになります。
いま自分ができることを1つずつこなして、内定を勝ち取るための実力を身に着けていきましょう。


関連記事