fbpx

内定式後に辞退は可能?内定の法的拘束力・辞退期限・辞退方法を公開

カテゴリ

内定式後に辞退は可能?内定の法的拘束力・辞退期限・辞退方法を公開

内定式には出席したけど、やっぱりこの内定は辞退したい・・・。そんな心境になったら、あなたならどうしますか?
内定が出た直後ならともかく、内定式後の内定辞退は勇気がいりますね。法的には問題が無いのか、先方が怒りださないかなど、不安もあるのではないでしょうか。
今回は内定式後の内定辞退についてご紹介します。

内定式後に内定辞退はできる?


そもそも内定はいつまで辞退できるのでしょうか?
一般的には「入社日の2週間前まで」と解釈されており、根拠とされる民法627条によると以下のように定められています。

「契約期間の定めのない労働契約においては、労働者は2週間の予告期間を置けば、特段の理由を必要とせずに労働契約を一方的に解除できる」

つまり、内定は通常の労働契約と同じ「契約期間を定めない労働契約」ですから、通常と同じように2週間前に辞意を表明することで入社日には「退職」ができると考えられているのです。
ちなみに、たとえ内定承諾書などを提出した後であっても、この解釈は変わりません。

とは言え、いくら法的に認められた権利でも、マナーや常識の面で全く問題がないとは言えません。
内定先は新入社員の受け入れに向けて色々と準備をしていたはずです。
それを突然取り消せば、非常識だと責められても仕方がないでしょう。もしも話がこじれれば、損害賠償請求などをされる恐れも出てきます。
ですから内定辞退を決心したら、一刻も早く先方にその意志を伝えなければいけません。

本当に辞退をすべきなのか

内定ブルーではないか

正式に辞退をする前に、自分の気持ちを改めて分析し、冷静に判断する時間を持ちましょう。
「社会に出るのが怖くなった」
「社会人としてやっていける自信がない」
そうしたことが理由なら、もしかしたら一時的・突発的な内定ブルーかもしれません。
時間がたてば、あるいは思い切って前に進めば乗り越えられたかもしれないのに、衝動的に内定を辞退してしまっては、後々後悔するかもしれません。
時間をおいてもう一度考えたり、周囲の意見を求めるなどして、くれぐれも慎重に判断しましょう。
辞退をしたい原因が、その企業の中にあるのか、漠然とした将来への不安にあるのか、しっかり見極めることが大切です。

内定ブルーかも?内定先に不安を抱く原因と対処方法とは

他に就職先はあるのか

内定式が行われるのは、新卒の採用活動が一段落する10月以降が多いでしょう。
そこから就活再開となると、まだ応募できる企業は限られてくると予想されます。ですから、

・まだ結果待ちの企業が複数ある
・いざとなったら家業を手伝うなどのアテがある
・強い志望意欲を感じる企業が引き続き募集をしている

といった状況でない限り、安易に今の内定を辞退してしまうと、最悪の場合留年や就職浪人をすることになるかもしれません。
就職浪人は、かなり過酷です。

就活浪人が不利な理由って?7つのリスクと内定までの正しい過ごし方

それでもやっぱり辞退したい


熟慮の末、どうしても内定辞退の意志が固ければ、できるだけ早くその意志を企業に伝えましょう。
時期が遅れれば遅れるほど、先方の受けるダメージは大きくなり、話がこじれたり怒りを買ったりする危険も高まってしまいます。

連絡は電話で行う

基本的に内定辞退は採用担当者に電話で伝えます。
気が進まない気持ちもわかりますが、いったん約束した入社をこちらから取り消すのですから、覚悟を決めて誠心誠意電話で謝るのがマナー。
できれば誠意を伝えるために、後日お詫びの手紙も出しましょう。

内定辞退の詫び状や手紙の書き方・例文・マナー

伝える内容

伝えるべき要点は次の3つです。

①内定辞退の意志
②謝罪の言葉
③(聞かれたら)辞退の理由

言い訳や弁解をせず、いさぎよく謝罪することが大切です。

理由を聞かれたら

内定式まで済ませたタイミングで内定を辞退されてしまったら、相手が不快に思い、腹をたてることは十分に考えられます。
火に油を注がないよう、相手を刺激しない穏便な理由を考えておきましょう。

「自分の適性を考えた結果」、「進路について改めて検討した結果」など、自分の心境の変化を理由にするのが一般的です。

「他社に決まった」でもいいのですが、伝え方には配慮が必要です。
企業同士にどんなつながりがあるかわかりませんから、新しい内定先の企業名ははっきり答えない方がいいかもしれません。
また、「もっと条件のいい企業に決めた」「最初から第一志望ではなかった」などの失礼な発言は避けましょう。
内定辞退という行為に加え、態度や言動にまで問題があれば、大学に抗議をされたり、来年度からの後輩の採用に影響したりしてしまうかもしれません。
周囲に迷惑をかけないための心遣いも忘れないようにしましょう。

例文

あなた
御社から内定をいただきました山田花子と申します。
今お時間よろしいでしょうか。
大変申し上げにくいのですが、内定を辞退させていただきたく、お電話しております。お世話になっておきながら本当に心苦しいのですが、個人的な事情もあり、辞退という結論に至りました。誠に申し訳ありません。

相手が食い下がってきた場合は、辞退の理由とさらなる謝罪を付け加えましょう。

あなた
御社が第一志望だったことは事実です。ただ、御社に内定を頂いた後で、他社の〇〇職について詳しく知る機会があり、悩んだ結果、そちらの方が自分の適性に近いとの決断に至りました。貴重なお時間を割いて選考をして頂きましたのに、このような形になってしまい、本当に申し訳ありません。

このように、誠意をもって謝罪を伝えることが大切です。

企業に呼び出されたら


何らかの手続きのために呼び出されたり、「直接謝罪に来なさい」などと言われることがあるかもしれません。
気が重いとは思いますが、自分のしたことの責任をとるという意味でも、基本的には出向きましょう。
嫌味を言われたり引き止められたりするかもしれませんが、とにかく何を言われても誠心誠意謝罪して、くれぐれもことを荒立てないようにしましょう。

脅迫されたら


「損害賠償請求をする」「今後の就職を妨害してやる」など脅迫まがいのことを言われたら、その場で屈するのではなく、深く謝罪し、いったん引き下がりましょう。
企業はイメージを大切にしますから、いくら担当者が怒っていても、本当に何かをされるとは限りません。
必要以上におびえずに、心をこめたお詫びの手紙を出すなどして相手の気持ちが静まるのを待ちましょう。
ただ、万が一悪質な脅迫行為が続くようなら、一人で抱え込まずに、大学のキャリアセンターや両親など周囲の大人に相談しましょう。


こちらの記事もオススメ

まとめ

就活にはある程度の妥協も必要です。
1から10まで理想通りの企業はなかなかありません。
それを十分わかった上で、どうしてもその内定を辞退したいのかどうか、よくよく考えて結論を出しましょう。

特に内定式後の内定辞退は、企業にとっても内定者にとっても決して愉快なものではありません。
非難されたり責められたりしても、甘んじて受けるだけの覚悟がいります。
その上で、せっかくがんばってきた就活に後味の悪い思いを残さないためにも、激励までは望めなくても、せめてできるだけしこりを残さず送り出してもらえるような対応を心がけましょう。


関連記事