fbpx

留年したら内定取り消し?内定後に留年した時の対処法と注意点

カテゴリ

留年したら内定取り消し?内定後に留年した時の対処法と注意点

内定は取れたのに、単位が取れず留年確定・・・。
なんて最悪の展開を迎えてしまった人もいるのではないでしょうか?
今回はそんな就活生のために、内定をもらったのに留年してしまった時の救済方法や、それでもやっぱり留年してしまった時の賢い就活方法について紹介します。

留年したら内定取り消し?

基本は内定は取り消し

留年をしてしまった場合、基本的には内定は取り消されます。
内定承諾書などを確認すると、採用条件として大卒が明記されていれば内定は取り消されると考えて良いでしょう。
学歴に応じて労働条件が異なることもありますので、大学卒業という条件を満たさなければ採用を見送られても仕方ありません。

そのような事態に陥らないよう、内定が決まったからといって気を抜かず、無事卒業できるように学業に励みましょう。

来年度の卒業まで保留になる場合も

留年が決まってしまっても、あきらめずに企業に相談をすることは可能です。
もし先方の企業が、あなたに本当に就職してほしいと認めているのであれば、来年度まで内定を保留してくれる可能性があります。
ダメ元で、入社したいという思いを採用担当者に伝えてみるのも良いかもしれません。

入社できる場合も

また採用条件として大卒にこだわらない企業もあります。
大学中退でも採用してくれる企業もありますし、公務員の場合は採用試験に合格していれば公務員になることができます。
ただし経歴としては大学中退となりますので、大学卒業にこだわらなければ、という前提となります。

留年せずに済ませる救済方法

資格で単位を補えないか確認する

単位が足りずに留年となるかもしれない場合は、単位の代わりに資格の取得で補うことができないか調べてみましょう。
大学によっては、資格を取得することで単位の代わりとみなすケースもあるようです。

教授に頼み込む

必須単位などを落としているのであれば、担当教授に事情を話してなんとか単位を出してもらえないか相談してみましょう。
志望している企業に内定が決まったという事情や熱意を話して、追試やレポートによる単位取得の機会を再度もらえないか、交渉します。
また担当教授だけではなく、研究室の先生や学部の先生など、あらゆる先生に相談してみてください。
せっかくの内定を無駄にしないよう、すべての可能性を信じて行動することが大切です。

キャリアセンターに相談する

大学のキャリアセンターや就職課などに相談するのも必ずやっておきましょう。
単位不足で卒業できないという相談は毎年寄せられるものですので、担当者としても対処方法を知っている場合があります。
代替可能な単位や講義、相談に乗ってくれそうな先生などを紹介してくれる可能性もありますので、信じて相談してみることをおすすめします。

それでもやっぱり留年してしまったら

企業に相談する

手を尽くしても留年が決定的になってしまった場合には、正直に企業に報告をしましょう。
そして内定の保留や、在学のままで働くことができないかなどを相談してみましょう。
あと半期だけ在学して足りない単位を取得した後、秋に卒業して就職というルートもあります。
その企業に入りたいという熱意や、それまでの面接でのアピールなどによっては、採用の道が開けるかもしれません。

企業への謝罪方法

もし留年が決まったら、すぐに採用担当者に連絡してください。
先方もあなたを採用する前提で準備を進めていますので、就職できないという可能性が発生したのであればいち早く対応を打たなければならなくなります。

したがってメールではなく、まずは電話で直接報告することが重要です。
電話で謝罪を行うのはもちろんですが、そして直接会って事情を説明する機会を作ってもらえないか相談しましょう。
直接会って事情を説明することで、先方も内定取り消しではなく、前向きに対処方法を考えてくれるかもしれません。

例文
お世話になっております。
先日内定通知をいただきました、◯◯大学の山田太郎です。

採用担当の◯◯様はいらっしゃいますでしょうか。

(担当に代わる)

いつもお世話になっております。
◯◯大学の山田太郎です。

先日は内定通知をいただきまして誠にありがとうございました。

実は大変申し上げにくいのですが、私の力不足により単位不足により今年度の卒業が難しくなってしまいました。
これまでお時間を割いていただき、内定を決定していただいたにも関わらず、ご期待に添えず大変申し訳ございません。

もし可能であれば、お詫びに伺いたいのですが、お時間をいただくことはできますでしょうか。

(OKであれば)
ありがとうございます。それでは当日伺わせていただきます。
ご配慮いただき誠にありがとうございました。

(NGであれば)
ありがとうございます。承知いたしました。
これまでご尽力頂いたにもかかわらず、このような結果となってしまい、誠に申し訳ございませんでした。
内定辞退にあたり必要な手続きなどございましたら、お教えください。
それでは失礼いたします。

留年後の就活の仕方

留年が確定してからの就活の仕方

留年が確定し、来年度にまた就活を行うことを決めたら、まずは必ず卒業できるようスケジュールを立ててください。
その上でどの企業の採用を受けるかを決めます。
ただでさえ留年によって失敗しているのに、また留年をしてしまったら、かなり就活に不利になることは明白です。

多くの場合とらなければいけない残りの単位がわずかであるため、逆に時間に余裕ができてしまって油断してしまうケースがあるようです。
できれば前期のうちに必要単位を取得、可能であればボーダーギリギリではなく余裕を持って卒業できるように単位を取得できるスケジュールを組みましょう。
また就活についても、前年度の経験を活かして、自己分析・企業研究・面接対策を念入りに行いましょう。

留年について聞かれたら

2回目の就活では、面接などで留年した経緯などを質問されると想定されます。
その場合は、正直に事情を説明してください。
ごまかして取り繕っても良いアピールにはなりません。
正直に自分の落ち度を認めて、それを挽回するために、この一年間どのように取り組んできたかをポジティブに説明できるように、自分の中で整理しておきましょう。

学業と就活の両立の仕方

留年した翌年には必ず卒業できるよう、確実に単位が取れる講義を取得するように計画を立てましょう。
出席が必須な講義は、就活によっては欠席しなければいけないこともあるためなるべく避けて、レポートなどで単位が認められる講義を選ぶと良いかもしれません。
単位が取りやすい講義は学生間で情報共有されていることが多々ありますので、単位が取りやすい講義について周囲から情報収集してみると良いでしょう。
卒業した同期に去年単位が取りやすかった講義について聞いてみるのもよいでしょう。

就活で単位不足は不利?学業との両立方法&面接での上手な言いワケ方法


こちらの記事もオススメ

効率よく再就活をするなら

再就活は、一緒に就活する友達がいなかったり、企業からの印象がよくなかったり、不利な状況になることが多々あります。
また、失敗ができない逼迫した状況でもあるため、あらゆる手段を使ってでも成功させたいもの。

安心なのは、就活のプロに相談してしまうこと。
これまでに出会えなかった企業の紹介や、今まで気がつかなかった新しい自分を発見できるかもしれません。



DiG UP(ディグアップ)は、ひとりひとりに合わせた親身なサポートが評判の就活サポート会社です。

まとめ

せっかく内定を勝ち取ることができたのに、留年して取り消されることほどもったいないことはありませんね。
留年しないように内定が出てからも気を抜かずに学生生活を過ごすことが第一ですが、事情によって留年することが濃厚になってきたら、あきらめずに何とかもがいてみましょう。

せっかく得た内定を失うだけではなく、留年してしまえば、その経歴はずっと残ってしまいます。
今後の人生において、履歴書を提出しなければいけない機会は何回も訪れますが、その際に留年していることは不利な要因にしかなりません。

また留年をすることは、学費や生活費がさらに1年間必要になることになります。
自分で稼ぐにしろ、家族などに負担してもらうにしろ、大きな出費になることは間違いありません。

このように大きなリスクでしかない留年という選択肢をとらなくてもよいように、
「何とか単位を確保する」
「大学中退でも採用してもらえないか交渉する」
のどちらかの可能性を探って、最後まで「悪あがき」してみましょう。


関連記事