fbpx

内々定者懇親会って何するの?内容・押さえるマナーを一挙解説!

カテゴリ

内々定者懇親会って何するの?内容・押さえるマナーを一挙解説!

就活と選考が一段落する頃になると、内々定をくれた企業から「内々定者懇親会開催のお知らせ」といった書面やメールが届くことがあります。

内々定者懇親会とは、内々定者、つまり後日正式に内定をもらうことが約束された学生を集めて交流を深める親睦会です。
正式な内定が出てから「内定者懇親会」として開かれる場合もあります。

そんな招待状やメールをもらったら、「なんのために集まるの?」「どんなことをするの?」「絶対行かなきゃならないの?」など心配になる人もいるでしょう。
ここでは内々定者懇親会がどのようなもので、どんな目的で開かれるのか、詳しくご紹介していきます。

内々定者懇親会ってなんのためにするの?


企業が懇親会を開く目的は大きく次の3つです。

内定辞退者を出さないため
多くの企業は経団連の指針に基づき、正式な内定通知を10月1日まで自粛しています。
けれども10月まで待っていたのでは、その間に内々定者の気が変わり、内定を辞退されてしまうというリスクが出てきます。
ですから企業は、定期的に懇親会などの各種イベントを開くことで内々定者の気持ちをつなぎ、入社に向けての心の準備や覚悟を固める場にしたいのです。

入社後のミスマッチを防ぐため
内々定者懇親会には、多くの場合、現職社員や若手の先輩社員も参加します。
彼らと交流することで、内々定者は具体的な仕事の中身や社内の雰囲気を知ることができます。
つまり企業は、社内のリアルな情報を内々定者に提供することで、入社後のミスマッチを防ごうとしているのです。

内々定者同士の交流を深めるため
右も左もわからないまま入社日を迎えるのでは、内々定者の不安がつのり、内定ブルーや内定辞退につながるかもしれません。
ですが懇親会を通じて顔見知りができていれば、ずいぶんと不安感はやわらぐでしょう。
また内々定者同士の結束が強まり、入社に向けて士気が高まるのは、企業としても大いに歓迎すべきことなのです。

内々定者懇親会のマナー

身だしなみを整えて


懇親会には何を着て参加したらいいのでしょうか。
招待状や招待メールをよく見て、ドレスコードが特に無ければ基本はスーツで出席します。
リクルートスーツほどかた苦しくする必要はありませんが、華美なものや奇抜なものは避け、メイクやアクセサリーも控えめにしましょう。

「平服でお越しください」「クールビズでお越しください」などの指定があった場合には、オフィスカジュアルで通用する服装をして行きましょう。
定番は、襟付きのシャツかブラウスに、きちんと感のあるカーディガンやジャケットを合わせたスタイルです。
ボトムスはパンツでもスカートでもOKですが、デニムやチノパンはカジュアルすぎてTPOに合わない可能性が高いのでやめておきましょう。
ミニスカートやノースリーブなど露出の高い服もNGです。
足元はミュールやブーツやサンダルではなく、ローヒールで安定感のあるパンプスにしておきましょう。

基本は就活のときと同等

選考に関係が無いと思うと気持ちもゆるみがちですが、選考が終わっているということは、すでに社会人としての第一歩を踏み出しているということです。
学生気分ではなく、社会人としての自覚を持ってのぞみましょう。
食事でアルコールが出ることもありますが、お酒のせいでフランクになりすぎて大失態…なんてことがないように、くれぐれも飲む量はほどほどにしておきましょう。

どんなことをするの?

企業により様々ですが、以下のようなものが一般的です。

事務的な説明

多くの企業では、まず入社までの流れや準備しておくべき書類などについての説明があります。
必要書類の提出期限が伝えられたり課題が出されたりすることもあるので、筆記用具は必ず持っていきましょう。

内定者同士の交流


また、懇親会では自己紹介やスピーチが求められることがあります。
入社に向けての抱負なども聞かれることがありますから、その場になって慌てないように、いくつか考えておきましょう。
あとは立食形式の食事会など、気軽なパーティーになるケースが多いようです。色々な人と交流して顔見知りになっておきましょう。
ここで同期の絆ができると、入社までの不安感がとても軽くなりますよ。

先輩社員との交流

現職社員や役員への質問タイムが設けられている懇親会もあります。
またとないチャンスなので、ぜひ積極的に参加して、今の時点での疑問や不安をきちんと解決しておきましょう。
そして他の人の質疑応答もしっかり聞いておきましょう。
特に疑問や不安がない場合は、具体的な仕事の流れや、入社後に任される可能性のある職務について、つまり入社後のイメージがつかめるような質問をするといいでしょう。
ちなみに、選考の時には聞きにくかった福利厚生や賞与についても、懇親会なら聞くチャンスがあるかもしれません。
ただ、そうしたデリケートな質問は、いきなりみんなの前でするのではなく、聞きやすそうな相手を選び、食事中の雑談などを利用してさりげなく聞くことがおすすめです。

終了後には飲みに行く場合も

懇親会が終わったあとで、「この後飲みに行かない?」という流れになることがあります。
同期同士で盛り上がることもあれば、先輩社員が誘ってくれることもあるでしょう。
先輩社員が一緒の場合は、くれぐれも気を許しすぎないように気をつけましょう。
なれなれしい口のきき方や、懇親会で会った他の社員の悪口などは絶対にNGです。
また、たとえ内々定者同士であっても、スマホで撮り合った画像や動画を勝手にSNSにアップするのはマナー違反です。
お酒が入ると気がゆるみ、つい親しくなった気になりがちですが、懇親会に出席した内々定者が全員入社するとは限らないので、そのあたりには十分配慮しましょう。

参加しなくても大丈夫?


懇親会は多くの場合自由参加です。欠席して内定に影響することもまずありません。
気が進まなければ、「どうしても日程の都合がつかないので今回は失礼させて頂きます」と丁寧にお断りすれば、相手も無理にとは言わないでしょう。

ただ、懇親会に参加すると様々なメリットがあります。
たとえば、

・社員同士のやりとりから社内の雰囲気を推察できる
・現職の社員と交流することで、現実的な話が聞ける
・社員、役員、他校の内々定者など一度に多くの人と情報交換ができる

これらの情報をトータルすれば、その企業の正確なイメージに大きく近づけることでしょう。

他にも、出席すると、いずれ上司や先輩になる人たちに顔と名前を覚えてもらえて入社後の人間関係がスムーズになるでしょうし、もしかしたら今後のことを相談し合える友人ができるかもしれません。
懇親会をきっかけに、積極的になれたり覚悟が決まったりすることもあります。
入社を決めている人も、まだ迷っている人も、せっかくですから思い切って参加してみてはいかがでしょうか。


こちらの記事もオススメ

まとめ

懇親会は、この先自分が入社するかもしれない企業の内情を、入社前に間近で観察する絶好のチャンスです。
「入社後、社内の人とうまくやっていけるかな…」と心配している人も、懇親会でフレンドリーな先輩達を見て安心できるかもしれません。
「自分よりできる人ばかりだったらどうしよう」という不安が、同じ不安を抱える内々定者に出会って勇気をもらえるかもしれません。
プラスにせよマイナスにせよ、今の疑問や不安に答えが出れば、他社の内定とくらべる時の判断材料にもなります。
ですから、入社を迷っている人ほど、内々定者懇親会には出席することをおすすめします。
後悔のない就職をするために、与えられたチャンスは最大限に活用していきましょう。


関連記事