内定者アルバイトを避けるべき理由とは?メリット・デメリットを比較

内定者アルバイトを避けるべき理由とは?メリット・デメリットを比較


ご内定、おめでとうございます。ひと段落したところで、内定先からアルバイトの話があったけど、どうすべきか悩む方も多いのではないでしょうか。

内定先でアルバイトをすれば、いち早く内定先に馴染むことができるなど、良いこともある一面、思いもよらないデメリットがあるかもしれません。

この記事では、内定者アルバイトのメリット・デメリット、その他の短期OKな内定後におすすめのアルバイトをまとめています。

残り少ない学生生活。残りの時間をどう使うのかしっかりと考え、後悔のないようにしてくださいね。

企業側が内定者アルバイトを募集している背景って?

入社前辞退を防ぎたい

企業側が内定者アルバイトを募集する理由として、入社前辞退を防ぐということが挙げられます。

内定者がアルバイトとして働くことで、先輩社員との繋がりを持てたり、働くイメージがわくことで入社意欲を高めることができますよね。

株式会社マイナビの調べ(2016年度マイナビ企業新卒内定状況調査)によると、企業が学生1人を採用するのにかかるコストは平均45.9万円と、年々減少傾向にはあるもののかなりの高額。

特に少人数しか採用しない中小企業の場合、内定の辞退でできる穴は大きく、できるだけ防ぎたいというのが本音です。

社内にフレッシュな雰囲気を入れたい

内定者が働いてくれることで、社内が若返って活気付くことも予想されます。より社員のモチベーションが上がった、なんて話もよく聞く話です。

単純に雑務をやってくれる人材が欲しい

一番シンプルな理由です。仕事をやっていく中では、どうしてもアウトソースをしたい細かな雑務などが発生してくるもの。

効率よく業務を進める為にも、人手が欲しい!なんて場合もあるようです。

仕事もはかどり、内定者からすると入社前に職場の雰囲気に慣れることもできるので、まさにWin-Winと言えるのではないでしょうか。

受け入れがスムーズになる

事前に社内のシステムや雰囲気に慣れてもらうことで、入社後にスムーズに業務に入ることができます。

受け入れ側としても早期に立ち上がってくれた方が仕事も任せやすく助かる、という背景もあるでしょう。

内定先でアルバイトをするメリットって?

では、学生にはどんなメリットがあるのか考えてみましょう。

働くイメージがわく


実際に働く職場でアルバイトをすることで、会社理解が深まりますし、働くイメージを持つことができます。

環境が変わると、知らず知らずのうちに自分にストレスがかかるもの。入社前にアルバイトをすることで、そのストレスや不安を軽減することに繋がりますよ。

社内での人脈を作れる


社会には、「社内営業」なんて言葉があるくらい、実は社内のコミュニケーションってとても大切なんです。

実際に働く先輩社員とのコミュニケーションが取れたり、また入社前に仲良くなっておけば、悩みも打ち明けやすくなりますよ。

また、配属されたあとは、多部署との関わりが意外となくなってしまうもの。入社前に築いた人脈は、きっとこれから先の社会人生活にも活きて来るはず。

入社前の人脈作りと思って内定者アルバイトをすることもおすすめです。

即戦力になりやすい

いち早く内定先で働くことで、他の同期よりも一足先にビジネスマナーを身に付けることができたり、働く環境に慣れることができます。

結果、仕事もスムーズに進めやすく、周りから一歩リードできるということもメリットのひとつ。

同期に差をつけたい!という熱い思いがある場合は、内定先でアルバイトをすることはおすすめです。

最大のメリットは、お金を稼ぎながら学べること?

内定者アルバイトは、実際に入社する会社で働けます。

カフェや居酒屋などのアルバイトと違い、ビジネスを身近に感じながらお金を稼げることは、最大のメリットと言えるのではないでしょうか。

また、内定者という立場であるため、チャレンジして失敗したとしても寛容に捉えてくれる先輩社員も多いはずです。

考え方次第ではデメリットかも?

仕事内容によってはあまりスキルが身につかない

内定者とはいえ、所詮アルバイト。任される業務が限られている場合もあり、中には入社してからやる業務を前倒ししているだけ・・・なんて考える人もいるようです。

可能であればどんな仕事内容なのかを事前に確認するのがおすすめです。

時間に融通が利かない

一般企業となれば、勤務時間が日中になることが多いでしょう。

日中だけの勤務となると、友人との時間が合わせづらかったり、また遊ぶことを優先すると金銭面で苦しくなってしまうことも考えられます。

効率よく稼ぎたい、という思考の場合はあまり適さないかもしれません。

忙しさのあまり、単位取得が危うくなる

中には、他の社員と同様、裁量を持って働かせてもらえる企業もあります。

自分のやりたいことが明確で「あとはそこに向かってひたすら走るだけ!」なんて意気込んでいる場合は、熱中しすぎで単位取得が疎かになってしまうこともあるようです。

先輩の意見は?

内定者アルバイトの経験がある先輩就活生に、実際内定者アルバイトをしてみてどうだったのか、アンケートをとりました。

(人材業界内定・女性)
実際の業務の一部に関わらせてもらうことで、会社で使用しているシステムを理解することができ、社員の方と仕事での関わりができました。社員の方が丁寧に指導して下さり、安心感がありましたし、入社後の指導を受けるイメージを持つことができました。一方、会社説明や入社前面談では、前向きに企業の魅力を話してくれていたので、少なからず雰囲気のギャップはありました。

(不動産業界内定・女性)
営業部で内定者アルバイトをしていました。実際に社員の方の働く姿が見れ、働くイメージが持てました。先輩社員と話す機会もあり、どのような思いで働いているかを知れて、私も頑張ろと刺激を受けることができました。しかし、辛いと辞めていく仲間もいました。結果的にミスマッチだったと考えれば良いことですが、辞めていく仲間がいると悲しくなり、士気もさがってしまいました。

こちらの記事もオススメ


他にもこんな選択肢が!短期でもOK!内定後のおすすめアルバイト

派遣

単発で時間の融通が利きやすいため、学生最後の春休みを満喫したいという人にはおすすめです。

家庭教師

期間限定ででき、単価も高いアルバイトです。しかし事前準備に時間を取られることもあるため、注意が必要です。

リゾートバイト

リゾート地や観光地にあるホテル、テーマパーク、スキー場、などで住み込みで働くアルバイトです。寮費や食費もでる場合が多く、お金を一気に稼ぎたい人にはおすすめです。
また、一緒に働く仲間も多いため、学生最後の思い出づくりにもなるかもしれません。

引っ越しバイト

こちらも短期でもOKなアルバイトの1つです。仕事はかなりの重労働ですので、体力に自信のある人にはおすすめです。
女性の方は注意して応募してくださいね。

ライター

Webサイト等に載せる記事のライターのアルバイト。成功報酬型、在宅OKな場合も多く、隙間時間に取り組むことができるのは大きなメリットです。

キチョnaviでは、一緒にキチョnaviを育ててくれる大学生ライターを募集しています。

ご希望される方は、こちらよりお問い合わせください。

残りの学生生活、後悔したくない!という人は

そんなあなたは以下の記事もおすすめです。

社会人になる前にやるべきこと15選〜後悔しない学生時代の過ごし方〜

まとめ

内定者アルバイトは内定先の雰囲気を知ることができ、且つお金ももらえるメリットの大きいアルバイトです。

デメリットも理解した上で、内定者アルバイトをするかどうか判断してみてください。

残り少ない学生生活。アルバイトに限らず、残された時間をどう使うのかしっかりと考え、後悔のないように過ごしてくださいね。


関連記事