fbpx

「就活したくない」気持ちはどう消化する?就活をしない選択肢とは

カテゴリ

「就活したくない」気持ちはどう消化する?就活をしない選択肢とは

「就活したくない」「そもそも、やりたいことがない」なんて就活生も多いのではないでしょうか?
やりたい仕事がなければやる気も出ませんし、やりたい仕事があっても選考に何度も落ちてしまうと、「就活なんてしたくない!」という気持ちになってしまいますよね。

 今回は就活したくないと思う理由やその気持ちの消化方法、就職以外の選択について紹介していきます。

大学生が就活したくないと思う理由って?

やりたいことがない

すべての人が「将来の夢」「やりたいこと」を明確に持っているわけではありません。
そんな「やりたいこと」がないのに就職先を探すのは、モチベーションが上がらないと悩む就活生も少なからずいるようです。

何社も落ちて自信をなくした

「頑張って就活をしているのに何社も落ちてしまった。」こんなときはどうしてもやる気が落ちてしまいますね。
自分が否定されているように感じてしまったり、また落ちてしまうのが怖くてさらに腰が重くなってしまう・・・。
なかなか内定がもらえない就活生はよく陥ってしまうケースです。

結婚して専業主婦になりたい

働くよりも結婚して専業主婦になりたいと考える学生もいます。
「女性だって働きたい」という時代から「ワークバランス」「プライベート」を重視する時代への変化により、専業主婦となって家族の時間を大切にしたいと考える人が増えているのかもしれません。

働きたくない

単純に「働きたくない」という理由で就活に積極的になれない学生もいます。
いまの大学生活が楽しくて、現状の生活を変化させてしまうことへの抵抗から就活に消極的になりがちです。

現代の就活の風潮が好きじゃない

企業研究、自己分析、エントリーシート作成、面接対策など、現代の就活はまるで受験対策のような様相を呈してきています。
一種のゲーム感覚的な競争によって内定を勝ち取らなければならない風潮に嫌気を感じている人もいるようです。

周りからの圧が嫌だ

就活を始めると、自分だけではなく家族や親戚、知人・友人も就活の状況を心配してくれるのではないでしょうか。
そんな支えが逆にプレッシャーになり、就活に対してネガティブなイメージを抱いてしまう人もいるかもしれません。

就活をしたくないのは、「やらされている」から?


では、この”就活したくない”という感情は、どう消化したら良いのでしょうか。

就活をしたくないと感じている人は、自分の中で就活をすることへの心の準備ができていないことが大きな原因のひとつです。
まだ自分の中で「就活をして社会人になる」という心構えができていないのに、「もうすぐ大学卒業だから」「みんなこの時期に就活を始めるから」という理由で就活をはじめてしまうと、心の奥底で「やらされ感」を抱いてしまいます。
この不満が、就活へのモチベーションを大きく下げてしまっているのかもしれません。

あなたが就活をする理由を考えよう


もし「就活すること」への疑問や不満を感じ始めたら、まずは自分の将来について考えてみましょう。
必ずしも「就職をすること」があなたにとってベストの選択ではないかもしれません。

そこで、今この機会に、自分のこれからの人生をどう過ごしたいか?をあらゆる選択肢を含めて検討してみることをおすすめします。
世界中を放浪してみてもいいかもしれません。
大学院に進学してさらに研究を進めてもいいかもしれません。
いきなり起業・独立する道もありかもしれません。

ただし、いいことばかりではなく、リスクからも目を背けずに徹底的に調査してください
こうして就活すること以外のあらゆる選択肢も検討した上で、自分が進みたい道を真剣に考えてみましょう。

間もなく大学卒業を迎える就活生は、いま大きな人生の転換点に立っています。
このときの判断がこれからの人生を大きく変えることになります。
どのような選択をするにしろ、このときの選択に後悔することがないよう、自分自身が納得できるまで、検討してみてください。

その上で、就活を選ぶのであれば、これから納得して就活に取り組むことができるのではないでしょうか。

就活をしない場合の選択肢ってどんなものがあるの?

就活を先延ばしにするのは時間の浪費!

就活をしたくないからという理由で、大学院進学を選んだり海外留学をする人も少なからずいます。
ですがこのような選択肢をとることは、単なる先延ばしであり、その数年間の時間が無駄になりかねません。

20代の数年間は今後の人生に与える影響がとても大きく、無駄にするにはもったいない時間です。
会社で2年間のキャリアの差は、大学卒入社と大学院卒入社以上の差が生じることも考えられます。

大学院に進学したり、海外留学を目指すのであれば、その先の将来も見据えて検討を行うといいでしょう。

起業する

自己分析を行った結果、独立心が強く、企業への就職が向いていないと感じることがあるかもしれません。
そういう場合は起業するという手もあります。
最近では学生ベンチャーなど若い起業家も多く誕生・活躍していますので、彼らの活動を参考にしてみても良いでしょう。

もちろん起業には多くのリスクが伴いますし、やみくもにやることはおすすめできません。
将来の安定性という観点では大きな賭けとなりますので、熟慮を重ねることをおすすめします。

フリーランスを目指す

起業ではなく、フリーランスを目指す道もあります。
在宅ワークが可能で、時間の融通が効きやすいフリーランスは、女性の働き方の一つとしてメジャーとなってきています。

ただしフリーランスは職人であり、自分の腕一本でお金を稼いでいかなければいけません。
そのためには確固たる技術を身に着けている必要があり、将来フリーランスとして働くために、まずは就職をして技術や経験を重ねる道を選ぶのもありでしょう。

家庭に入る

働くのではなく、家族とともに幸せな家庭を築きたいと希望する人もいるでしょう。
もしすでにこの夢を共有できるパートナーがいるのであれば、そのような選択肢もありかもしれません。
その際には、パートナーと将来についてよく話し合い、お互いに納得してから決めましょう。

なお新卒での就活タイミングを逃すと、今後、働きたい・就職したいと希望しても、希望の職につくにはハードルが相当高いと覚悟したほうがよいかもしれません。
まだ確固たるパートナーがいないのであれば、まずは就職して社会に出ることを考えてはみてはどうでしょうか。

不労所得で稼ぐ

絶対に働きたくないけど、生きるための生活費は稼がなくてはいけない。
そんな場合には
・家賃収入
・アフィリエイトで稼ぐ
・投資に挑戦する
などの手段によってお金を稼ぐ、いわゆる不労所得を狙う手もあるでしょう。

家賃収入
もし不動産財産を所有していて、土地を貸したり、マンション経営によって、働かなくても継続的な収入を得ることができます。
ただし生活できるだけの家賃を得られる価値がある不動産を所有していることが前提となります。

アフィリエイトで稼ぐ
インターネット上でブログやSNSを活用して、色々な会社の商品・サービスの紹介をしてお金を稼ぐ方法もあります。
これはアフィリエイトと呼ばれ、ブログの頑張り次第で月100万円以上を稼ぐ人もいるようです。
もちろん必ずしも稼げるわけではなく、将来に渡って収入が保証されているものではありませんので、注意しましょう。

投資に挑戦する
株式投資、FX投資、仮想通貨など、ある程度の自己資金を投入して、資産を増やしている人もいます。
投資家、トレーダーと呼ばれていますが、これは一種のギャンブルであり、当たり外れが大きい手段となりますので、挑戦するのであれば、大きなリスクを伴うことを覚悟しましょう。


こちらの記事もオススメ

まとめ

就活を進めていると、「なぜ就活しているのだろう」「なぜ就職しなくては駄目なんだろう」という不安に襲われることがあります。
そんなときは、一度原点に立ち返って、自分のこれからの将来について改めて考え直してみましょう。
もし周りに流されて何となく就活をしているのであれば、もし就活がうまくいってもいずれ後悔することになりかねません。

あなたの人生にとって、大学を卒業した後に「就職すること」「働くこと」が必ずしも正解ではないかもしれませんが、そのような道を選ぶことは大きなリスクが伴うことは明白です。
もし「就活をしたくない」と感じても、そこで就活をあきらめることをせず、なぜ就活をしたくないのか、本当にそれでいいのか?をもう一度自分自身に問いかけてみることをおすすめします。


関連記事