【女性版】バイト面接の服装マナー|私服OK、服装自由の場合

カテゴリ

【女性版】バイト面接の服装マナー|私服OK、服装自由の場合

アルバイトの面接では第一印象が大切です。
でも、女性はおしゃれの幅も広く、どんな服装で行ったらいいのか迷ってしまいますよね。

どんな服装ならアルバイトの面接で好印象を与えられるのでしょうか?
今回は、アルバイトの面接で押さえるべき服装のポイントや身だしなみについて紹介します。
この記事を読んで、希望のバイト先に合格しましょう!

服装の基本マナーは”清潔感”


どんな職種であれ、第一に意識すべきは「清潔感」です。
だらしのない服装や、むさ苦しい格好をした人と一緒に働くのは誰だって嫌でしょう。
「きちんとした人だな」
「この人となら気持ちよく働けそうだな」
という第一印象を持ってもらうために、こざっぱりした服装と身だしなみを心がけましょう。
そしてトータルできちんと見えるよう、着るものだけでなく、ヘアスタイルやメイクにも気を配りましょう。

どんな服装にすべき?

服装指定がない場合

募集要項をよく読み、特に服装の指定がなければ私服でいって問題ないでしょう。
高校生なら学校の制服を着て行ってもOKです。

ただし勤務要件に「ピアス禁止」「茶髪不可」といった禁止事項がある場合には、採用前だからと甘く考えず、面接にも勤務要件に合った格好をしていくことをおすすめめします。

私服OKの場合

「面接には私服でお越しください」などとわざわざ書かれている場合は、制服やスーツではなく私服で行きましょう。
「ラクな気持ちで来てくださいね」という心遣いもあるでしょうが、「普段の姿を見たい」という意図が含まれているかもしれません。

私服には着る人の「人となり」が表われやすいので、職場に合う雰囲気の人かどうかの判断材料にされることがあります。
ですから、たとえ私服OKと言われていても、あまりにラフな格好や奇抜な服装は控え、清楚な感じにまとめた方が無難でしょう。

スーツ指定の場合



こちらの記事もオススメ


たとえアルバイトでも、塾の講師やオフィスワークなど、制服やスーツで働く職種では、面接でもスーツを指定されることがあります。
また、そうした職種を目指す応募者は自発的にスーツを着てくることが多いので、1人だけ私服で行くと浮いてしまうかもしれません。

まだ就活前でスーツを持っていない人は、大学の入学式で着たスーツなど、シンプルなデザインのものを着ていきましょう。
この機会に、いずれリクルートスーツとして使えそうなものを買い求めても良いですね。

どんな私服が正解?

私服でアルバイトの面接に行く場合は、前述のように清潔感を意識して服装を選びましょう。
カジュアルすぎる服や露出の多いアイテムは避け、シワや汚れのないものを着用します。
きちんと感のあるシャツとスカートに上品なカーディガンを合わせるなど、きっちりしすぎず、かといってラフすぎない清楚なスタイルを目指しましょう。

一方、アパレルなどの接客業では、店で扱う商品のイメージに合う人材が選ばれる傾向にあります。
お店の雰囲気をよく見て、イメージに合う格好をしていきましょう。
わざわざそのブランドの服を買う必要はありませんが、「この人ならうちの商品を上手におすすめできそう」と思ってもらえるようなスタイルを意識しましょう。

アクセ・ネイルはOK?

シンプルなものを選ぼう

アクセサリーは、シンプルなものであれば問題ないでしょう。
ただし、あまりにも気合を入れて着飾っていくと、かえって軽薄な印象を与えるかもしれません。
あくまでも場違いにならない程度のおしゃれにとどめましょう。

飲食店の場合、ネイルは注意が必要

飲食店や介護職など、おしゃれに制限がある業界もあります。
特にネイルのストーンやピアスなどは、利用者の食事に混入する危険があるとして、禁止のところが多いようです。

そうしたおしゃれを面接時に注意されたら、
「採用されたら職場のルールに従います」
とはっきり答え、働く場合はネイルやピアスをやめる覚悟があることを伝えましょう。

ネイルOK、髪色自由のバイト先はCrumiで探そう。

「おしゃれなレストランで働きたい」「かわいい制服を着て働きたい」
多くの人が一度は憧れるインスタ映えするアルバイト先を、視覚的に簡単に探すことができる新しい求人サイト。

持ち物

かばんは履歴書の入る大きさのものを

アルバイトの面接では、その場で履歴書を提出することが多いものです。
相手がすぐに目を通せるように、履歴書はできるだけ折りたたまない方がいいでしょう。
履歴書はくしゃくしゃになることがないようにファイルなどに入れ、そのまま入るサイズの大きめのバッグで面接に臨みましょう。


こちらの記事もオススメ

メモをとれるもの、スケジュールがわかるもの

アルバイトの面接では、その場で合否が決まることも少なくありません。
採用となれば、すぐに初回の出勤日や直近のシフトの調整に入ることもあります。
その時になって慌てないように、メモをとる用意と自分のスケジュールがわかるものを持参しておくといいでしょう。

まとめ

アルバイトの面接といえど、あまり個性的な格好をして行くと、誤解を招いたりマイナスの印象を持たれたりすることがあります。
あとは仕事の性質と職場の雰囲気をよく考慮して、場違いにならないファッションで面接に臨みましょう。


関連記事