fbpx

企業にアピールできる新卒の自己PR!書き方のコツを押さえよう

カテゴリ

企業にアピールできる新卒の自己PR!書き方のコツを押さえよう

履歴書は企業に自分のことを知ってもらう重要なアイテムなので、記入する内容を慎重に考えなければいけません。
企業側は、どの項目も細かくチェックをしますが、なかでも自己PRは最も重要な部分といえます。

それは、書き方次第では企業が自分に興味を持ってくれるようなアピールができるからです。
とはいえ、どんなことを書けば良いのか分からない、アピールできることがないという人も少なくないのではないでしょうか。
そこで、新卒が自己PRを書くときに押さえたいコツを紹介していきます。

自己PRで企業が重視するポイント3つ

そもそも、自己PRにはどんなことを記入すれば良いのか悩んでしまいますよね。企業がチェックするポイントは大きく分けて3つあります。
この段落では、企業が自己PRを通して知りたいことや、重視しているポイントをチェックしていきましょう。

どのような人物なのか

企業がチェックするポイント1つ目は「どのような人物なのか」です。
入社が決まれば一緒に働くことになるため、どのような人物なのか確認しておかなければいけません。
もちろん、仕事ができるかどうかという能力を見極めることも大切です。

しかし、組織の仲間として迎え入れ、一緒により良い仕事をしていくためには、能力だけでなく性格や人格も重要になります。
企業は自己PRを通して、応募者の能力と共に人格も判断しようとしているのです。

社風に合っているか

2つ目のポイントは社風に合っているかです。
社風とはその企業の文化や価値観、経営理念などのことで、企業の個性ともいえます。
たとえば、アットホームな雰囲気で上司や部下が平等に話ができる、仕事を進めるうえでチャレンジ精神やチームワークが重視されるなどです。
社風は人の性格のように多種多様なので、どうしても合う合わないが出てしまいます。
社風に合わない人材を採用すると、職場の雰囲気や仕事の進め方に良くない影響が出る可能性があるため、企業は自己PRを通して社風との適合性を確認するのです。

仕事に対する熱意や将来性はあるか

3つ目のチェックポイントは、仕事に対する熱意や将来性です。
就職活動では、ほとんどの人が第一希望の企業に受からなかったときのために、滑り止めとしていくつかの企業に応募しますよね。

そこで、企業はその人物が本当に自社への就職を希望していて、内定後に実際に入社してくれるのかをチェックします。
さらに、仕事に対する熱意や、将来的に活躍できる能力がある人材なのかも見極めたいと考えています。
そのため、自己PRでは性格や特技だけでなく、企業が求める人材であることをアピールすることも大切なのです。

自己PRが書けない原因と対処法を解説!

企業が重視するポイントが分かっても、自己PRの内容が思いつかないという人も多いのではないでしょうか。
まずは、書けない原因を探り、それぞれに合った対処法を知ることが大切です。ここからは、自己PRが書けない原因や対処法について解説していきます。

書けない原因を考えよう

自己PRが書けない原因のひとつとして、アピールポイントがない、自分には強みがないと思い込んでしまうことが挙げられます。
本やインターネットに載っている例文を見ると「ボランティア活動をしました」「○○の大会で入賞しました」など、凄いなと思うことが書かれていますよね。
このような内容ばかりを目にしてしまうと、インパクトのある経験がない人は、自分には書ける内容がないと思い込んでしまうのです。

また、そもそも文章を書くことが苦手で書き方が分からない、説得力のある文章が書けないことが原因の場合もあります。

書けないときの対処法

企業は自己PRで応募者の人格や強みを知りたいので、「活動内容の凄さ」ではなく「人格や強みが伝わるエピソード」があれば良いのです。
そこで、アルバイトや部活、勉強など過去の経験を振り返ってみましょう。

たとえば、「飲食店のアルバイトで新メニューの提案をし、人気が出たので売上アップにつながった」などの成功経験です。
また、「部活でいつもほかの人より早く練習所に行き、準備をしていたことを褒められた」など、自分の言動が褒められた経験も自己PRにつながります。
このような過去の経験を思い出し、そこから「発想力がある」「コツコツ頑張ることができる」など、自分の強みを探し出すのです。

文章が苦手という場合は、自己PRを書くための手順や読みやすい書き方を学べばうまく書けるようになります。

▼ 自己PRの見つけ方を詳しく読む ▼

自己PRがない時の解決方法とは?長所の見つけ方と例文まで解説

自己PRはどのように書けばいい?書き方の手順と例文

自己PRが書けない原因と対処法が分かったら、次は、アピールしたいことがうまく伝わるよう、書き方にもこだわりたいところです。
そこで、具体的な書き方のコツや手順をチェックしておきましょう。ここからは、例文を交えながら紹介していきます。

手順1:アピールポイントを書く

自分がアピールしたい部分をうまく伝えるためには、最初に「結論」を書くのがポイントです。
なぜなら、一番最初に結論を書くことで、企業にアピールしたい部分が伝わりやすいからです。

たとえば、リーダーシップがあることをアピールする場合を例にとってみましょう。「私は部活で部長としてリーダーシップをとり、部員をまとめていました。
その結果、コンサートを成功させることができました」と書いたとします。これでは、アピールしたい部分が部長を務めていたことなのか、部員をまとめていたことなのか、コンサートが成功したことなのか分かりませんよね。

しかし、最初に「私の強みはリーダーシップがあることです」と、一言で書けばアピールポイントがスムーズに伝わるのです。
ほかにも、「私の長所は粘り強い性格です」「私には交渉力があります」など、冒頭に伝えたい部分を書き込みます。

手順2:根拠となるエピソードを書く

冒頭で伝えたいポイントをアピールしたら、次は根拠となるエピソードも書いていきます。
強みや長所などアピールしたい部分は伝わっても、具体的な根拠がなければ説得力はありませんよね。
リーダーシップをアピールしたいのであれば「吹奏楽部の部長として部員をまとめ、コンサートを成功させました」など簡潔に、かつ具体的にまとめることが大切です。

また、一見不利なマイナス面でも、それを覆すことができた経験があれば説得力を高められます。
たとえば、「運動は得意ではなかったのですが、苦手なことを乗り越えていきたいと考え、トレーニングに励みフルマラソンで完走しました」などです。

手順3:仕事にどう活かせるのか書く

最後に強みや長所、これまでの経験をどう活かしていきたいのか、将来の展望を書きましょう。

たとえば、「将来はリーダーとしてチームをまとめていきたいです」「粘り強い性格を活かして、営業活動をがんばりたいと考えています」などです。
仕事をするうえで自分の強みや長所をどのように使っていこうと考えているのかを書くことで、企業はどんな戦力になるのかイメージしやすくなります。


こちらの記事もオススメ


自己PRの書き方を相談したいというときは

就活支援をしている会社にお願いするのがおすすめです。
数多くの就活生を支援してきた実績から、あなたの強みを見つけて自己PRの完成はもちろん、内定までをサポートしてくれます。



DiG UP(ディグアップ)は、ひとりひとりに合わせた親身なサポートが評判の就活サポート会社です。

自己PRを書くときに気を付けたいポイント

例文を挙げて書き方のコツを紹介しましたが、より自分に興味を持ってもらうためにも、押さえておくべきポイントがあります。
ここからは、自己PRを書く際に気を付けたい3つのポイントをチェックしていきましょう。

企業のニーズに合わせる

1つ目のポイントは「企業のニーズ(求める人物像)に合わせる」ことです。自己PRがどんなにすばらしい内容でも、企業が求めている人材とマッチしていなければ選考を通過できません。
企業は自己PRで社風と合っているかを確認すると説明しましたが、同時にニーズに合っている人材かどうかもチェックします。
営業の仕事であれば行動力や目標を達成するための努力ができる人、チームワークが必要な仕事なら協調性のある人が求められるでしょう。

そこで、応募要項やホームページで企業のニーズをリサーチして、求めている人材に合った強みやエピソードを書いていきます。
そのため、応募先の企業によって内容を変えることも必要なのです。

読みやすさを重視する

2つ目のポイントは「読みやすさを重視する」ことです。
企業はたくさんの履歴書をチェックするので、読みやすい自己PRにするだけでも印象がアップします。

誤字脱字に注意することはもちろん、文字量やレイアウト、フォントにも気をつけましょう。
句読点や改行を適度に使用し、自己PRスペースの8割以上は埋めるよう意識します。
また、結論・根拠・展望という構成を考えながら、相手に伝わりやすい文章にすることも大切です。
手書きの場合は、一字一字丁寧に書くようにしましょう。

説得力のある文章にする

そして、3つ目のポイントが「説得力のある文章にする」ことです。
説得力をアップさせるには、根拠となる具体的なエピソードやデータを盛り込みます。
たとえば、1年間トレーニングをしてフルマラソンを完走したのなら、具体的に「1年間」という数字も交えて説明します。

ただし、失敗談や困難な出来事を乗り越えた経験などを書く場合、悲観的な文章にならないように注意が必要です。
失敗や困難な出来事も、前向きに考えて乗り越えたことをアピールします。それから、誇張したり自慢したりするような文章も印象がダウンしてしまいます。

自己PRは自分の力を誇示するところではなく、あくまでも「自分の良さを知ってもらう」ところです。背伸びをせずに、ありのままを見てもらいましょう。

自己PRは担当者に伝わる文章で等身大の自分をアピール!

自己PRというと、聞いた人が凄いと思うようなエピソードでなければならないと考えがちですが、そうではありません。
人物像や将来性があるかなど、等身大の自分を企業に知ってもらうための大切な手段です。書き方のコツと手順を把握し、企業のニーズや読みやすさを意識しながら書いて、アピールしたい部分が担当者にわかりやすく伝わるような自己PRしましょう。


関連記事