fbpx

就活中の不安を解消!思考をうまくコントロールする方法とは

カテゴリ

就活中の不安を解消!思考をうまくコントロールする方法とは

就活はこれからの人生を左右する重要なライフイベントです。
きちんと就職できるのか、学生から社会人に変わるうえで環境がどのように変化するのか、不安は尽きないでしょう。

就活生にとって、企業での就業は未知の世界です。
知らない世界に対して不安を抱くのは自然なことですが、不安が大きすぎるとストレスが溜まり健康にもよくありません。
今回は、就学生が不安になってしまう原因や不安の解消法などを紹介していきます。
ぜひ、自分に合った解消法を見つけましょう。

就活における不安の原因とは?ケースごとに解説

日本での大まかな就活の流れは決まっているので、就活生が抱きやすい不安もある程度共通しています。
就活において、どのような点に不安の原因があるのでしょうか。
一般的に抱きやすい不安について、具体的に解説していきます。

就活中の不安

・インターンに関する不安
就活の最初の段階で感じやすいのは、インターンに関する不安です。
そもそもインターンはすべきなのかどうか、インターンに受かるのかなど参加する前から不安に感じることもありますよね。
また参加が決まってからも、自分をアピールするには効果的である反面、インターンで失敗しないか、参加することで自分に合った仕事が見つかるのかなど、さらに不安を抱きやすくなります。

・選考に関する不安
次の段階では、企業に提出するエントリーシートや履歴書の書き方に悩む学生も少なくありません。
うまく書こうと思うほど、筆が止まってしまう就活生も多いのではないでしょうか。
また、無事に書類選考が通ったとしても、面接で上手な受け答えができるかも不安の原因のひとつです。

・内定がもらえるかどうか不安
就活中にずっとつきまとう不安は、内定をもらえるかどうかでしょう。
就職するために活動をしているわけですから、不安を抱くのも当然です。

内定後の不安

就活生の不安は内定後もつきまといます。
内定した会社との相性は、実際に働いてからでないと判断がつきません。長かった学生生活に終止符を打ち、社会人になることへの不安もあります。
生活環境や活動内容やサイクルがガラリと変わるので、新生活に対する不安は大きいでしょう。

また、就職が決まっても、第一希望の企業に入社できるとは限りません。気持ちを整理できないまま就職するのは大きな不安の原因となります。
たとえ第一希望の企業に内定したとしても、仕事についていけるのか、続けていけるのか自信がないといって不安になるケースもあります。

就活中の不安を和らげる具体的な解決策は?

就活中の不安は、内定をもらう前後の状態が一番大きいかもしれません。これらの不安を和らげるには、どのような対策を取ればいいのでしょうか。
前述した不安に対する原因ごとに、具体的な解決策を紹介していきましょう。

こちらの記事もオススメ


事前準備をしっかりする

万全な事前準備は、就活の不安を和らげるのに大きな役割を果たします。
インターンや面接では、第一印象が大切です。
就活生らしい服装、ヘアメイク、身だしなみなどを学び、実践しましょう。

エントリーシートや面接対策では、文章の書き方や敬語の使い方を学ぶのが効果的です。
文法は正しく使い、尊敬語と謙譲語を使い分けられるようにしましょう。

企業と自分の相性や仕事を継続できるかどうかについては、情報収集が重要です。
就活についてはもちろん、企業や希望する業界の情報をできるだけ多く集めます。
未知への不安は、綿密な情報収集で大きく和らげることができるでしょう。

社会人に相談する

内定した企業との相性や入社した会社でうまくやっていけるのかについては、すでに社会人として働いている先輩に相談するのが効果的です。
この方法のメリットは、学生があまり接することのない社会人からの視点で相談に乗ってもらえる点です。
仕事を継続するうえでの注意点、実際に困ったこと、うれしかったことなど、臨場感のあるアドバイスをもらえるでしょう。

もし、知り合いに人事経験のある人がいれば、採用担当の立場からアドバイスをもらうのもおすすめです。
就活の不安を解消するなら、積極的にアポイントを取り、しっかり相談するようにしましょう。

就職支援サービスを利用する

前述した方法でなかなか不安が解消されない場合は、就職支援サービスを利用してみましょう。就職支援サービスのスタッフは就活のプロといえる存在です。
就活のノウハウはもちろん、就活生が抱きやすい不安についても熟知しています。

エントリーシートの書き方や面接での振る舞い、話し方について具体的にアドバイスしてくれるでしょう。
コンサルタントとの綿密なカウンセリングによって、自分に合った仕事もわかるようになります。

希望する会社の企業風土や採用情報、仕事内容など、得られる情報も豊富です。
就職支援サービスなら、就活に関するほとんどの不安は解消してくれるでしょう。

気分転換におすすめ!就活以外の活動で不安を解消!

就活に行き詰まりを感じたときは、思いっきり気分転換をしましょう。ポイントは、オンとオフの切り替えです。
就活中は神経が張り詰めてストレスを感じやすくなっています。緊張状態が続けば、心身ともに疲弊してしまいます。
友だちや恋人と出かけたり旅行へ行ったりして、不安な気持ちを解消しましょう。

身体を動かして不安を解消!

軽いスポーツで体を動かすのも効果的です。散歩がてらのウォーキングや友人とのボーリングなどでも、気分が晴れれば良いでしょう。

映画やドラマで不安を解消!

体が疲れている人は、部屋で映画やドラマを観てみましょう。明るいストーリーの映画やドラマを選ぶのがポイントです。
観ていて元気が出るような、ポジティブになれるようなストーリーなら、新たな気持ちで就活と向き合えるでしょう。

本を読んで不安を解消!

不安を解消するために読書をするなら、就活に役立つ実用的な本と、気分転換ができる本の2種類がおすすめです。
就活のノウハウ本は、効率的な就活や面接対策に役立ってくれます。
ビジネスに関連した本は、就職したあとどのように働いていくべきか、自分の展望を整理するうえで参考になるでしょう。

面接での受け答えはもちろん、集団討論の場でもさまざまな話題に対応できます。
就活から少し離れて気分転換をするなら、ファンタジー小説のような非日常的なストーリーを選びましょう。
恋愛小説や海外の推理小説など、自分が好きなジャンルの本などもおすすめです。
読書は文章力や語彙力のアップにつながるため、エントリーシートや履歴書を書く際にも役立つでしょう。

心のセルフコントロールで不安を解消して就活を乗り切る!

不安になりやすい就活中は、心をセルフコントロールする方法を身につけて、平常心を保ちましょう。
ストレスや不安を感じないようにするのは難しくても、就活中の心の持ち方で、不安を和らげたりストレスを軽減したりできます。

変えられることに意識を集中する

物事には、変えられることと変えられないことがあります。就活中はいろいろな場所に出向いたり多くの人とコミュニケーションを取ったりします。 
自分では変えられない事象について悩んでいても、物事は解決しません。たとえば、他人の言動や思考をどうにかしようと思っても、自分で変えられません。
周囲の出来事に対して湧き上がる自分の感情も、なかなか変わらない類のものでしょう。お腹や頭が痛い、気分が悪いなどの生理現象も同じです。
しかし、自分の考え方や行動は、自分の心がけ次第で変えられます。自分が変われば取り巻く環境も代わり、結果、不安が払拭できる可能性も出てくるでしょう。

プラス思考トレーニングをする

物事をネガティブに捉えがちな人は、プラス思考のトレーニングがおすすめです。プラス思考は、成功体験の積み重ねで身につけられます。
タスクを一つずつ解決して、小さな成功体験を繰り返すのがコツです。「第一希望の企業から内定をもらう」という目標は、人によっては大きすぎるかもしれません。

それよりは、今日は就活のノウハウ本を1冊読む、履歴書に書ける自分の長所やアピールポイントを見つける、などの小さな目標をクリアしていくようにしましょう。
どのようなことでも「運が良かった」と思えるメンタルは大切です。たとえ1つ失敗をしてしまったとしても「これで次の面接に活かせる」と捉えられれば、就活に対して前向きに取り組めるようになります。

不安な気持ちをコントロールして前向きに就活に取り組もう

就活は今後の人生を決める重要なイベントですから、不安になるのが当たり前です。
自分の気持ちをコントロールして、なるべく早めに不安な気持ちを和らげるようにしましょう。
不安な気持ちは表情や言動などに表れやすく、就活にも不利になります。
ネガティブな思考をポジティブに切替えられれば、前向きな気持ちで就活に臨めるでしょう。


関連記事