fbpx

就活は秋採用が厳しいってホント?秋採用を勝ち抜くための対策を公開

カテゴリ

就活は秋採用が厳しいってホント?秋採用を勝ち抜くための対策を公開

春採用の就活に成功できなかったあなた。
うかうかしているとあっという間に秋採用の時期がやってきます。
「まだ内定をもらえていない」、「部活に打ち込んでいて、今から就活を始める」、「公務員に落ちて就活にシフトした」というそれぞれの事情もあるでしょう。
しかし焦って就活を続けても成功の見込みは薄いです。まずは落ち着いてこれまでの就活を振り返り改善していきましょう。
秋採用を勝ち抜くには、まずはその特徴を理解することが最も大切です。
今回はこれから秋採用に臨む就活性に向け、秋採用を勝ち抜くための秘訣を徹底的に紹介します!

秋採用の実態とは

秋採用はどういう流れで進んでいくのか?その実態をしっかりと把握しておくことが大切です。秋採用は春・夏の就活と同じ気分ではなかなか乗り切れません。
しかし落ち込んだりすることはありません。今から秋採用のための準備にとりかかり、納得のいく形での内定を目指しましょう。

秋採用のスケジュール

秋採用の開始時期は企業全体で統一されているわけではありません。一般的な募集開始は8月からの場合が多く、中には「夏休み後」という企業もあります。
そして年内には内定がもらえるというスケジュール感です。基本的な流れは春採用と変わりません。
ただ企業によっては12月以降に設定した冬採用も「秋採用」と認識しているところもあります。

ひとつ注意点としては、秋採用募集期間がある程度あっても、予定人数の採用数が確保できたら採用終了となる企業がある、ということです。
そのため、自分が狙った企業なら、素早く選考に臨むことも大切です。

秋採用をする企業


「秋採用をする企業は人気がなかった=ブラック企業?」と考える人がいるかもしれませんが、これは違います。
2019年卒は売り手市場で、日本の企業数に対して圧倒的に就活生の数は足りていません。

またすべての企業が新卒採用をやっていないにしても、なかなか採用がうまくいっていないのが現状です。
春採用では、望む学生を定員確保できていない企業は数多く存在するのです。中小企業の約半数においては、満足のいく採用が行えていないといわれています。
秋採用が「望み薄」とは決して思わずに、まだまだ可能性があること知っておくと良いでしょう。

秋採用の倍率

大手企業が春・夏に学生を十分に獲得できなかった場合、秋採用に一定枠で求人を出すことは多いですが、特に倍率は高くなると予想されます。春・夏採用と同等か、それ以上となる可能性は高いです。

そのため、ただ選択肢を大手企業だけに絞ることは就活を成功させる可能性を狭めることになるでしょう。中小・零細企業が必ずしも劣っていることはなく、優良企業はたくさんあります。大手企業の倍率だけを意識することは望ましいとはいえません。

こちらの記事もオススメ


ライバルはどんな就活生?

秋採用に臨むあなたのライバルとなり得るのは、公務員に落ちた就活生、体育会系の学生、語学や専門的なスキルのある留学体験者、就活はしていたが上手く内定がもらえなかった学生などです。何とか就職先を見つけようと、目の色を変えて挑んでいる人は決して少なくはありません。手ごわいライバルばかりと言えるでしょう。

しかし手ごわいからといって最初から弱気にはなる必要はありません。その分、ライバルに打ち勝つ準備をすれば良いのです。

秋採用でもこれを押さえておけば大丈夫!

秋採用はとにかく厳しいという考えになるかもしれませんが、それでも十分に内定をもらえる可能性はあります。
時間が十分にないのは事実ですが、ここで焦りは禁物です。以下のポイントに注意して就活を進めていきましょう。

軸を明確にしておく

秋採用は卒業までの時間が迫っていることもあり、焦る人は多いです。やみくもエントリーしたくなりますが、対策も中途半端になり良い結果は期待できません。
次から次へエントリーするのではなく、自分の軸と本当にやりたいことを定め、その軸にあった企業を見極めて受けることです。

自分が何をしたいのか、どの点を重要視するのか、何は譲れないのかなどをはっきりさせましょう。そして企業を絞って面接に挑みましょう。

狙い目の企業を受ける

秋採用では狙い目の企業を受けることをおすすめします。
春採用に比べると採用枠が小さくなるので、大手企業や有名企業は倍率が高くなります。もちろん受けてもいいですが、そこだけに集中して時間を割いたり力を注ぐのはリスクになります。
あまり名の知れていない、優良企業にも目を向けてみるのが良いでしょう。
狙い目の企業は以下のような企業です。

中堅以下の規模や、名の知れていない企業
知名度が低くて聞いたことがない中堅以下の規模の企業でも、あなたが知らないだけで優良企業はたくさんあります。
決してブラック企業ではなく、消費者が知らないだけなのです。
大手メーカーに安定的な供給を続けている、ニッチな分野でトップシェアを誇る企業など、業界では有名な企業は多く存在します。BtoB企業にも安定している優良企業がたくさんあります。

・BtoBとは
法人を顧客としてビジネスを展開している企業。
一般消費者の目に止まる企業(化粧品メーカー、家電メーカー)などはBtoCと言われる。

 

こちらの記事もオススメ


大手企業のグループ会社
大手企業そのものよりもグループ会社の方が狙い目です。グループ会社の方が選考難易度は高くない場合が多いからです。それでも福利厚生は大手企業に準ずるレベルで、経営は安定しているという点は見逃せません。

大学で求人を出している企業
大学に求人を出している企業も狙い目です。その理由は、裏を返せばその大学の学生を企業がほしがっているということです。
そう考えたら採用もされやすい傾向にあるといえます。

以上が狙い目企業です。春採用は企業の数も多く狙いが定まりにくかったのが、秋採用の方が一社一社じっくりと分析をできるというメリットもあります。その結果、今までは関心が無かった業界への興味が湧くこともあり、新しい道が開けることも少なくありません。

よく聞かれる質問に備えておく

秋採用に挑んだ場合、ほぼ聞かれる質問がありますから、あらかじめそれに備えての準備をしておきましょう。
面接官は、あなたが春採用ではなく何らかの事情があって秋採用の面接に来ていることを知った上で質問をしてきます。
以下の受け答えの例を参考にしてみてください。

ケース1
面接官
なぜ最初から弊社を受けなかったのか?
あなた
今に到るまで内定をもらえなかった理由を自分なりに分析し、改めて○○という軸で就活を再スタートしたところ、御社に出会えました。

POINT
取り繕わずに正直に伝えることで、失敗に向き合う姿勢をアピールできます。内定をもらえていないから新たにこの企業を志望していることは面接官もわかっています。ですから志望が変更したことを素直に伝え、この企業でも自分を高めていく意欲があることを伝えます。人柄がアピールできる絶好の機会ともなります。

ケース2
面接官
志望動機は?
あなた
御社でぜひ○○をやりたいからです。その理由は□□だからです。

POINT
明確に伝えることが大切です。
おそらく大半の秋採用に臨む学生の志望動機の本音は「内定が出ていないから」でしょう。
そのため志望動機を聞かれてもあやふやな学生は多くなります。そこで意欲を見せ、他者に負けない志望動機でアピールできれば、採用に大きく前進します。

仮にウソをついても、ほぼばれてしまいます。誠実に、正直に答えるように心がけましょう。

まとめ

今回は、秋採用の就活を勝ち抜くための秘訣をお伝えしました。
秋採用は楽々と通過できるものではないでしょうが、あまり「厳しい」「難しい」というイメージを強くは持たないことです。
事前のリサーチと分析を行い、不安よりも十分な準備と前向きな気持ちを持つことが大切です。

ひとつひとつポイントを押さえて臨めば、あなたの良さがしっかりとアピールできる面接となるはずです。とにかく自分を信じて秋採用に臨みましょう。


関連記事