fbpx

【就活】履歴書の学歴はいつから?学歴・職歴欄の書き方を解説

カテゴリ

【就活】履歴書の学歴はいつから?学歴・職歴欄の書き方を解説

就活で企業に提出する履歴書の書き方には決まりがあるのでしょうか?
履歴書の書き方が間違っていては、それだけで相手にマイナス印象を与えてしまします。
一人ひとりの経歴によって異なる履歴書ですが、就活においてはベストの状態に仕上げておきたいですよね。
今回は就活用の履歴書で迷いやすい「学歴の書き方」と、履歴書全体の適切な書き方のポイントをお伝えします。

履歴書の学歴欄はいつから書く?


就活のための履歴書の学歴は、中学卒業時から書くのが一般的です。
中学を卒業したのは何年か、間違えないようにさかのぼって調べてください。
ただ、必ず中学卒業から書かなくていけないと定められている訳ではありません。
ケースによって違いますが、新卒の場合は「中学卒業」からと覚えておいてください。

そもそも企業が学歴をみるのは、「あなたが教育を受けた環境」を知り、「採用するのに適している人か」を判断するためです。
採用の判断基準のひとつになる大切な項目ですから、学歴欄はそれを踏まえてきちんと書く必要があります。
履歴書ではそれが一目瞭然でわかりますからね。

さらに、学歴からその人の得意分野や専門性もわかります。
高校や大学で専攻している分野によっても、企業が必要としている人材かどうかの判断材料になります。
さまざまな技能やスキル、知識を学んできたかどうは、採用の可否にはかなり影響するでしょう。

履歴書には、学歴をただ並べればよいのではなく、アピールに十分活用できる部分であることを知ってください。

学歴・職歴欄の基本の書き方

一行目の中央に「学歴」と見出しを書く

履歴書の「学歴・職歴」と文字が印刷されている下の中央に「学歴」と書きましょう。
「学」と「歴」の文字の間に一文字分スペースを空けて書くと見栄えが良くなります。
そして、二行目から学歴を書き始めます。

中学から大学までの学校についての書き方

中学は「卒業」のみとし、高校は「入学」と「卒業」、大学は「入学」と「卒業見込み」と書きます。
その際、「中学」「高校」などと学歴は略さずに、「中学校」「高等学校」としてください。
もし大学院に在籍している場合は「卒業見込み」ではなく「終了見込み」と書くのが正式です。
また、注意点として「卒業予定」「修了予定」という書き方も間違いではありませんが、若干ニュアンスが不確かになるので、「見込み」の方が企業は安心します。
そして「見込み」は「見込」ではなく、ひらがなの「み」まで書いてください。
さらに「學」や「國」などの旧漢字が学校の正式名称であれば、履歴書にも旧漢字で書きましょう。

学校名の後に続く学科や選考も書くこと

学校名の後に、学科や専攻があれば、そこまで記入しましょう。
その理由は、学科や専攻で企業側が受ける印象が変わりますし、自分をアピールする材料にもなるからです。
高校でも複数の学科がある場合は「普通科」などと記入する方が親切です。
また、学科や専攻を書く場合、一行に収まるように書いてください。
どうしても長くて収まらないときは、区切りの良いところで二行に分けて記入しましょう。
名称の途中で区切らないように注意してください。

年号は和暦か西暦か履歴書全体で統一する

年号は和暦(昭和や平成)でも西暦でも、どちらでも良いとされています。
ただ、履歴書全体でどちらかに統一してください。
一般的には和暦を書くことが多く、西暦で書く特別な事情がなければ、和暦で書くのが無難でしょう。

職歴

学歴を書き終わった下の一行を空けて、中央に「職歴」と書きます。
学生の場合にアルバイトは職歴にはならないので、行の左に詰めて「なし」と記入します。
そして、最後には「なし」の下の行の右隅に、奥に詰め過ぎないように「以上」と書きます。

ここまでが、学歴・職歴欄の基本の書き方です。

履歴書を書く時のポイント


履歴書は自分のことを紙一枚でアピールする重要なものですから、より企業側に自分のことが伝わるように、ポイントをおさえて書きましょう。

学校指定のものがおすすめ

市販の履歴書と学校指定の履歴書との違いを考えると、就活生は「学校指定の履歴書」を使った方がよいでしょう。
その理由は、就活性が自己PRをしやすいように構成されていることと、学校名や校章が印刷されているので、一目で出身学校がわかるというメリットがあるからです。
市販の履歴書だと、自己PRなどアピールできる情報を書くスペースがないものもあります。
その分、就活には直接関係がない空欄にしかならない項目が印刷されている場合もあります。
就活なら学校指定のものをおすすめします。

写真の裏面には氏名を書く

写真が履歴書から剥がれてしまったときのために、裏面には大学名、氏名を必ず書いておいてください。
また、曲がらないようにきれいに貼付します。
また、履歴書を書き損じる場合もありますので、写真は最後に貼りましょう。

印鑑は先に押す

履歴書を作成するときは、印鑑は最初に押すようにしてください。
履歴書をすべて書き終えてから印鑑を押すと、「最後の最後で印鑑がまがってしまった」などの事態が起こり得ます。

鉛筆で下書きをしよう

履歴書を手書きで作成する際に誤字脱字かあった場合、修正液や修正テープはNGです。
そのため、あらかじめ鉛筆などで下書きをするのがおすすめです。

そして清書は黒ボールペンを使いましょう。消せるボールペンは避けましょう。
また、3本100円とかで売られている安価なものは、滲みやすいとかの難点がありますから要注意です。

手書きとパソコンどっち?


履歴書は、手書きとパソコン作成のどちらがよいのでしょうか?それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

手書きのメリット
・筆圧の違いで、誠意や熱意が感じられやすい
・手書き文字が整列されていることで、丁寧さが伝わりやすい
・適度な大きさがおおらかな印象を与える
・文字の勢いを感じさせ、活力が伝わりやすい

手書きのデメリット
・作成に時間を要する
・文字が読みづらい、整っていないなどの場合はマイナス印象も

パソコン作成のメリット
・作成時間が短縮できる
・パソコンのスキルをアピールできる

パソコン作成のデメリット
・受け取った担当者によっては、誠意や熱意が伝わりにくい

履歴書が、手書きかパソコン作成が良いかはそれぞれですが、最も肝心なことは中身が丁寧に作成されているかどうかです。
マナーに沿って書かれているか、誤字脱字はないか、印刷の途切れはないかなどもしっかりと確認しましょう。

好印象な書き方の詳細は以下の記事も参考にしてください。

【就活】履歴書を手書きはもう古い?判断方法や好印象な書き方とは


こちらの記事もオススメ

まとめ

就活における履歴書は、企業の人と会う前のファーストコンタクトです。
それはすでに自己PRが始まっていることを意味しています。
その履歴書で、まずあなたがどういう人物であるかどうかが採用担当者に「想像されてしまう」わけです。

とても大切な一枚の用紙ですね。

その履歴書の学歴欄においては、「ただ学歴を書くだけ」「だいたいわかればいい」ということは決してありません。
それは、プラスの印象にならないだけでなく、採用担当者が書面の書き方や礼儀に厳しい人であれば、相当なマイナス印象になってしまうからです。

履歴書に、どれだけ「企業に対する熱意」「真剣さ」「丁寧さ」が表現されているかで、あなたの就活がどう進んでいくかが大きく左右されます。
ぜひ企業にあなたの最も良い印象が伝わるように、履歴書作成にしっかりと臨んでください。


関連記事