就活でアイメイクはどうするべき?好印象を与えるメイク方法

カテゴリ

就活でアイメイクはどうするべき?好印象を与えるメイク方法

目顔全体の印象を大きく左右する目元。
就活でアイメイクをどうしたらいいのか悩む就活女子も多いですよね。
今回は就活で好印象なアイメイクの方法や、絶対に必要なおすすめアイメイクアイテムについて紹介します。

この記事を読んで好印象な目元を手に入れましょう!

就活はナチュラルメイクが基本!


就活メイクのポイントは清潔感と全体的なバランスです。
顔がすっぴんや極端な厚化粧では、リクルートスーツとのバランスがとれない上に、清潔感も感じられません。

全体のバランスと清潔感、両方をクリアするにはナチュラルメイクがおすすめ。
普段メイクをしない人も、逆にメイク上級者の人も、この機会に基本のナチュラルメイクをしっかり身に付けておきましょう。

就活で好印象なアイメイク方法


就活用のアイメイクでは、きちんと感と適度な目力を出すことに重点を置きましょう。
自分をかわいくみせるメイクではなく、フレッシュ感と清潔感をアピールするメイクです。
使うアイテムは最小限に抑えつつ、一つ一つのプロセスを丁寧に仕上げることが大切です。

用意するアイテム

ビューラー
目の形によって合うビューラーと合わないビューラーがあるので、まずは自分の目の形に合ったビューラーを探しましょう。

まつ毛に当てた時に眼球など余計な部分に本体が当たらず、なおかつ目頭から目尻までしっかりまつ毛をキャッチできるビューラーが理想です。
どうしても難しい場合は部分用ビューラーやホットビューラーを併用しましょう。

マスカラ
マスカラはボリュームを出すタイプのものより長く見せるタイプの方が仕上がりが自然です。
そしてにじんだり目の下が汚れたりするのを防ぐためにも、ウォータープルーフタイプをチョイスしましょう。
色はブラックかダークブラウンが就活らしくておすすめです。

アイシャドウ
ブラウンやベージュなどナチュラルな色を。ラメ入りのものは避ける。

ナチュラルメイクを目指すならインパクトのあるカラーは避けましょう。
ブラウン系かベージュ系で落ち着いたグラデーションを作るのが王道です。

あまり目元をキラキラさせると浮わついた印象になってしまうので、ラメの入ったアイシャドウは避けた方が無難です。
上品なツヤを出すパール入りにとどめましょう。

目の形・顔タイプ別!就活で好印象なアイシャドウの選び方・入れ方

アイライナー
マスカラ同様、色はブラックかダークブラウンがおすすめです。

普段使い慣れていない人は無理に使わなくてもO.K.ですが、アイラインがあると無いとでは目元の印象が大きく変わります。
使いやすいパウダータイプから少しずつ練習してみてはいかがでしょうか。

就活メイクはアイラインで決まる?好印象な色・引き方はこれで完璧

手順

普段のメイクなら、アイシャドウを付けた後にアイラインを引く人も多いのではないでしょうか?
けれども就活メイクでは、あまり主張しすぎるアイラインは好まれない傾向にあります。

ですからアイラインを先に引き、上からアイシャドウを重ねることで、柔らかな印象に仕上げるといいでしょう。
こうすることでにじみがちなアイラインを落ち着ける効果も期待できます。

気になる基本的な就活用アイメイクの手順は次の通りです。

ファンデーションでベースを整える
あまりしっかりファンデを付けてしまうとヨレや崩れの原因になります。
顔全体にファンデを延ばしたあと、手やパフに付いた残りを軽く叩き込むくらいで十分でしょう。

アイライナーを引く
まつ毛の隙間を埋めるように、線を引くというより点をスタンプしていくような感じで、まぶたのキワにごくごく細いラインを丁寧に入れていきます。

目尻を跳ね上げたり下まぶたにもラインを入れるような余計なテクニックは控えましょう。
ちなみにアイラインがどうしても苦手な人は、この工程は飛ばしてもかまいません。

アイシャドウを付ける
5色以上のセットもたくさんありますが、あまり色数の多いアイシャドウは就活メイクには必要ありません。
薄い色から濃い色まで3色あるいは4色入ったセットで十分ではないでしょうか。

まず1番薄い色をまぶた全体に薄く塗ったら、2番目に薄い色をアイホールに合わせて広げ、その後濃い色を目のキワにのせてグラデーション状にぼかします。

この時、濃い色をあまり広げすぎると派手な感じになりがちです。
薄い色は指で、濃い色はチップで延ばすとうまくいきますよ。
アイラインが苦手な人は、アイライナーの代わりに一番濃い色のアイシャドウを細いチップでまつ毛のキワにごくごく細く引きましょう。

ビューラーでまつ毛をあげる
ビューラーは目元をパッチリさせる上で必要不可欠なアイテムですが、あまりクルクルにカールさせるとナチュラル感が損なわれてしまいます。
根本をしっかり立ち上げたら、あとは軽い力で毛先まで少しずつビューラーをずらして自然なカールを付けましょう。
そして目頭や目尻に上げ残したまつ毛が無いか細部までしっかり確かめましょう。

マスカラを付ける
根本から毛先まで、素早くサッとひと塗りします。
揺するようにしっかり付けてしまうと、ボリュームが出すぎたりダマになったりしてナチュラルな仕上がりになりません。
下まつ毛のマスカラは、就活メイクでは我慢した方がいいでしょう。


こちらの記事もオススメ

マツエク・つけまはOK?


マツエクやつけまはあまりおすすめしませんが、どうしてもという場合は次の点に気をつけましょう。

まず、太さやカールはできるだけ自然なものを選ぶことが大切です。
マツエクの場合なら太さは地毛と同じくらい、なおかつJカールかCカールくらいのゆるめカールにしておけば、ナチュラルな仕上がりになります。
本数は~80本くらいが目安です。

顔立ちにもよりますが、100本を超えるとどうしても盛った感じが出てしまいます。
就活中であることをお店の人に伝えて、客観的なアドバイスをもらいましょう。

就活中のマツエクはNG?圧倒的に有利になるアイメイクノウハウ

就活でアイプチやつけまはマナー違反?好印象なアイメイクとは

就活でおすすめなプチプラアイメイクアイテム

アイライナー

フローフシ モテライナー リキッド ブラウンブラック


筆タイプのリキッドアイライナーです。
書き心地もよくにじみにくいため使いやすいでしょう。
ブラウンブラックが少し濃いと感じる場合はブラウンもおすすめです。


ラブ・ライナー ペンシル (アッシュブラウン)


ペンシルタイプのアイライナー。筆タイプが苦手な方におすすめです。
柔らかいペンシルなので、スルスルとラインが引けます。
上記のブラウンブラックのモテライナーと比べると薄づきに感じるかもしれませんが、ナチュラルメイクにはぴったり。
同シリーズのヌードブラック、ミディアムブラウンも就活にぴったりな色合いなので、自分に似合いそうな色を選んでみてください。


キャンメイク ジェルラインアーティストB02 ショコラブラウン 0.2g


ペンシルタイプのジェルアイライナー。
書き心地は普段使用しているアイライナーによって、硬いと感じる人、柔らかいと感じる人と分かれますが、値段を考えるとコスパはいいと言えるでしょう。
キャンメイクは薬局で手に入りやすく、テスターなどで使用感も見れるので挑戦しやすいですよ。


アイシャドウ

キャンメイク パーフェクトスタイリストアイズ02


ブラウン系のアイシャドウなので、ナチュラルな目元に仕上げてくれます。
ラメ入りではあるものの、ラメ感が強くないので程よく華やかに可愛らしい仕上がりになります。
値段も安く、コスパ面はかなりいいです。


エチュードハウス(ETUDE HOUSE) プレイ カラー アイズ ワインパーティー


人気のエチュードハウスのアイシャドウは、色数が多いため、就活用にもプライベート用にも使えます。
ただし、発色が良いため、就活ではつけすぎないように注意が必要です。
うまく使いこなせれば、これ一つで様々なメイクに挑戦できるので、メイク好きにはおすすめの商品です。


ソフィーナ オーブ ブラシひと塗りシャドウN 01


アイシャドウが苦手な人、朝に弱く毎朝時間がない人におすすめなのが、ソフィーナのブラシひと塗りシャドウです。
ひと塗りで綺麗にアイシャドウがぬれるので、かなりの時短になります。
濃いめにつけたいときは何度か重ね塗りしたりなど応用もきくので使いやすい商品です。


マスカラ

キングダム ツーステップマスカラE オリジナルブラウン


ボリュームも長さも出るマスカラです。
下地がついているので、下地を別で買う必要もありません。
キープ力もあり、おすすめできる商品ですが、もともとまつ毛にボリュームがあったり、まつ毛が長い人は、ボリュームが出すぎてしまうかもせれません。


キャンメイク ゴクブトマスカラ01


かなり安いですが1000円台のマスカラと大きな差はないと人気な商品です。
普段はマスカラが落ちにくいのに対し、クレンジングの際は落としやすいのも特徴。
ビューラーを一緒に使うことで、カール持ちも良いです。


オペラ マイラッシュアドバンスト


ボリュームは他の商品と比べるとあまりでませんが、とても自然にまつ毛を長く綺麗に見せてくれます。
クレンジングでも落としやすく、目に優しい商品です。
また、ダマやひじき状にもなりにくく、まつ毛は長くなるものの、マスカラをつけているとバレにくいです。
もともとまつ毛にボリュームはあるものの、マスカラをしないとどこかたりない気がする人にはかなりおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?「難しそう…」と思った人もいるかもしれません。
でも最初は練習あるのみ。
濃すぎず薄すぎずのちょうどいいバランスを自分なりに工夫していきましょう。
そして「これだ!」という自分にあったアイメイクを見つけ、自信をもって就活本番に臨めるといいですね。


関連記事