fbpx

就活中の髪色にアッシュはOK?おしゃれな髪色・アレンジ方法まとめ

カテゴリ

就活中の髪色にアッシュはOK?おしゃれな髪色・アレンジ方法まとめ

“就活は黒髪”というイメージがありますが、黒染めをしてしまうと次に染める時に色が入りづらかったり、真っ黒すぎて違和感があったりします。
今回は、就活中もおしゃれでかわいくいるために、就活中でも許される髪色についてまとめました。

就活で髪色が与える印象は


そもそも、「なぜ就活のために黒染めをしないといけないのか」「見た目じゃなくて中身を見て欲しい」と感じている就活生も多いのではないでしょうか。
確かに人は見た目だけでは判断できないですよね。

しかし、人事の方も数回の面接で就活生が企業で活躍できるか。社風にあっているかを判断しなくてはいけません。
その数回の面接で内面を完璧に見ることは難しいでしょう。
そうなってくると、見た目からもある程度人となりを推測しなくてはいけなくなってくるのです。

また、企業によっては書類選考で足切りをしてから面接をする企業もありますよね。
そんな時、履歴書の顔写真に明るい髪の学生が写っていたら人事はどう思うでしょう。
もともとの地毛が明るい人なら仕方ありませんが、どうしても黒い髪は「真面目・誠実」明るい髪は「明るそう・遊んでそう」と思われがちです。
特に年配の方が多い企業では、明るい髪が好まれない傾向があります。
そのため、書類選考の場合は「髪が明るい」という理由だけで落とされてしまう可能性も多いと思っていいでしょう。

それだけ就活では第一印象が合否を大きく左右します。
なので、本気で内定を取りたいと思っているなら、清潔感を出し、TPOにあった髪色にするべきなのではないでしょうか。

でも、黒髪はいやだ

黒髪の一歩手前”ダークカラー”でおしゃれに就活を乗り切る。

とはいえ、一度黒染めにすると、就活が終わった後に髪を染め直しても色が入り難いですし、「そもそも黒髪が似合わない」という人もいますよね。

面接などでも、似合わない黒髪だと印象がそこまでよくならないこともあります。
あくまで本人に似合っていて、本人の魅力を最大限に引き出す、清潔感のある髪色が好まれるのです。

明るい髪はダメなのに、黒髪も似合わなかったらあまり良くない。じゃあどうすればいいの?と思いますよね。

そんな時にオススメなのが「ダークカラー」です。
ダークカラーであれば、暗い色なので清潔感もありますし、何よりもおしゃれも楽しめます。

銀行員やホテルマンなど、かなり髪色に厳しい業界でない限りは通用するでしょう。

アッシュグレー

(引用:笹川 照樹さん/Ciel hair design)

こちらは濃厚なアッシュグレー。
地毛程度の暗めの色にアッシュをいれると、自然な髪色で透明感や軽さもある明るい雰囲気を与えてくれます。
特に髪の赤みや黄みが気にならないようであれば、グレージュや「ブルージュ」でなくアッシュにしてみましょう。
垢抜けたおしゃれな印象を与えてくれるため、面接官にも好印象を与えてくれるのではないでしょうか。
また、これから社会人になるに向けて、落ち着いた大人っぽさも出していけるでしょう。

グレージュ


(shirai_yukiさん/株式会社FW代表取締役社長)
アッシュの中でも、髪の赤みを抑えたものが「グレージュ」。
透明感のある黒髪になり、大人っぽい垢抜けた印象になるでしょう。
トーンは抑え気味に地毛と同じ暗さに揃えるのがおすすめです。

ブルージュ

(引用:koji shimadaさん/CLE’ HAIR)

「ブルージュ」は髪の赤みや黄みを抑えて透明感を出してくれます。
特に髪の赤みが強いという人は「グレージュ」よりも「ブルージュ」にした方が赤みを抑えられます。

カラーリングの注意点

美容院で染める場合

やはり、一番はプロである美容師さんにお願いするのが良いでしょう。
綺麗に染まりますし、市販薬よりも髪が傷みません。また、相談しながら自分にあった髪色にできます。
最近では、イルミナカラーと呼ばれるダメージを最小限に押さえたカラー剤を使っている美容院も増えてきています。

“就活用”とすると真っ黒にしあがってしまうことがありますので、しっかりと自分の希望を伝えることは必須です。

費用は平均6000〜7000円と値ははりますが、就活では第一印象が大切。
お店で第三者から見てもいい印象を与える色味、仕上がりにして損はないでしょう。
お金と時間に余裕がない人は早め早めのうちから貯金をして、時間も空けておきましょう。

市販のカラー剤で染める場合

市販のカラー剤は、費用が安くすむこと、好きな時にできるといったことから手を出しやすいですよね。
しかし、髪が傷みやすかったり、思うように染まらなかったり、ムラができてしまう可能性もあります。
もし可能であれば、第三者に手伝ってもらい、ムラのチェックしてもらうなどすることをおすすめします。

面接前日に急いで暗くしたけど、思ったより染まらなかった・・・!なんて事態にならないためにも、
あらかじめ余裕のあるスケジュールで染めておくようにしてくださいね。

また、最近は市販のカラーリング剤を持参すると美容師さんが染めてくれるというサービスもあるようです。
これなら費用も押さえられて安心ですね。

暗い髪色でも華やかになるアレンジ方法

就活中だって、選考と関係ない時間はおしゃれしたいですよね。
暗い髪色だと、どうしても地味な印象を持ってしまう人も多いかもしれませんが、ヘアアレンジ次第では華やかな印象にすることも可能です。

また、ヘアアクセサリーも効果的に使うことで、よりおしゃれな印象を与えることができるでしょう。

ミディアムヘアでも一気に印象UP!おしゃれハーフアップ

(引用:sahiko shimizuさん/etrange)

ボブスタイルでもできるハーフアップアレンジは、就活生の強い味方。
トップをロープ編みすることで、一気に周りと差がつく華やかな印象になります。

女度アップ!華やかポニテアレンジ♪

(引用:sahiko shimizuさん/etrange)

ロングヘアの定番、ポニーテールも少しアレンジを加えるだけで一気に華やかに。
ヘアアレンジ初心者にも挑戦しやすい「くるりんぱ」だけでできるのでぜひ挑戦してみてください。

短い髪でもできる!おくれ毛でこなれ感を!

(引用:megu tsudaさん/GARDENTokyo)

髪が短い場合はおくれ毛を結んでみるとこなれ感が出て、いつもと違う雰囲気を楽しめます。
余った髪は少量ずつ束にし、濡れ感を出すと艶っぽさが出ますよ。

結ばなくても雰囲気を変えたい!ショートボブのヘアアレンジ

(引用:saki onishiさん/salondakota)

髪が結べない長さのショートボブの場合は、髪を巻くことでもヘアアレンジを楽しめます。
無造作に外に髪をはねさせることで一気にこなれ感が出て、くらい髪でも垢抜けて見えます。


こちらの記事もオススメ

まとめ

就活中でもおしゃれを楽しめるグレージュやアッシュカラーはここ最近のトレンドカラーでもあります。
明るい髪色からチェンジすれば、いつもと違った大人な雰囲気を与えられるかもしれません。
今回の記事を参考に、就活中もおしゃれを楽しんでくださいね。


関連記事