fbpx

【2020卒】効率的な就活のやり方決定版

カテゴリ

【2020卒】効率的な就活のやり方決定版

「就活」と言われて何を想像しますか?
スーツを着て選考を受けて・・・と言うのはなんとなくわかるけれど、そのために何をしたらいいのかわからない!と言う人も多いのではないでしょうか?
この記事では「就活といっても何から始めていいのかわからない!」と言う就活生に向けて就活について、説明します!

まずは就活の流れについて知ろう!


2020年卒の就活生の就活の流れを紹介します。

大まかな流れとしては

・2019年3月-5月 エントリー期間
・2019年6月から試験・面接
・2019年10月から内定式

が第1次の採用募集スケジュールとなります。
第1次の募集が終わり次第、夏・秋にも第2次以降の採用を行う企業もあります。
外資系や一部のIT企業などは、3月より前倒ししてエントリーを開始するケースもありますが、多くの企業は3月よりエントリー受付を開始します。
したがって、2019年2月末までには自己分析や企業研究などの就活準備を済ませておくと良いでしょう。

就活に必要なもの/作業

2018年春には始めたい
・自己分析
・業界研究
具体的な志望企業を決める前に、自分の特性やこれからやりたいことなどの自己分析を行うとともに、大まかな業界研究を行うことで自分が進みたい業界・業種を明確にしましょう。

2018年夏には始めたい
・企業研究
将来進みたい道や、働きたい業界・業種が決まったら、それにふさわしい企業を探します。
一般職・営業職の場合、平均エントリー数は30−50社と言われていますので、とにかく気になる企業をたくさんリストアップしてみてください。
その中から興味がある企業を絞っていくと良いでしょう。

2018年中
・インターンシップ
年々インターンシップを行う企業が増えてきています。
特に夏休み・冬休みといった大学の長期休暇中に実施する企業が多いため、気になる企業がインターンシップを実施していれば積極的に参加してみましょう。

2019年3月
・エントリー
・企業説明会
・エントリーシート/履歴書提出
3月から採用エントリー(申込)が始まります。
エントリーを行わないと採用試験は受けられませんので、気になる企業のエントリー方法やエントリー開始日時はしっかりと調べておきましょう。
またエントリーに前後して企業説明会も開催されます。
企業説明会に参加しないとエントリーできない企業もありますので、十分に情報をチェックしましょう。

エントリーシートは、エントリー時に同時に行うパターンと後から提出するパターンがあります。
提出期限が短いことが多いため、あらかじめ大まかなエントリーシートを作っておき、エントリーシートの様式が分かったら、それにあわせて修正する形をとるとよいでしょう。

2019年6月
・試験/面接
・内々定
・2次募集/3次募集

6月から本格的に選考試験/面接が開始となります。
試験の回数や会場、試験内容をしっかりと把握して、試験対策・面接対策を行いましょう。
また試験会場が遠方となる場合は、交通手段の確保や宿泊場所の予約も早めに行っておいてください。

試験が終了次第、順次「内々定」という形で企業から連絡が着ます。
どれだけ内々定がもらえるかも気になるところですが、気を抜かず、次の企業への就活準備も抜かりなく行っておきましょう。

また一旦採用が終わった企業も、予定していた人数に達しない場合は、2次募集・3次募集を行うことがあります。
これらはいつ募集がかかるかわかりませんので、常に情報をチェックしておきましょう。

2019年10月
・内定式
・2次募集/3次募集

10月には正式な内定が出て、内定式が行われます。
ですが、この時期でも採用募集を行っている企業はありますので、もしこの段階で内定がもらえていなくてもあきらめずに頑張りましょう。

始める前に準備すること

就活にはお金が必要

就活にはお金がかかります。

・交通費
・宿泊費
・スーツ代
・カバン/時計/靴
・通信費
・美容室代
・書籍代
・飲食代
・履歴書/証明写真/印刷代

など色々と出費があり、平均して16〜17万円の資金が必要と言われています。

もちろん節約することは大切ですが、そちらに気を取られてしまって、就活に集中できなくなってしまってはいけません。
また就活中は多忙なため、アルバイトの両立が大変になります。
できれば就活を始める前にお金をためておくことをおすすめします。

就活に必要なアイテム

スーツ/シャツ
男女ともに色は黒で無地のモノをえらぶのが無難です。
シャツは白で無地のもの。
個性を出したくなるかもしれませんが、就活においてはとにかく無難で落ち着いたものを選んでおくと良いでしょう。

就活女子の”自分専用”ブラウスの選び方|好印象なえり・サイズ・着こなし

就活でストライプのスーツはNG?面接で好印象なスーツの選び方とは


女性はパンプス、男性は革靴です。
色はカバンに合わせると良いと言われており、カバンの色は黒がおすすめであるため、靴も黒にします。
パンプスの場合は、ヒールはあまり高くないもので、飾りなどがついていないおとなしめのものを選びましょう。

就活で好印象なパンプスのヒール・高さ・形は?お手入れ方法まで一挙公開

カバン
カバンはA4サイズの書類が入るものを選びましょう。
こちらも色は黒で、できれば床においたときに自立するタイプが良いです。
これは面接時に椅子の横に置いた時に、カバンが倒れたりしないようにするためです。

【女子向け就活カバンの選び方】失敗しないおすすめバッグを徹底解説

就活ノート
就活を成功させる秘訣として、就活ノートを作ることをおすすめします。
就活ノートとは、就活の内容を記録したノートのことです。

・企業訪問の予定
・企業研究の内容
・面接で話すべきこと
・質問したいことリスト
・過去の面接の振り返り

などを記録しておくことで、面接前の準備はもちろんのこと、過去の就活の内容を振り返ることができます。
これにより、例えある企業の選考は失敗したとしても、その内容を振り返ることで次の選考に活かすことができます。

就活に成功している就活生は、この就活ノートを必ず作成していますので、ぜひ就活ノートを作ってみましょう。

早期内定者は就活ノートを書いてる!作り方・書き方のポイント

身だしなみの整え方を知ろう

髪色・髪型
女性の場合、髪型はまず顔がよく見える髪型を選びましょう。
ロングヘアをポニーテールにまとめると良いと言われますが、ショートヘアやボブでも問題ありません。
気をつけたいのは前髪です。
前髪で額や眉毛を隠してしまうと、表情が分かりづらくなりますので、前髪は横に流すなどして眉毛と額の一部を見えるようにすると良いでしょう。
また耳も見えたほうが印象が良くなります。

男性は自然な短髪が好印象で、長すぎる髪は印象が良くないかもしれません。
髪が長い場合は、スタイリング剤などでスーツにあうようにセットすると良いでしょう。

髪の色は、男女ともに地毛に近い色が好まれます。
明るい色で染めている人が黒髪に戻すと黒すぎて不自然に見えるときがありますので、地毛に近い自然な色に染めてもらうと良いでしょう。
元々地毛が明るめの色の場合は、無理に染める必要はありません。

女子向け【就活で好印象な髪型マニュアル】おすすめヘアスタイル5選

メイク
就活のためのメイク、いわゆる「就活メイク」は清潔感を第一に考えましょう。
口紅の色は肌色に近いおとなしめのものを選び、あまり濃くなりすぎないように注意してください。

なお、メイクの基本はスキンケアです。
肌の状態が良ければメイクのノリも良くなりますし、簡単なメイクでも相手に良い印象が伝わります。
逆に肌の悪い状態をメイクで隠そうとすると、不自然になってしまいますので、就活期間中は特に毎日のスキンケアを丁寧に行うことをおすすめします。

就活ですっぴんはNG?ナチュラル就活メイクで面接官に好印象を残そう

自己分析・企業研究をしよう!


就活の始めに行うのが自己分析と企業研究です。
もしすでに志望する企業が決まっているのであれば、その企業の研究を進めて、どのような人材を求めているかを知りましょう。
それにもとづいて自己分析を進めていくと効率的です。

一方、まだ具体的な志望企業が決まっていないのであれば、自己分析から始めて、自分の特性や自分が将来やりたいことを軸にして志望企業を見つけると良いでしょう。
就活支援会社などを利用する場合も、まずは自己分析を行って、自分がどのような企業で働きたいか、将来どんなことをしたいかをはっきりさせておくと、企業側もサポートが具体的に行いやすくなります。

就活の自己分析のやり方って?これで内定レベルの自己分析が完了!

効率的な企業研究のやり方、ポイントを紹介!内定率アップで就活に勝つ!

エントリーしよう


一般職や営業職を目指す就活生は、興味ある企業を平均して30-50社ほどリストアップしてエントリーしている。
確実に内定を獲得するためにも、多くの企業にエントリーしておくことをおすすめします。
またエントリー方法やエントリー受付時期は企業によって異なりますので、エントリーが始まる前にしっかりと確認しておきましょう。

ナビサイトを使う場合

就活ナビサイトを使ってエントリー受付を行っている企業は、就活解禁時期(3月)に一斉に募集を開始する傾向にあります。
人気企業や大手企業はナビサイトを使ったエントリーを行うことが多く、募集がすぐに終わってしまうこともあるので注意してください。

またエントリーを早く行ったほうが、志望度が高いと捉えられることもあります。
エントリーしたらすぐに試験が始まるわけではありませんので、まずはエントリーだけでも済ませておくと良いでしょう。

企業HPから行う場合

企業の公式ホームページからエントリーを行う場合、いつ募集がかかるかわかりませんので、定期的に訪問してチェックしましょう。
もし募集が行われていないようであれば、直接電話して問い合わせしてみても良いでしょう。

大学のキャリアセンターや就活支援会社を利用する場合

大学の就職課やキャリアセンターからのみ応募できる場合は、まず手続きをどのように行えばよいか事前に相談しておきましょう。
就活支援会社もエントリー代行をしてくれることがあるため、日程だけ調整して相談しても良いでしょう。

説明会や選考に参加する


エントリーした企業から、説明会や選考への参加案内がきたら予約をして参加してください。
会社説明会には必ず参加しないといけないケースもありますので、よく確認しましょう。
必要に応じて履歴書やエントリーシートなどの応募書類を作成して持参、もしくは提出します。
書類は丁寧な字で、項目は全て埋めてください。
字が雑だったり、空欄が多いと、それが原因で落ちてしまうこともありますので、注意が必要です。

筆記試験
筆記試験には能力検査と性格検査の2種類があり、どちらかのみを実施する企業もあれば、両方を実施する企業もあります。
能力検査では、国語や数学などの基礎学力を問うもので、各学生の基礎的な教養・能力をチェックします。
性格検査では、各学生の性格がどのような傾向にあり、どのような仕事に適性があるかを確認します。
一般的に筆記試験は結果によってふるいに落とすというより、基本的な能力や適性を確認し、今後の採用試験や人事の参考にする目的として利用されます。

しかし外資系企業や大手企業では、候補者の人数を絞るために筆記試験を行うこともあります。
この場合は、試験結果によっては足切りされてしまったり、今後の選考に不利になる可能性がありますので、十分な対策を行いましょう。

【就活の筆記試験攻略法】落ちる人の特徴・対策・突破方法とは

グループワーク・グループディスカッション
選考試験の一つにグループワークやグループディスカッションを採用する企業もあります。
グループワーク、グループディスカッションは、3人から8人程度のグループを作り、そのグループ内で制限時間内に成果物を作り上げたり、与えられたテーマについて討論を行います。
またその成果物や討論した結果を全員の前でプレゼンテーションすることもあります。

グループワークやグループディスカッションの目的は、チームの中でどのように行動することができるかをチェックすることです。
勘違いしがちなのは、ディベートなどと混同して、自分ばかりアピールしたり、相手を言い負かすような主張をしないよう注意してください。

このグループワークやグループディスカッションは対策方法がわかりづらく、多くの就活生は何の準備もしていないことが多いようです。
ですが、グループワークやグループディスカッションにもちゃんとした対策方法がありますので、これらをきちんと抑えておくことで、他の就活生よりも優位に立つことができるでしょう。

就活生必見!グループワークの必勝法とは?コツを押さえて内定ゲット

面接
面接試験といっても、1次面接、2次面接、役員面接(最終面接)など複数の種類があり、それぞれに対策が異なります。
また個別面接と集団面接でも対応の仕方が変わってきますので、どちらの形式でも自信をもって挑めるように準備をしましょう。

主な面接対策として

・想定される質問に対して回答をあらかじめ準備しておく
・逆質問を準備しておきアピールにつなげる
・お辞儀の仕方、椅子の座り方、入退室の作法などの基本的なマナー

は必ず準備しておくと良いでしょう。

就活の面接にコツってあるの?内定獲得のための面接対策はこれで完璧!


こちらの記事もオススメ

まとめ

これから就活準備を始める皆さんにとって、不安やわからないことがいっぱいなのではないでしょうか。
そのような不安を解消するには、早めの準備と情報収集が欠かせません。

就活を開始したら、大学のキャリアセンターやナビサイトなどを活用して、就活に関する情報をこまめに集めるようにしましょう。
就活は必ずしも想定通りに行くわけではなく、当初予定していた企業とは別の業界・業種の企業を目指すことになるかもしれません。
なるべく早い段階から、幅広く情報収集を行って、準備を進めておくことで、想定外のことが起きても余裕を持って就活を進めることができるでしょう。
その余裕が面接での態度や自信にもつながり、いい結果に結びつくはずです。

2020年の春には笑顔で大学を卒業できるよう、今から積極的に就職活動をはじめてみましょう!

【就活って何からしたらいいの?】これで完璧!就活ガイド決定版


関連記事