fbpx

就活生は親にうんざり?親・家族の過干渉の対処法を紹介!

カテゴリ

就活生は親にうんざり?親・家族の過干渉の対処法を紹介!

就活中に親から口出しをされてモヤモヤしたり、イライラしたりする人も多いのではないでしょうか。
自分なりに一生懸命考えて進めているのに、良かれとアドバイスをしてくれたことが的外れだったり、過度な期待に疲れてしまったり・・・就活において親や家族が悩みのタネ、という就活生は少なくありません。

今回は、そんな親・家族との上手な向き合い方について紹介していきます。

親の嫌な行動

過度に干渉してくる

子の就活状況を心配するあまり、事細かにしつこく話を聞いてくる親は多いようです。

親にとって子供はいつまで経っても子供ですし、できるだけ後悔しない人生を歩んでほしいと望んでいます。
間違った選択をしていないか、適当に就職先を決めていないか、といった不安が次々に頭の中に浮かんでくるのです。

そんな親に心配するなと一方的に拒絶するのは不安が解消されるどころか、不安が倍増するだけです。
適度に話を聞いてあげることも大切でしょう。

大きすぎる期待

親といえども、子供の適性や志望、将来の夢をしっかりと把握できているわけではありません。

「うちの子なら●●(誰でも知っているような大手企業)に入れる」
「私が入れたんだから、頑張ればお前だって入れる」

といった、本人の適性や思いとは裏腹な思い込みを親がしていることがあります。

そもそも親世代とは就活事情が異なっていますし、親があなたのことをどれだけ客観的に見れているかはわかりません。
このギャップを埋めないことには、話はいつまでも終わらないでしょう。

あなたが決めたことを否定してくる

子が熟慮して決めた就職先を、頭ごなしに否定してくる親もいます

「理由も聞かずに就職先を否定された」
「聞いたこともない会社だからやめろと言われた」

確かに聞いたこともない会社に就職すると聞かされたら、不安に思うのも仕方ないのかもしれません。
なぜその企業で働きたいのか、採用面接同様、親にもその思いを伝える必要があるでしょう。

大手企業や公務員が正という固定概念

ブランドや知名度で就職先を判断する親もいるようです。

「将来が不安だから大手企業に入らないと駄目だ」
「一部上場してない企業はダメだ」

やりたいことをやればいいと言う一方で、ブランドや一般的なイメージで就職先を判断してしまうこともありがちです。
世間体を気にする親もいます。
今の時代、大手企業だから、公務員だから、安心ということはありません。
自分の特性を活かし、夢に向かって働くことが、将来にとって一番有効であることをしっかりと伝えましょう。

そんな時の心構え、対処方法

期待に応えようとしない

親からの過干渉に悩まされている人は、親の期待にプレッシャーを感じているとも言いかえることができます。
もちろんここまで育ててくれて、大学を通わせてくれた親に対して、期待を裏切りたくないという気持ちを持つことは大切なことです。

しかし、親からの期待がすべて正しいわけではありませんし、一生その期待に応え続ける必要はありません。
子供である前に、一人の人間として、進みたい道に進むんだ、という気持ちをしっかりと理解してもらいましょう。

納得してもらうための材料を用意する

親があなたの決定を否定してくるのには、理由があります。
論理的な理由に基づく反対かもしれませんし、感情的な理由に基づく反対かもしれません。

そこで、なぜ親が反対するのか、その理由をしっかりと聞き出しましょう。
もし聞き出してもよく分からないのであれば、推測してみてください。

例えば、安定性が不安というならば、業績を調べるなど、不安を払拭できる材料を用意し説得してみましょう。
話が平行線をたどるのであれば、その企業で働きたいという思いを素直にぶつけてみましょう。

反対されたからといって、こちらも頭ごなしに親の意見をはねつけてばかりでは、堂々めぐりで解決しません。
お互いに向き合う姿勢をとることが、解決の糸口になります。

でも、感謝の気持ちはわすれない

忘れてはいけないのが、親はあなたに嫌がらせをしたくて反対をしているのではないということです。

親の言っていることに納得できないとしても、心配してくれたことに対する感謝を伝えましょう。
「ありがとう」と最初に伝えるだけでも、そのあとの会話がスムーズになります。


こちらの記事もオススメ

まとめ

親というのは子供のことがいつまで経っても心配なものです。
ここまで育ててくれた感謝もありますし、親が言うことに応えてあげたい気持ちもあるでしょう。

多くの就活生は親の期待と自分の志望とのギャップに悩んでいますが、間違ってはいけないのは、親の期待に応えることが全て正しいということではないことです。

親はあなたがどこまで深く考えてその決断をしたのか理解していないでしょうし、親の世代と今の世代では就活状況や今後の見通しが全く異なっています。
これらをすべて考慮した上で、正しい(と思われる)判断を下せるのは、あなたしかいません。

とはいえ、親の意見を頭ごなしに無視するのは、今後の親子関係が悪くなるだけですし、気持ちよく社会人生活を始めることができないでしょう。
親が抱えている不安を適度に聞いてあげて、それを頭ごなしに否定するのではなく、しっかりと論理立てて説得を試みましょう。

自分の人生について、親としっかり話す機会はそんなに多くあるわけではありません。
良い機会と捉えて、じっくりと話をしてみてはいかがでしょうか。


関連記事