fbpx

自己PRって何?自己PRから判断されていることと適切なアピール方法

カテゴリ

自己PRって何?自己PRから判断されていることと適切なアピール方法

エントリーシートや面接でよく聞かれる自己PR。
自己PRを聞くのはどんな意味があるの?と疑問に思う就活生もいますよね。
今回は、企業が自己PRを聞く意味や、それを踏まえた自己PRの作り方を紹介していきます。

自己PRとは


PRはPublic Relationsの略で、自分の長所をアピールすることを自己PRといいます。
就活において、自己PRは自分の長所や特徴をいかにうまく相手に伝えられるかがポイントとなります。

自己PRをする際には、

過去の自分について
これまでに頑張ってきたことや、達成したこと、自分がどのように成長してきたかをアピールします。

今の自分について
自分の趣味や特技、保有している資格、いま興味・関心があることについてアピールします。

未来の自分について
これから社会人になるにあたり、どのような人物になりたいかや企業においてどのように貢献できるのかをアピールします。

といった点をおさえることができると、効果的な自己PRができるでしょう。

自己PRを聞く意味とは

自分のことを客観的にみれているか判断するため

採用選考において自己PRが聞かれる理由は、あなた自身が自分のことを客観的に評価することができているかを確認するためです。
自分の長所をアピールするということは、自分自身のことをわかっていないとできません。

自分自身を客観的に見れているということは、自分の良さを活かした行動ができますし、自分の不得意な部分はなるべく補おうと行動することができます。
逆に自分自身を把握できていないと、全く不向きなことをし続けていたり、ミスを連発する人になってしまうかもしれません。

そのため、自分自身を客観的に見られることはとても大事なこととなります。

企業との相性をみている

自己PRを通じて、あなたと企業の相性も確認しています。
あなたの長所が、入社後に活かせるものであれば、ぜひ入社して欲しいと考えるでしょう。
一方で、素晴らしい長所を持っていても、それがその企業では活かせないようであれば、決め手にかけることになってしまいます。
そのため、事前の企業研究にて企業が求めている人物像を理解した上で、その企業にあわせた自己PRを作成しましょう。

売り込む力をみている

自己PRが上手な人は、売り込みが得意な人として認識してもらえることがあります。
営業力を強化したい企業にとって、売り込みやプレゼンテーションが上手な人材はとても魅力的です。

効果的な自己PRの作り方

相手を知るところから始めよう

採用選考において、自己PRはその企業にどれだけ適した人間であるかをアピールするものだと考えましょう。
企業が求める人物像と差異があっては、自己PRをする意味がありません。

事前の企業研究や、会社説明会、OB訪問などによって、その企業が求める人物像を理解してみましょう。

企業が求める人物像の見つけ方として、その他にも

・その企業の社長や経営者が書いているブログ/SNSをチェックする
・会社HPにて採用ページや社員の声のような情報を探す
・その会社が経営するお店を訪問し、そこで働いているスタッフを観察する

といった方法がありますので、ぜひ参考にしてみてください。

アピールすることは1つに絞る

自己PRをする際には、伝えたいことを1つに絞ってアピールしましょう。
いくつも長所を羅列しても、相手には何が伝えたいのかわかりづらくなってしまいます。

あなたがその企業に一番伝えたいこと、知って欲しい強みは何か?をつきつめてから、その強みをアピールできるような構成にしましょう。

エピソードを元に話す

自己PRを構成する際には、まず最初に「私の強みは○○です」と結論から始めるようにしましょう。
その後に続けて、その強みを裏付けるエピソードを伝えることで、説得力のある自己PRになります。


私の強みはコミュニケーション能力が高いことです。(結論)
高校時代、文化祭の出し物をクラスで作成することになったのですが、当初は同級生のやる気が低く、文化祭当日までに良い作品ができそうにありませんでした。
そこで私は、同級生一人一人に声をかけて文化祭の出し物についてどう考えているかなどを聞いてみることにしました。
その結果・・・(エピソード)

感情や思いを入れる

自己PRでは、あなたらしさを伝えられるように工夫してみると、なお良いものになるでしょう。
私のこういう特徴があったから、こういう結果が得られた、という紹介やアピールがあると、企業側も納得しやすくなります。


私が誰とでもすぐに仲良くなるコツは、まずは目を見て名前を呼んであげることです。
そして男性の場合は、肩を揉んであげながら話すと打ち解けやすく、女性の場合は、真正面から話すのではなく隣に並んで話すと打ち解けやすいです。
このようにして私はクラス全員と仲良くなって、みんなをまとめることができました。


こちらの記事もオススメ

まとめ

自己PRは、採用面接においてメインパートといっても良いでしょう。
面接では様々な質疑応答を通じて自分をアピールしていくため、どのような質問をされるかによってアピールできる内容が異なってきます。
しかし自己PRに限っては、どの面接でも必ずその機会が与えられますので、事前に自分がアピールしたいことを準備しておき、それを面接の場でしっかりと伝えることができる確実な機会となります。

自分が主導権を握って自己PRができる機会を最大限に活かせるよう、事前準備をしっかりと行っておきましょう。


関連記事