就活でストラップ付きパンプスはOK?好印象なパンプスの選び方

カテゴリ

就活でストラップ付きパンプスはOK?好印象なパンプスの選び方

就活女子の足元と言えば、黒パンプスが定番ですよね。
ただ、プレーンなパンプスだと、「かかとが浮いてしまう」「長時間歩くと疲れる」といった悩みを持つ人もいるかもしれません。
そんな時に頭に浮かぶのが「ストラップ付きパンプス」ではないでしょうか。
たしかにストラップ付きパンプスには、プレーンなパンプスより足元が安定し、歩きやすく疲れにくいという利点があります。
でも、就活シーンでストラップ付きパンプスを履いていてもいいのでしょうか?
今回は、就活で選ぶべきパンプスについて、まとめました。

就活でストラップ付きパンプスはあり?

結論からいうと、ストラップ付きのパンプスを履いても問題はないでしょう。仮にストラップ付きパンプスを履いて選考に臨んだとしても、それだけが理由で選考に落ちたり受かったりすることは考えにくいです。
むしろ、場違いな色柄や、汚れ・型崩れのある靴を履いている方が、面接官の心証を損ね、評価にも影響すると考えられます。

ストラップ付きパンプスを選んだ方がいい場合

では、ストラップ付きパンプスとプレーンなパンプスでは、どちらを選ぶべきなのでしょう?
結論を出す前に、まずはストラップ付きパンプスにどんなメリットとデメリットがあるか見ていきましょう。

ストラップ付きパンプスのメリット

ストラップ付きパンプスは、ストラップが靴と足とを一体化してくれるので、普通のパンプスより比較的ラクに歩けます。
特に、普段、パンプスが脱げないようにと足に力を入れている人は、ストラップの効果で足の疲れがやわらぐと同時に、姿勢や立ち居振る舞いも美しくなるでしょう。

また、ストラップ付きパンプスは、走ったり階段を昇り降りしたりする時、安定感があります。
そのため、1日に何社も掛け持ちで回る人や、長い距離を歩く必要がある日は、ストラップ付きパンプスの方が向いていると言えます。


こちらの記事もオススメ

ストラップ付きパンプスのデメリット

ストラップ付きパンプスは、プレーンなパンプスに比べると、若干カジュアルな印象になります。
特に、太目のストラップや異素材のストラップは、遊び心を感じさせてしまうので注意が必要です。

また、面接官の中には、ストラップも装飾の一部と見なし、良い印象を持たない人がいるかもしれません。
就活でストラップ付きパンプスを履く時は、自分の受ける業界の雰囲気や企業の社風をよく考慮しましょう。

ここが大事!ストラップ付きパンプスを選ぶときの注意点

では、就活向きのストラップ付きパンプスとは、果たしてどんなタイプでしょう?
就活用のストラップ付きパンプスを選ぶ時のポイントをご紹介します。

つま先の形

パンプスを選ぶ時、つま先の形は重要です。
つま先が極端にとがったデザインは場違いな印象を与えますし、つま先がまん丸だと子供っぽく見えます。

ですから就活用のパンプスは、

・もっとも一般的な「ラウンドトゥ」
・フォーマルな印象の「アーモンドトゥ」
・ビジネスライクな「スクエアトゥ」

の中から選ぶのが基本です。

この原則は、ストラップ付きパンプスでも同じです。
ストラップがあろうとなかろうと、形やデザインで冒険をするのは、就活では避けましょう。

ヒールの高さとストラップの太さ

ストラップ付きで、なおかつヒールの無いペタンコ靴は、幼い印象になりがちです。
ヒールの高さが3~5センチほどで、ストラップが太すぎないデザインを選びましょう。

ただし、細すぎるストラップや素材が固めのストラップは、長く歩くと足の甲に食い込み、痛みや靴ずれを起こすことがあります。
また、ストラップにバックルなどの装飾が付いていると、歩いている内にストッキングが引っかかり、電線することがあるので気をつけましょう。

素材

エナメルなどの光沢の強い素材の靴は、ビジネスシーンには不向きです。
就活用なら、長く使えて足なじみの良い本革製、あるいは軽くてお手入れのしやすい合皮製の、マットなパンプスを選びましょう。

ストラップについて言えば、ストラップの部分だけがゴムやビニールになっているタイプは、見た目がカジュアルになりすぎるので、就活では避けた方がいいでしょう。
もちろん、ストラップ部分にリボンやビジューなどの装飾があるものもNGです。

サイズ感が一番大切

ストラップ付きのパンプスは、安定感がある分、多少サイズが合わなくても、油断して買ってしまうことがあるかもしれません。

けれども、ストラップの有る無しに関わらず、靴選びで最も重要なのはサイズ感と履き心地です。
長時間履き続けてもストレスのないパンプスを選ぶには、足がむくみやすい夕方に履いてみて違和感の無いサイズがベストです。
夕方に履いても、つま先がきつくなく、ストラップが食い込まないパンプスを選びましょう。

▼パンプスの選び方について詳しく知りたい人はこちら▼

就活で好印象なパンプスのヒール・高さ・形は?お手入れ方法まで一挙公開

プレーンパンプスにバンドをつけるのはあり?

普通のパンプスに後付けできる、シューズバンドやパンプスベルトも市販されています。
「高いパンプスを買ったのに、歩くとかかとがパカパカする…」といった時に重宝するアイテムです。

けれども就活中にこうしたグッズを活用するのは避けた方が無難です。
目立たないと言われるクリアタイプや、靴と同系色の商品を選んでも、就活シーンでは自分が思っている以上に浮いてしまう危険があります。

どうしても使いたい時は、選考会場に近づいたらトイレや物陰でこっそりはずし、面接官の目に触れないようにした方がいいでしょう。
TPOに合わせてストラップの取り外しができる2wayタイプのパンプスを選ぶのもひとつの手です。

ストッキングも自分にあったものを

パンプスとストッキングはセットで準備をしておくものです。
ストッキングも色やサイズなど、自分にあったものを選びましょう。

詳しくは、こちらの記事でチェック

【就活のストッキングの選び方】色・履き方・伝線対策法の悩みを解決

まとめ

足の幅や甲の高さなど、足の形は人それぞれです。
自分の足にぴったりフィットするパンプスがなかなか見つからない人もいるかもしれません。
そんな人の強い味方がストラップ付きパンプスです。
ストラップ付きパンプスは、決して完全NGのアイテムではありません。
就活シーンにしっくりなじむ、上品なデザインのものを選んだり、ストラップの目立たないパンツスーツと合わせるなどして、上手に活用しましょう。


関連記事