fbpx

【面接で好印象な逆質問集とNG例】面接官別・選考段階別で紹介

【面接で好印象な逆質問集とNG例】面接官別・選考段階別で紹介


面接で「何か質問は?」と聞かれた時にこちらから投げかける質問のことを「逆質問」といいます。
面接が苦手であれこれ対策をしている人でも、逆質問に関してはおろそかになりがちです。
けれども逆質問はれっきとした面接の一部。利用価値もあれば対策も必要です。

今回は面接で好印象な逆質問についてお伝えします。

逆質問から何を判断される?


面接官は、投げかけられた質問から何を読み取り、どう評価しているのでしょうか。
具体的には、以下のことが考えられます。

①熱意や関心の度合いを見ている
「好きな人のことを知りたい」と思うのと同じように、興味のある会社であれば、自然と知りたいことや疑問が頭に浮かんでくるはずです。
そのため、逆質問の内容によって入社にかける意欲や熱意がどれくらいあるかを判断されているでしょう。
あたりさわりのない質問をしても面接官の印象には残りませんが、「たしかにそれは知りたいだろうな。いい質問をするな」と思わせる質問なら、やる気と意気込みが面接官に伝わります。

②社会性や常識の程度を見ている
本音や本心がついつい出てしまう逆質問ですが、それをしっかり自制して良識ある質問ができること、またTPOをわきまえて、その場にふさわしい質問ができること。
そんな社会人としての適性が見られていることもあります。
ここでとんでもない質問をしてしまうと、「この場でそんなことを聞くなんて…」や、「そんなことにしか興味がないのか…」と常識を疑われてしまうかもしれません。

③内定前の不安や入社後のミスマッチを解消する
逆質問は、純粋に就活生の疑問に答えるためのシステムでもあります。
逆質問を通じて悩みや迷いが解消すれば、入社意欲が高まる、入社後のトラブルを未然に回避できる、企業理解が深まるなどの効果が期待でき、そのために就活生からの質問の場を設けているという企業も多いでしょう。

逆質問のポイントと例文

では、逆質問をするときにはどんなことに気をつけるべきなのでしょうか。
理由もなく、”ただ気になることを聞いているだけ”という人は要注意です。

質問の目的・意図を考えよう

あなたが面接官だとします。その時に、もし就活生から、「好きな食べ物はなんですか?」と逆質問されたらどうでしょうか。
「なんで面接でそんなことを聞くんだろう?」となりませんか?
このように、人は唐突に目的や意図のわからない質問をされると、不信に思ってしまうのです。

この場合、逆質問に「なんでそれを聞きたいの?」と質問で返されることもあります。そこで答えられずでは、これまでの努力が台無しです。
“目的のない質問”という印象を与えないように、何を質問するかは丁寧に選んでおくこと、またそれを聞く理由を明確に話せるよう準備しておくことが大切です。

簡潔に伝えよう

発言の機会を得たからと言って無限にしゃべっていいわけではありません。
質問は簡潔に、要点だけを伝えます。意図を伝えたいからといって、前置きが長すぎるのも気をつけたいところです。

例)
「私が御社に貢献するには〇〇が必要かと考えますが、その上でお聞きしたいのは~」

しっかり企業を調べよう

調べればすぐにわかるようなことを質問してしまうのは、時間の無駄ですし相手にも失礼です。
調べている中ででてきた疑問や、選考の中で湧いてきた疑問を投げかけるのがよいでしょう。

伝える際は、以下例のように事前にしっかり下調べをした上で質問していることを印象づけるのがおすすめです。

例)
「先日の説明会で〇〇とうかがったのですが、ということは~」
「御社のホームページに〇〇との記載がありましたが、あれは~」

ひとつの質問から広げていくと好印象

聞きたいことがたくさんあったり、質問をしなきゃ!と一生懸命ひっぱりだした質問は、一問一答のようになってしまうことがあります。
それが絶対にNGという訳ではありませんが、ひとつの回答に対して、「となると、●●についてはどうなのでしょうか?」と会話を広げていくように質問していくと、質問することが目的ではなく、目的のために質問しているという印象を与えられるので好印象に繋がりやすいです。

面接相手によって質問に変化をつけよう


また、面接官の役職や仕事内容によっても質問を変えてみましょう。

●人事の場合
人事の人が相手なら、その会社で高く評価される人材の特徴を聞き出すチャンスです。会社の求める資質やポテンシャリティを教えてもらいましょう。

例)
「今までにたくさんの面接をされてきたと思うのですが、その中で特に印象に残った面接があれば教えてください」
「御社で活躍されている人達に、共通点のようなものはありますか?」

●現場の社員の場合
もしかしたら入社後一緒に働くかもしれない相手です。
仕事の内容や覚悟しておいた方がいい点について、現場ならではの声を聞いておきましょう。
現場で求められる技量や力量、得られる喜びや与えられる試練などについて具体的に聞いてみるのがおすすめです。

例)
「こういう人材が来てくれたら助かるな、という資質や能力があれば教えてください」
「今までのお仕事で一番やりがいや達成感が感じられたもの(逆に一番つらかったこと)があれば教えてください」

●役員・社長の場合
相手はここまで企業を引っぱり、育ててきた人たちです。この人たちに現場レベルの質問をしても明確にはわかりませんので控えましょう。
経営理念へのこだわりや将来のビジョンなど、経営陣としての自負や新しい試みにかけた思いなどを聞いてみましょう。

例)
「御社がここ数年で大きく成長した(あるいは競合他社に負けず安定した経営を続けている)一番の勝因はどのあたりにあるとお考えですか?」
「どうして〇〇という販売システム(あるいはビジネスモデル、事業展開など)を始めようと思われたのですか?」

複数人の面接担当者がいる場合

誰か1人をターゲットにする方法と、誰が答えてもかまわない全員向けの質問をする方法の2通りがあります。
全員を相手にする場合なら特に制約はありません。誰かが答えてくれるでしょう。
ですが、1人を名指しする場合には他の人への配慮が必要です。
「他の方に失礼と思いつつ、あえて〇〇様にお聞きします。先ほど私に〇〇とおっしゃいましたが、あれは〇〇という意味だったのでしょうか。もしかしたら〇〇かもしれないと思い、気になったので教えてください」といった内容なら大丈夫です。

相手を選ばない質問

相手を選ばずに好印象を与えられる質問は”前向き”であることが重要です。
また、面接官個人に関心を向けるのもひとつの手です。
具体的には以下のような質問が良いでしょう。

「入社するならこれだけは覚悟しておいてほしいということは何かありますか?」
「入社までに勉強しておけることや備えておけることはありますか?」
「ホームページに〇〇な社風との記載がありましたが、具体的にイメージできるようなエピソードはありますか?」
「在学中の専攻とは違うのですが、〇〇の仕事にあこがれています。経験を積めば先々関われる可能性がありますか?」
「〇〇様(面接官)にとって一番思い出深い仕事はどのようなものでしたか?」
「今の自分があるのはこれのおかげだ、というような信念、スキルなどがあれば教えていただけませんか?」

NGな逆質問

会社のネガティブな話について聞く

「退職者は多いですか?」
「〇〇とのうわさがありますが本当ですか?」など、相手が気を悪くするような質問は失礼に当たります。

福利厚生ばかりを気にする

「入社〇年で年収はどのくらいになりますか?」
「有給が取りやすい環境ですか?」
「〇〇手当はありますか?」など、待遇や自分の権利ばかり追求すると、仕事内容より条件で選ぼうとしている印象を与えてしまいます。

調べればわかることを聞く

ホームページに大きく掲載してあることや、企業説明会でとっくに説明されたこと、会社概要に明記してあることをわざわざ聞くのはNGです。
「今までうちの会社について何を調べてきたの?」ということになり、最低限の企業研究もできていない、やる気のない学生と思われてしまいます。

フィードバックを求める

「本日のフィードバックを頂けませんか?」というリクエストは、「他社での面接の参考にしたいので」という意味に受け取られかねません。
つまり本人にそのつもりがなくても、まるで今回の面接が他社に受かるための練習だったかのような印象を与えてしまうのです。
どうしても聞きたければ「この会社の二次面接あるいは役員面接に備えて」という意味の言葉を付け加えるべきでしょう。

逆質問が思いつかなかった場合は

聞きたいと思っていたことが面接を通じて解決してしまい、面接終了の時点で特に質問が浮かばないケースもあるでしょう。
けれどもそこで「特にありません」と言い切ってしまうと「聞きたいことがない=やる気がない、この会社に興味がない」と思われマイナスポイントです。
コミュニケーション能力や対応力を見せるためにも、せめて、「ありがとうございます。十分に説明していただき納得できました」「〇〇が不安だったのですが先ほどのお話で解決しました。ありがとうござします」などと丁寧にまとめましょう。


こちらの記事もオススメ

とにかく面接に苦手意識がある方へ

何度面接をしてもうまくいかない。
いつも面接で落とされてしまう。
そんな時はプロに相談して見ませんか?
あなたの面接での弱点に対する対策方法を提案してくれます。
また、あなたに合った企業を提案もしてくれるので、以前より面接がしやすくなるかもしれませんよ。

「新しい価値基準を創造し、 すべての人の適材適所を実現させる」をMISSIONに新卒紹介事業を展開しているマイナビ出資の会社です。


▼ チャットで気軽に就活相談!キチョナビLINE@の友達登録はこちら ▼
友だち追加

まとめ

逆質問に備えておくことは大切ですが、無難な質問を用意しておくことが備えなのではありません。
志望企業について聞いてみたいことは、本当は山のようにあるはずです。
うやむやにしたまま採用に至ると、「こんなはずじゃなかった」「こんな話聞いてない」というミスマッチが起きるかもしれません。
タブーだけはおかさないように十分注意した上で、言い回しなどをよく考えて、できるだけ本当に聞きたいことを聞きましょう。
前々から考えてあった型通りの質問で無難に面接を終えるより、この機会に疑問をスッキリ解消しておいた方が今後の自分のためですよ。


関連記事