fbpx

【就活を生き抜く”超”節約術】就活にかかる費用別の節約方法を公開

カテゴリ

【就活を生き抜く”超”節約術】就活にかかる費用別の節約方法を公開

就活にはだいたいいくらくらい費用がかかるかご存知ですか?
もし、スーツを着て面接に行くだけと何も考えず就活を迎えてしまうと、資金調達に苦労するかもしれません。
今回は、就活にかかる費用を抑える方法についてします。

就活っていくらかかるの?

株式会社マイナビが2017年8月に発表した学生の就職モニター調査によると、18卒学生の3月〜8月の就活費用累計の全国平均額は10万6千円だったそうです。
ちなみに関東エリアの就活生は平均7万5千円、地方都市の就活生は東海/関西エリアで10万5千円、その他地域の場合は15万2千円と、関東エリアの就活生の約2倍の費用がかかっていました。
地方在住の就活生が都市部(東京・大阪など)で就活をしようとすると、宿泊費や交通費が大きな負担となるようです。
その他にも、スーツや書籍代、飲食費など様々な出費が発生します。

就活にかかる費用について詳しく見る

就活にかかる費用は◯十万?地方と首都圏学生の内訳調査!

かかる費用別!節約方法

スーツ・靴


スーツや靴は見た目の印象を決める大きな要素です。
なるべく新調をしたほうが良いですが、1着だけは心もとないことを考えると、最低2着、できれば3着用意できると安心でしょう。

そのためにはなるべく1着に掛けるコストは減らしたいものです。
そこで考えられる節約術は…

●先輩から譲ってもらう
リクルートスーツはデザインが控えめな上、フレッシュさにあふれているため、社会人になってからは着ることが少なくなります。
そこで着ることがなくなったリクルートスーツを先輩から安く譲り受けられないか相談してみるのも良いでしょう。

●バーゲンシーズンを狙う
スーツ店は季節毎に特売セールを行っています。
2着まとめて購入すると安くなったり、靴や小物が安く手に入ることもあります。

なお、1月2月と8月9月がスーツが安くなる時期です。
大学3年の夏とお正月の時期に、リクルートスーツ探しを行うと安く揃えることができるかもしれません。

この時期になると、クーポン付きの広告なども配布されますので、見逃さないようにチェックしておきましょう。
またもし家族が利用しているスーツ店があれば、そこのチラシやクーポン券がないか聞いてみるのもおすすめです。
スーツ店は既存顧客には定期的にクーポン券や優待券をプレゼントしていますので、狙い目です。

●ホームページのクーポン券を使う
スーツ販売店各社は就活生向けにリクルートスーツの割引クーポンを配布しています。
クーポンを使うことで、通常より2,3割安くリクルートスーツを買う事ができますので、必ずチェックしておきましょう。

カフェ代

会社説明会を掛け持ちしたり、面接会場に時間に余裕を持って移動したい際の時間の潰し方も、気をつけましょう。
安易にカフェに入ることに慣れてしまうと、カフェ代も馬鹿にならない出費になってしまいます。
空き時間はお店やビルのフリースペースを利用したり、カフェで時間をつぶるのであれば、ドリンク代が安いドートール、サンマルク、ヴェローチェなどを利用すると節約になります。

こちらの記事もオススメ


交通費

地方の就活生にとって痛手なのが交通費です。
なるべく交通費を抑えることが、就活にかかる出費のコストダウンに大きく影響します。

●新幹線
自由席を使ったり、ぷらっとこだまを利用してみましょう。
東京や大阪に向かうのであれば、往復新幹線とホテルがセットになったプランもあります。
新幹線とホテルを別々に予約するよりもオトクなプランですので、空きが無くなる前に、早めに確認しておきましょう。

●高速バス
長距離を格安で移動するなら、高速バス(深夜バス)がおすすめです。
ただしバスでの長距離移動はそれだけでも身体に負担がかかりますので、自分の体力や体調と相談しながら利用を検討してみましょう。
特に深夜の場合は、十分に睡眠をとれない可能性もあります。
大事な面接に影響があってはいけませんので、面接に向かう前の行きは新幹線、帰りは高速バスにしてみるのも良いでしょう。

●回数券/チケット
駅周辺にある格安チケット売り場などで、新幹線のチケットや特急の回数券/株主優待券が格安で販売されていることがあります。
こちらも通常料金より安く利用できますので、早めにチェックしておきましょう。

●ウェブ説明会を受ける
現地に訪問しての会社説明会だけではなく、ウェブ説明会を開催している企業もあります。
インターネットを通じて会社説明会を受けることができるため、交通費がかかりません。

●複数社をまとめて回る
もし会社説明会や面接可能日は複数あって日程調整が可能であれば、同じ日や2日連続で参加できるように日程を調整してみましょう。
これにより交通費の削減を行うことができます。

宿泊費

宿泊費も大きな負担になりますので、なるべくコストがかからないよう努力してみましょう。

●カプセルホテル
男性の場合はカプセルホテルを利用することが多いようです。
都心部でも3000円〜4000円で一泊できるため、就活生以外にも人気です。
ただし眠るスペースが狭かったり、大きな荷物を置くには別にコインロッカーを借りたりしなければならないなど、就活に挑む前日に利用するには色々不便なこともあるかもしれません。

最近では女性利用をターゲットとした、キレイで防犯対策がしっかりしたカプセルホテルも登場していますので、女性はそのようなカプセルホテルを探してみるのも良いでしょう。

●ビジネスホテル
面接の前日はしっかりとしたホテルに泊まり、落ち着いて準備などをしたいのであれば、ビジネスホテルを利用しましょう。
ビジネスホテルでも、2ヶ月前くらいに予約をすると宿泊費が安くなることがあります。

またインターネット上には格安ホテルをまとめて探せるサービスがたくさんありますが、一番安くホテルを予約するには、直接そのホテルに電話をすることをおすすめします。
手頃なホテルをまとめサイトなどで見つけたら、そのホテルの公式ホームページを検索して、そこからウェブ予約をしたり、直接電話で交渉してみると格安で宿泊できる場合があります。

●知人宅・友人宅に泊めてもらう
もし現地の付近に知人や友人が住んでいれば、泊めてもらえないか相談してみましょう。

●シェアハウス
地方に住む就活生限定のシェアハウスを提供しているサービスもあります。
1泊2日から3泊4日まで利用できるシェアハウスもあるようですので、こちらを利用してみるのも良いでしょう。

こちらの記事もオススメ


飲食代

飲食代も意外と積み重なるとお金がかかる要因となります。
コンビニ弁当や外食はなるべく避け、おにぎりやお弁当を自分で作ってみましょう。
飲み物も水筒やタンブラーに入れて持ち歩くことで節約になります。

一般的に格安で食べることができる大学の学食は、外部に解放しているところもあります。
面接会場近くにある大学の学食を利用してみるのもおすすめです。

証明写真・履歴書

履歴書やエントリーシートなどの書類に使う写真は、相手の印象を左右するため、あまり安すぎるサービスを使うのは避けましょう。
履歴書自体は大学の生協などで売っているものが比較的安価ですので、これを利用するのがおすすめです。

▼ 就活におすすめの撮影スタジオをチェックする ▼

就活は証明写真で決まる?おすすめスタジオ15選

書籍類

面接対策本や企業情報が載っている資料を探すときは、古本屋、中古ショップ、図書館でまず探してみましょう。
また大学のキャリアセンターや就職課などにも参考書類が置いてありますので、こちらも是非利用してみてください。

いま流行りのフリマアプリでも使わなくなった就活向け書籍を出品している人がいますし、先輩などから使わなくなった書籍を譲ってもらうことで費用を抑えるのも手です。

どうしても費用が足りない場合は

●アルバイトをする
どうしても費用が足りないようであれば、アルバイトを検討してみましょう。
ただしシフトがきつくなく、いつ面接が入ってもいいように緊急で休むことができる環境の職場を選んでください。
アルバイトが忙しくて面接に行けない、事前の企業研究が行えなかった、では本末転倒になってしまいます。

●親に助けをお願いする
それでも足りない場合は、事情を説明して親や家族に助けてもらいましょう。
就活にかける思いや、将来の夢などをしっかりと説明すれば、援助してもらえるかもしれません。

まとめ

就活にはどうしてもお金が必要になります。
家族から十分な支援を受けられるかどうかは別として、これから社会人になる以上、高いコスト意識をもって費用も節約してみるとよいでしょう。
ただし節約することばかりに集中してしまい、体力を消耗してしまったり、時間に間に合わなかったら意味がありません。

節約することも大事ですが、本番の面接に万全な状態で挑むことができる環境(体調)を整えることが何よりも重要であることを忘れないようにしましょう。


関連記事