就活解禁目前!今すべきことって?ライバルと差をつけるコツ

カテゴリ

就活解禁目前!今すべきことって?ライバルと差をつけるコツ

2020年卒の学生の就活解禁は、前年度と同じく3月です。
3月と言えばもう目前ですね。
でもいざ「就活解禁」と言われても、それが何を意味していているのか、今の内に何をすべきなのか、正確に理解できていますか?
3月になってから慌てないように、今の内に就活解禁前後のスケジュールをしっかり把握しておきましょう。

就活解禁って、つまりどういうこと?


就活の解禁とは、簡単に言えば「就活情報の公開の開始」です。
3月1日を迎えると、2020年卒の学生を対象にした会社説明会や合同説明会が各地で一斉に始まります。
またネット上の就活サイトも本格的に機能し始めます。

同時に企業へのプレエントリーの受付が始まります。
プレエントリーとは、就活生が企業に対して「私は御社に関心があります」という意思表示をすることです。

具体的には、

・企業が用意した採用サイトに自分の個人情報(氏名や大学名や連絡先)を登録する
・就活ナビサイトなどを通じて、興味のある企業に自分の個人情報を送信する
・会社説明会などに参加して、自分の個人情報を書類に記入して企業に提出する

といった行為がプレエントリーに当たります。

プレエントリー自体はそれほど面倒な作業でもなく、選考への参加を確約するものでもありません。
ただし気をつけなければならないのは、プレエントリーをしておかなければ、その後の選考の案内や連絡をくれない企業があるという点です。

たとえば本選考の始まる6月を過ぎて、「春にプレエントリーはしなかったけど、やっぱりここも受けたいな」と思う企業が見つかったとしましょう。
けれどもその企業では、すでに3月、4月にプレエントリーをしてきた就活生だけを対象に、書類選考や筆記試験を終えたあとかもしれません。
その場合、今から本選考への参加を希望したとしても、受け入れてもらえるかどうかは疑問です。

プレエントリーは、企業に就活情報の提供をお願いする作業です。
これを怠ったばっかりに、のちのち本選考に参加する資格すら得られなくなってしまったら、その時になって後悔しても取返しがつきません。
就活解禁の時点では、まだ志望するかどうかの決心がついていなくても、少しでも興味のある企業には、メルマガ登録をするくらいの気持ちで、どんどんプレエントリーをしておきましょう。

もうすぐ就活解禁。今すべきことは何?


前述のように、プレエントリーはできるだけ幅広く企業への志望権を獲得しておくための行為です。
申し込み漏れの無いように、今から企業選びに取り掛かり、対象企業をある程度までしぼっておかなければなりません。
そして対象企業をしぼるためには、自分がどんな業界、どんな職種を目指していくのかがわかっていなければなりません。

つまり、3月1日を過ぎてからのんびりと企業選びを始めたのでは、志望する企業の選考スケジュールが思った以上にタイトだった場合などに、対策や検討をする時間が十分にとれない可能性があります。

このあたりを頭に入れて、今から次のようなことに取り組んでおくと、他の就活生より余裕をもって有利に就活を進められるでしょう。

就活の方向性をしぼる

自分が働きたいと思う企業や業界、あるいは自分に向く職種を見極める作業をそれぞれ「企業研究」、「業界研究」、「自己分析」と言います。
これらができていなければ、就活の方向性が定まらず、どこに応募したらいいのかの見当すらつかないなんてことになりかねません。

自分はどんな社会人になりたいのか、働く上で何を重視するのか、それらを実現するにはどんな業界とどんな企業を目指すべきなのか、今の内にじっくりと考えておきましょう。

ES(エントリーシート)の作成

気軽に申し込めるプレエントリーに対して、本格的に企業の選考に参加・応募する申し込みを本エントリー、あるいは単にエントリーと言います。
多くの場合、本エントリーの最初の山場はESの提出、すなわち書類選考への応募と考えられます。

書類選考を通過しないことには、内定はおろか、筆記試験や面接にも進むことができません。
ですから就活初期においてESの完成度はとても重要です。

ところが、いざ作り始めてみると、納得のいくESを仕上げるには思った以上の労力がかかります。
ぜひとも今の内から作成にとりかかり、土台だけでも作っておきましょう。

自己PRや志望動機はいずれ志望企業に合わせて微調整を加える必要がありますが、いくつか文例の候補を考え、何度か練り直しておきましょう。
このひと手間で、ある日突然「来週までにESを提出するように」といったシビアな指示を受けた場合でも、提出をあきらめたり大慌てをしたりせずにすむでしょう。


上の図のように、ESは選考のスタートラインです。
ESでその企業に合う人物を大まかに選び、更に面接でより細かく企業に合う人物を選んでいきます。
ESは面接の土台にもなるので、しっかりと企業の求める人物像に寄せていきましょう。

筆記試験対策

筆記試験は一朝一夕で備えられるほど甘いものではありません。
テストセンターやWEBテストなど、受験方法に慣れるための練習が必要なジャンルもあります。

いずれも毎日コツコツと努力を積み重ねることが大切です。
まだ手をつけていないという人は、今から地道に対策をしておくと、今後の時間を有効に使える上に、周囲に差をつけることもできるでしょう。

ナビサイトを活用する

マイナビ、リクナビ、キャリタスといった総合就活ナビサイトには、就活解禁前から利用できる予約機能やイベント情報、自己分析ツールなどの便利な機能がたくさんあります。
今の内にちょくちょくのぞいて、参考になりそうな情報はチェックしておきましょう。

またこうしたサイトには、企業からのオファーやアプローチがメールで届く「スカウト機能」が装備されていることがよくあります。
マイページをこまめに更新し、内容を充実させておくことで、企業の目に止まる可能性もあるので上手に使いこなしましょう。

就活支援会社に登録する

多くの就活生にとって、これから始まる一連の活動は生まれて初めての経験になるでしょう。
ちょっとした思い込みや勘違いが命取りになる危険もあります。

就活の進め方に自信が無い人や、他の就活生より有利に就活を進めたい人は、新卒専門の就活支援会社を利用するのもいいかもしれません。

就活支援会社に登録すると、プロのカウンセラーやスタッフが、ESの添削はもちろん、面接の練習や適性診断など、就活に対する指導やアドバイスを親身になって行なってくれます。
また、独自のルートと情報源を駆使してお勧めの応募先を紹介してくれることもあります。

サービスは無料で受けられるところがほとんどですから、ナビサイトによる情報収集と並行して利用すると効果的でしょう。


こちらの記事もオススメ

まとめ

毎年、「就活が解禁される3月1日の夜中の0:00を過ぎたらすぐに説明会の予約をしなければ、その企業の選考は受けられない」といった人騒がせなデマが飛び交い、就活生を悩ませます。
けれどもそんなニセ情報にいちいち振り回されてはいけません。
冷静に考えれば、真夜中のプレエントリーに目を光らせている企業があったら不自然を通り越して異常ではないでしょうか。
就活解禁に対して神経質になりすぎず、正確な知識を持つことで、計画的に、かつ常識的に、就活解禁日を迎えましょう。


関連記事