就活でネイルはNG?好印象な指先とネイルケア方法を徹底解説

カテゴリ

就活でネイルはNG?好印象な指先とネイルケア方法を徹底解説

この記事は、2018年1月に投稿された記事を一部リライトしたものです。

就活中だっておしゃれをしたいのが乙女心…
しかし、就活中にネイルをするのはNGという話も聞きますよね。

そもそも就活中、企業側はそんなに就活生の爪を見ているのでしょうか?
「可愛いネイルをしたけど、デートで彼氏が気づいてくれなかった!」なんて話があるように、意外と爪までは見ていない人が多いのでは?なんて気もしますよね。

では、実際のところ就活中のネイル事情はどうなっているのか紹介します!

実際就活ネイルはアリなの?

基本的にはNG!特にお堅い業界は自爪で受けよう!

就活において清潔感はとても大切なポイントです。
面接官はスーツの着こなしや髪型はもちろん、指先までチェックしていることが意外と多いです。
また、意識してチェックしていないとしても、書類を渡す際に自然と視界に入ってきますし、スーツが多い就活中は爪だけ派手な色をしていると自然と目立ってしまい、ネイルをしていることに気付く可能性が高いでしょう。

では、なぜネイルはNG なのかというと、ネイルは基本的に「おしゃれ」というイメージがあるためです。
就職活動はビジネスの場です。ビジネスの場には清潔な身だしなみは必要ですが、おしゃれは必要ありませんよね。
そのため、ネイルをしていると企業側から「TPOを弁えられない学生」というふうに思われてしまうのです。

特に飲食業界や医療業界などの衛生面に気をつけている企業や、金融業界などの一般的に「お堅い」と言われている業界の選考ではネイルはせず、自爪で選考に臨むのがおすすめです。

志望企業先によってはあり?

最近は服装も自由な企業が増えてきており、それに伴い就活中のネイルに対しても寛大な企業も増えてきています。
むしろ指先まで綺麗にしている女性は「細かいところまで気が利きそう」なんてイメージから、採用に有利に働くこともあるかもしれません。
アパレル業界や化粧品業界などおしゃれを追求する業界であったり、ベンチャー系企業、人材系、その他にも私服での選考を行う企業であれば、これに該当する可能性があります。

しかし、それはあくまで一部の企業に言えること。
自分ではネイルをしていいのかどうかの判断は付きにくいですし、やはり自爪での選考がベターと言えるでしょう。

基本を押さえよう!就活でネイルをするときのポイントとは


就活中はネイルは避けた方が無難ですが、「志望している業界は寛容そうだし、やっぱり就活中もネイルを楽しみたい!」という就活女子に向け、押さえると良いポイントをまとめました。

長さや形、色の選び方を、以下よりチェックして参考にして見てください。

長さ

伸ばしすぎや深爪は、相手に不潔な印象を与えてしまいます。
そのため、長さの目安としては1〜3mm程度までにするのが良いでしょう。
白い部分を少し残す程度、というイメージをしておきましょう。

形は、爪先が丸みを帯びているラウンド型やオーバル型などを選ぶのが無難です。
形が尖っていると攻撃的な印象を、角ばっているとカジュアルな印象を与えてしまうので、よほどの理由がない限りは避けた方が良いです。

色はベージュや薄いピンク系など、自爪に近い色がおすすめです。
より自爪に近づけたい場合はクリアネイルを塗ると、華やかで明るい爪先になりますよ。
紺や黒、原色カラーなど自然でない色は目立ってしまうので避けましょう。

ほったらかしもダメ!好印象な爪になるには…

自爪が良いからと、特に手入れもせずほったらかしにすれば良いわけではありません。
伸びすぎた爪や、度のすぎる深爪、爪の間に汚れがあったり、表面がガタガタすぎる…なんてことがあると、不潔な印象を与えてしまい、印象が悪くなる可能性があります。
また、ネイルをする場合も、手入れがされた爪にネイルをした方が綺麗に仕上がるので、基本的なネイルのケア方法を覚え、好印象なネイル美人を目指しましょう。

【ネイルケアの基本は保湿から】
意外と見落としがちかもしれませんが、ネイルケアの基本は乾燥対策。
ささくれがあったり爪の生え際の皮膚がガサガサでは、やはり印象はあまりよくありませんよね。
ハンドクリームやネイルオイルで爪先までしっかりと保湿を行い、健やかな爪を保ちます。
爪だけ綺麗で手はガサガサ、なんていうのも美しくありませんから、手の保湿も忘れないようにしましょう。

【形を整える】

まずは爪切りやファイリングで長さ、形を整えましょう。
事前に指先をお湯につけて爪を柔らかくすることで、作業しやすく綺麗な仕上がりになります。

爪が長く伸びている場合は、爪切り→ファイリングで形を整えるのがおすすめです。
短い場合はファイリングだけで十分形が整えられます。

【甘皮を処理する】

市販の甘皮処理ツールを用いて、甘皮処理を行いましょう。
深くやりすぎると傷がつき、生えてくる爪がガタガタになってしまうので注意が必要です。綿棒でも代用できます。

【爪を磨く】

爪磨きを使い、爪表面を磨きましょう。
目の細かい(=グリッドは数が大きい)ものを選ぶと艶やかな表面に仕上がります。

また、磨く際は同じ方向に爪磨きを動かすようにしましょう。
爪磨きは、爪の表面を削って綺麗にしているので、色々な方向に動かすと、色々な方向に傷ができ、かえって汚くなってしまう場合があります。

爪表面を磨いた後にも、しっかり保湿を行いましょう。
ネイルオイルがベストですが、ハンドクリームなどでも代用可能です。

NGな手元4選!


①【伸ばしすぎや深爪】
先ほども伝えたように、伸ばしすぎや深爪は不潔な印象を与えてしまう可能性があります。

爪を噛む癖のある人は、ささくれやガタガタした爪が気になって噛んでしまうこともありますよね。
その場合はヤスリで整えたり、保湿をこまめに行うことで綺麗な指先にしておくことで、自然と噛む癖がなくなっていくかもしれません。

②【ネイルが剥がれている】
せっかくきれいに塗ったネイルも、剥がれていては一気に不衛生な印象を与えてしまいます。
特にマニュキアの場合は、耐久性が弱く剥がれやすいので注意が必要です。
ネイルを長持ちさせるには、以下のような工夫をすることがおすすめです。

【ネイルを塗る前】
(1)爪を洗って油分を落とす
(2)除光液などで表面を拭き取る
(3)リッジフィラーで爪表面の凹凸を滑らかにする
【ネイルを塗った後】
(1)数日に一度トップコートを塗る
(2)まめにネイルオイルを塗る
(3)手洗い時のハンドドライヤーの使用を避ける

JESSICA リッジフィラー 14.8ml

Barielle ハイドロリッジフィラー 【正規輸入品】

③【ガサガサの手元】
爪まで綺麗にしたのに、さかむけていたり、乾燥でガサガサした手元はあまり清潔感はないですよね。
特に冬場は乾燥しがちなので、ハンドクリームをまめに使うようにしましょう。
マッサージすることで血流もよくなり、綺麗で明るい手元になりますよ。

④【指先にムダ毛が残っている】
指に生えている産毛まで、処理できていますか?
頭の先から足元まで全身抜かりなく綺麗にしたけど、指のムダ毛がちらっと見えてしまっては一気に台無しになってしまいます。
ちゃんとみられているという意識を持ち、指のムダ毛も忘れずに処理しましょう。

企業タイプ別でチェック!就活中でも気分アップ♪なネイルデザイン例

まだまだお堅い?昔ながらの考えが残る老舗企業

まだまだ昔ながらの考えが残るこの業界。

ネイルはよりシンプルに、自爪に近いもの、かつ長さも短く整えるのがオススメです。
業界例)金融業界、メーカー等

ネイルもファッションも自由な社風のベンチャー企業

新しいビジネスを生み出すという風土のあるベンチャー企業では、ファッションもネイルも自由な企業が増えています。
オシャレに気を使う女性を採用したい!という企業も多く、ネイルについても寛大に考えている傾向にあるでしょう。

この場合、細かくて品のあるラメが少量ある程度なら許される可能性もあります。
業界例)人材系、IT系等

macoさん(@chouchou.nail)がシェアした投稿

どうしてもカラーネイルをしたいなら

ナチュラルカラー以外のネイルをどうしてもしたい!
ストーンや模様を入れたい!
という場合は、ネイルチップがおすすめです。

選考を受けに行く際のみネイルチップを外しプライベートではネイルチップをするようにすれば、私生活でも十分におしゃれを楽しめますし、気分によってデザインを簡単に変えられたり、塗り直しなどの手間もありません。

ネイルチップや、ネイルチップをつけるためのテープは100均でも売っているので、是非探してみてください。

こちらの記事もオススメ


まとめ

ポイントを押さえれば、就活中でもネイルを楽しむことができそうですね。
「相手にどんな印象を与えるか」という視点はとても大切です。

カラフルで華やかなネイルにしたい!という気持ちは就活終了までグッとこらえて、シンプルなデザインを選びましょう。
就職活動はあなたの今後の人生を決めると言っても過言ではありません。
ネイルが原因で面接落ちなんてことのないように、慎重に選んでいきましょう。


関連記事